【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

1位にランクインしたMJG含め、上位の整骨院はクオリティが高く、積極的におすすめすることができます。2位以下は何かしら個人的に気になる部分があったり、無視できない点が見られたりなどありますが、それでも怪しげなフランチャイズを持ち掛けてくる業者よりはよほど信頼できるでしょう。

3位にランクインした「Re.Ra.Ku(リラク)」も、信頼性の高いリラクゼーションサロンフランチャイズ業者のひとつです。ひょっとすると、このサイトをご覧になられている方の中にも、過去このリラクゼーションサロンを利用したことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。さらに言えば、「昔からこのリラクゼーションサロンに通っているよ」という方がいても不思議ではないでしょうね。知名度の高さでは、マッサージ・リラクゼーションサロンの中でも高い部類に入ります。

このリラクというのは、数多く存在しているマッサージ・リラクゼーションの中でもかなりの老舗と言えます。2002年にオープンして以来、その年数は実に17年。3年も持たずに閉店となってしまうマッサージ・リラクゼーションサロンが少なからず存在する中で、ここまで経営を続け、フランチャイズを展開しているというのは、なかなかにすごいことだと言えるのではないでしょうか。

長年の間リラクゼーションサロンとして事業を展開し続けているため、フランチャイズオーナーの中にもいわゆる「ベテラン」が多いです。ひょっとすると、下手な独立開業者よりも整体について詳しいという方もいるでしょう。競争相手としては、なかなかに手ごわい相手だと言えるかもしれませんね。

リラクのフランチャイズオーナーたちは、縦のみならず横のつながりも非常に強いとされています。オーナー同士が連携して情報を共有し合い、それを新規店舗開拓にフィードバック。これが、リラクの強みと言えそうです。

【管理人の五段階評価】

   初期投資費用:★★★★
      商品力:★★★★
   事業の安定性:★★★★
  運営の行い易さ:★★★★
人員採用の行い易さ:★★★★

コンセプトは「健康管理」。一時的でない長期的な癒しを提供します

リラクゼーションサロンについてネガティブなことを言わせていただきますが、多くのサロンオーナーは利用者ひとりひとりの健康なんてほとんど考えていません。たとえば町中で開業している個人経営の小綺麗なリラクゼーションに行けば、いかにももっともらしいマッサージを行い、プラシーボ効果もあってなんだかスタッフに「癒やしてもらった」ような感覚を覚えます。

ですがそれは、あくまでも一時的なものにすぎません。多くのスタッフは利用者の身体に慢性的な問題を見つけたとしても、それの治療に必要となるコストや時間、そして「面倒臭さ」という個人的な感情を優先し、「一時的に気持ちよくなれる」施術をほどこすだけです。ときどき「何年もマッサージに通っているのにも関わらず、持病が全く良くならない」という方から相談を受けることがありますが、まさにそれはこうした質の悪いスタッフの「お得意様」となってしまっているためなのです。

そうした怠惰でホスピタリティに背いた経営を行わずに、もっとちゃんと利用者の「健康管理」に向き合おうというのが、リラクの方針です。リラクでは、一時的にしか癒してくれないようなその場しのぎの施術を行うことはありません。利用者が身体にどのような問題を抱えており、それを治療していくためにはどうすれば良いのかを真剣に考え、健康になるための長期的な施術プランを提供してくれます。これによって、利用者は「いつまで通っても治らない」といった悲しい思いをすることなく、慢性的な痛みやつらさをしっかり取り除くことができるようになるのです。

もちろん、そうした治療を利用者全員に行っていくというのは大変ですし、スタッフのみならず経営を行っているオーナーにも「器量」が求められるでしょう。このリラクとフランチャイズ契約を結ぶならば、事前にそうしたコンセプトを把握し、覚悟の上で臨む必要がありそうですね。

選べるふたつの経営プランによって、ひとりひとりにあった運営を行うことができる

フランチャイズ店舗のオーナーになりたいという方のビジネスプランは、人によってさまざまです。「ただ店のオーナーだけをやりたい。経営だけしかやりたくない」という方もいれば、「店の経営だけをやるというのは退屈だから、施術スタッフとして自分の店に関わっていきたい」という方まで、実にいろいろなお考えの方がいらっしゃいます。こうしたオーナーサロンに通っているひとりひとりの考えがフライチャンズ業者とマッチしなければ、精神的にも実利的にもいろいろと余計な苦労をさせられてしまうかもしれません。

そんなオーナーのさまざまな考えに応えられるよう、このリラクではふたつの経営プランを選べるようになっています。まずひとつめは「経営プラン」。このプランであれば本部からスタッフが派遣され、サービスの提供や接客などを行ってくれるので、オーナーはお店の経営のみに専念することができます。そしてもうひとつが「経営&施術プラン」。このプランの場合、オーナーは経営のみならずスタッフのひとりとして、実際に施術や接客を行わなければなりません。

一体どちらが良いかというのは、オーナーの考えによって分かれることが多いでしょう。なるべく楽に儲けたいのであれば経営プランを、リラクゼーション・マッサージサロンの経営のみならず積極的に店づくりに参加したい場合は経営&施術プランをおすすめいたします。

最近は新興の業者に押され気味という意見も?

リラクゼーションサロンとしてはかなりの老舗であり、なおかつ利用者のことを考えた施術方針が高評価されているリラクではありますが、最近はどうやらライバル業者との競争に悩まされているようです。

近年はさまざまな事情によって、新興のサロンが続々と登場しています。すぐ潰れてしまうような個人経営のサロンのみならず、高いサービス品質と接客ノウハウを持った企業まで、その相手はさまざまです。

リラクはそうしたライバル企業相手によく戦ってはいますが、いかんせん「これだ!」と言えるようなインパクトのある強みを持っていないため、斬新な経営戦略を有するライバル業者の展開をみすみす許してしまっているのです。

リラクが今後どうなっていくのかということは私にも分かりかねますが、今後競争激化が予想されるリラクゼーション業界、新しい次の一手を打たなければ、状況は厳しくなっていく一方でしょう。

リラクでフランチャイズに失敗したという方が意外と多い

長年の間事業を展開してきたリラクには、多数のフランチャイズオーナーが所属しています。しかしその一方、「リラクでフランチャイズ店舗を建てたけど潰れてしまった」という方も少なからず存在しているのです。

その理由としてはふたつ考えられます。ひとつはライバル業者の増加によって発生した競争への敗北。そしてもうひとつは、リラクが派遣しているスーパーバイザーの能力不足です。スーパーバイザーだって人間ですから、有能な人間もいれば無能な人間もいます。運悪く後者にあたってしまった場合、経営に暗雲が立ち込めるといったことも十分考えられるでしょう。

リラクのスーパーバイザーが一体どの程度なのか、詳細な情報は確認できませんでしたが、できる限りレベルの高い人材をそろえてほしいというのが、オーナーみんなが考えるところでしょう。

サイト内検索
記事一覧