【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

このランキングも、いよいよ佳境に入ってきました。9位にランクインしたのは、「整体×骨盤サロン『カラダファクトリー』」です。この名前を聞いてピンときた方は、なかなか整体や整骨に関して詳しいのではないでしょうか。

カラダファクトリーは整体院としてはかなり大手と言える部類に入ります。その店舗数は堂々の300以上。関東に200以上、そのほか関西や名古屋、北海道や沖縄など四国を除く全国にまんべんなくお店が建っている状態です。しかも、この300以上という数は、日本国内のみではありません。台湾やタイ、フィリピンやインドネシアといったアジア地域にも事業を展開しているのです。ここまで大規模に事業を展開している整体院は、なかなか少ないと言って良いでしょう。

一体なぜ、ここまで大規模な事業展開ができているのか。公式HPによれば、「感動を生み出す『人財力』での健康の促進」ならびに「予防に対する意識改革」というのが、大きなキーとなっているようですね。

現在、健康に関する問題というのは国内のみならず世界中で大きく取り沙汰されています。昔に比べて医療技術が高度に発達した分、身体の老化や衰弱に伴うさまざまな症状に悩まされる方が多くなりました。また、平均寿命が長い分「できるだけ長い間健康な身体を維持していきたい」と願う方もたくさんいます。そのような中で高い注目を集めているのが、整体や整骨、そしてリラクゼーションなのです。このカラダファクトリーは、そうした健康を追い求めている方々の需要をうまくキャッチすることができた結果、ここまで事業を大きくすることができたのではないでしょうか。

利用者ひとりひとり悩みと直に向き合い、身体の悩みを根本的に改善していくというのが、このカラダファクトリーのスタイルなのです。

【管理人の五段階評価】

   初期投資費用:★★★★
      商品力:★★★★
   事業の安定性:★★☆☆☆
  運営の行い易さ:★★★☆☆
人員採用の行い易さ:★★★☆☆

魅力はスタッフのレベル、500時間以上の研修でエリート養成

このカラダファクトリーは日本国内の各地に店舗を持っていますが、利用者の口コミもなかなか良いです。「肩や首のこりが楽になった」「施術を受けてずいぶんと身体の調子が良くなった」「長年肩こりがつらかったけど、長期間お世話になって楽になった」などなど、感謝の口コミがネット上に投稿されていました。カラダファクトリーは、やはりスタッフのレベルが他の業者と比べても一際高いと言えるかもしれません。

ハイレベルなカラダファクトリーのスタッフは、一体どこで生まれるのでしょうか。その秘密は、入社したスタッフが行うことになっている膨大な研修プログラムにあります。ヨガ教室である「YMCメディカルトレーナーズスクール」を運営しているカラダファクトリーは、他の健康事業を営んでいる業者と比較して、きわめて優れた研修ノウハウを持っています。それが如実に反映されているのが「FJG社内技術研修」です。この研修はあらゆる健康関連事業の研修の中でも、特にレベルが高いと言われています。

カラダファクトリーに入社したスタッフは、そうしたトップレベルの研修を乗り越えなければならないのです。そのプログラム、時間にしてなんと約500時間。人間の身体に関する基礎的な座学からはじまり、身体のほぐし方や和らげ方、その他さまざまなケアの方法まで、ありとあらゆる施術を実習込みで学び続けなければならないという非常に厳しい研修となっています。また、新人としての研修が終わった後も、常に最新技術を習得できている状態にするため、定期的な研修が行われています。カラダファクトリーのスタッフは、常にこれらの研修へ参加し続けなければならないのです。

だからこそ、カラダファクトリーはハイレベルなサービス内容を維持できているのですね。高い口コミ評価も、そうした厳しい研修プログラムの賜物と言えるのではないでしょうか。

約二ヶ月の徹底研修で素人から整体院経営のプロに

研修を受ける必要があるのは、カラダファクトリー直営店のスタッフだけではありません。オーナーを含むフランチャイズ店のスタッフも、豊富なカリキュラムの研修プログラムを受ける必要があります。

開業前に受けることとなるのが「開業前サポート研修」です。その内容はかなりたっぷり詰まっており、「開業前技術研修」が35日間、サロンの経営や運営システムを学ぶこととなる「キックオフ研修」が8時間、店舗内にてロールプレイング形式で実務研修を行う「開店前研修」が48時間、サロン開店後の実地運営指導や援助に関する「開業後指導」が60時間と、実に数か月にわたって研修を行うこととなるのです。

そして、研修は開店前だけではありません。開店後もしっかり研修を受ける必要があります。それが「開業後定期サポート研修」です。そのプログラム内容は月1回の「運営技術指導」、ならびに有料のスキルアップテストと、毎月開催の「店舗運営マネジメント研修」、毎月開催の技術研修である「エース研修」に、定期開催の「オーナー会議」です。

正直言ってかなりの充実ぶりであり、オーナーはこれを受けるためにスケジュールを開けておく必要も生じてきます。しかし、ここまでたくさん研修を受けることができれば、たとえそれまでまったく知識がなかったとしても、リラクゼーションや整体に詳しくなることができるでしょう。

高いリピート率と低い広告宣伝費が自慢なんです

このカラダファクトリーが自慢としてアピールしているのは、その高いリピート率です。前述した通り、カラダファクトリーのスタッフは非常にレベルが高く、口コミでの評判も上々なものとなっています。

だからこそ、その施術に満足した利用者が、定期的に足を運んできてくれる可能性が高いのです。数回訪れてサービスを気に入ってくれれば、そのまま常連になってくれることも期待できるでしょうね。

また、このようにリピート率が高くなると、今度は広告宣伝費の割合が低くなっていきます。どういうことかというと、常連の増加によって安定した利益を獲得できるようになれば、わざわざ広告を打って集客をするという必要がなくなってくるからです。だから、ムダに広告費用をかける必要がなくなるというわけです。

店舗視察ツアーで事前にリサーチができる

カラダファクトリーではフランチャイズ加盟応募に先駆け「店舗視察ツアー」といったものを実施しています。

これはその名の通り、フランチャイズへと加盟する前に近くのカラダファクトリー店舗へ赴き、一利用者の目線から店舗の状況を視察することができるというシステムです。これによって、カラダファクトリーのフランチャイズが一体どういうものなのかを知った上で、応募するかどうかの判断をすることができるようになっています。

オーナーにはかなり厳しい経営手腕が求められます

このように、ハイクオリティなサービスが高く評価されているカラダファクトリーではありますが、いかんせんオーナーに求める要求も必然的に高いものとなっています。

オーナーを対象に濃密な研修プログラムが組まれていることからも分かる通り、「楽に経営をしたい」という姿勢に対してはあまり寛容ではありません。オーナー自身もスタッフのひとりとして、汗水を垂らして真剣に経営を行っていくことを求めているので、そうした姿勢が苦手な方には合わないでしょう。

サイト内検索
記事一覧