【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

沢山あるフランチャイズの用語の意味


事業を行うときにノウハウなどが必要なら、そのための契約を行います。すると契約書の中にいろいろな言葉が出てきます。事前の案内などでも耳にする用語があるかもしれませんが、その時に初めて聞いたということがないようにしましょう。

 

 

 

ロイヤリティの計算方法として粗利分配方式

会社や個人事業を運営していると、売上や経費が発生します。売上から経費を引くと利益になります。利益が増えればその分資産が増えるので、以前よりもビジネスを大きくすることができます。経営者や個人事業主としては、いかに利益を多くするかを考えるため、売上を伸ばす方法、経費を減らす方法などに注目するでしょう

個人事業主であればフランチャイズを利用することがあるかもしれません。その時に出てくる用語として粗利分配方式」があります。これはロイヤリティの計算方法の一つとして知られていて、契約の時に計算方法などが示されます。利益にも関わる部分なので内容を把握しておく必要があるでしょう。

利益は売上から経費を引くと計算できます。ただ利益にはいくつかの段階があります。まず売上から売上原価を引いた粗利益を計算します。粗利益から人件費や水道光熱費などの経費を引くと営業利益になります。個人事業であればこの営業利益が最終的な利益に近い値になるでしょう。

粗利分配方式は、売上から売上原価を引いた粗利益に一定割合をかけて計算されるので、人件費や水道光熱費などの運営に関わる費用が考慮されていません。トータルの営業利益が赤字としても、粗利益がプラスであればロイヤリティはプラスで計算されるので支払わなくてはいけなくなります。人件費や水道光熱費などを節約しても、粗利分配方式で計算されるときはあまり影響しません。仕入れ業者が固定だと売上原価もコントロールしにくい部分になります。

スーパーバイザーにどんな意味があるか

個人事業を行うとき、一般的な個人経営の店では経営者がすべての判断をします。商品を販売するお店なら、販売価格や仕入れる商品のラインナップ、従業員の数など色々な決定をします。上手くできる人であればしっかり利益を得ることができますが、あまり経営に慣れていない人だと利益が出せません。

売上につながる商品を仕入れられなかったり、販売価格を適切に決められなかったりします。フランチャイズをすると経営のアドバイスをうけることができるので、経営の経験がない人でもうまく事業運営できるかもしれません。その時に出てくる用語に「スーパーバイザー」があります。どんな意味かですが、実際に現場に来てオーナーに運営のアドバイスをする人になります。

契約をすると、運営に関する情報をフランチャイザーに送ります。それを元にロイヤリティなどを支払います。フランチャイザーはロイヤリティをいかに多くするかを考えますが、あまり運営がうまくいっていないと売上も利益も少なくなるのでロイヤリティも少なくなります。そこで一定の能力を持った担当者を現場に派遣して経営の指導を行います。

それ以外にエリアマネジャーと言われる人がいて、その人は頻繁に店舗に来てキャンペーンの案内をしたり簡単なアドバイスをしたりします。スーパーバイザーはエリアマネジャーの上にいる人で、それほど頻繁に現れるわけではありません。スーパーバイザーが来た時は厳しい指導が入る可能性があり、緊張するオーナーもいるようです。

オープンアカウント契約はどんな内容か

事業を行うときは、お金の流れをきちんと把握する必要があります。もし支払いができないと、そこで事業はストップしてしまいます。支払えない情報がいろいろなところに回り、取引先から取引を断られる可能性があります。手形であれば不渡りを出すと銀行取引が停止されるので、実質経営を続けられなくなります。

通常は経費の支払いの時にお金が出ていき、売り上げなどを受け取るときに入金があります。普通の個人事業においても客先、仕入先とのお金のやり取りがお金の流れの中心になるでしょう。フランチャイズの用語として「オープンアカウント契約」があり、その時には少し異なるお金の流れが発生するので注意しないといけません。

通常売上代金が入金されればそれを次の仕入れなどに使えます。しかしオープンアカウント契約をしているときは、売上代金を一旦フランチャイザーに支払います。フランチャイザーは受けたお金の中から仕入れ代金の支払いや借入金の返済、ロイヤリティなどを差し引いて戻します。戻されたお金から給料や水道光熱費などの経費を支払うことになります。

この仕組みにより、フランチャイザーは確実にロイヤリティを受けられるようになります。利用側のメリットとしては、仕入れ代金の支払いなどをする手間がないことでしょう。ロイヤリティもいちいち計算して支払う必要がありません。利用する側としてメリットもある一方でデメリットもあるので、内容を把握しておいた方がいいでしょう。

 

契約書の中に知らない言葉が出ているのにサインをすると、希望通りの事業運営ができなくなるかもしれません。ロイヤリティの計算方法であったり、お金の流れなどに関する言葉があるので、きちんと理解するようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧