【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズを始める前に知っておきたい予備知識とは?

公開日:2018/09/10  


自分でビジネスを行うときにはいくつかの選択肢があります。ただそれぞれの選択肢の内容を知らないと、どれを選んだらいいかわからないかもしれません。何となく名前は聞いたが内容はよく知らないなどがないようにしておきましょう。

 

 

 

 

そもそもどんな仕組みなのかを知っておく

サラリーマンなどをしていて、会社から雇われて仕事をするよりも自分の権限で色々な仕事をしたいと感じることがあるでしょう。脱サラをすればそれが実現できるかもしれません。ただ実際普通に脱サラをしようとしてもお金もかかりますしノウハウも必要になります。その時に利用を考えるのがフランチャイズでしょう。

何となく耳にしたりはするものの、細かい内容を知らないかもしれません。始める前に知っておきたい予備知識として、そもそもどんな仕組みなのかを確認しておきましょう。まずは事業者としてフランチャイザーがいます。これはサービスの提供者になります。そして個人事業主などがフランチャイジーになります。両者が一定の契約を結ぶと、フランチャイザー側からいろいろなサービスを受けられます。

フランチャイザーが持っている商標を利用できたり、経営のノウハウなどを教えてもらえたりします。経営のノウハウに関しては、事前に教えてもらうだけでなく実際に運営に入った後にも適宜アドバイスなどをしてもらえる時もあります。そのサービスに対してフランチャイジーは一定の対価を支払います。この対価をロイヤリティと呼びます。

ロイヤリティの計算方法は様々で、毎月固定の所もあれば、固定金額と変動金額を足したものの所、そしてすべて変動によって決まるところもあります。変動するときは元になる数字に一定率をかけて算出しますが、それも売上であったり粗利益であったりいろいろな種類があります。

フランチャイザーごとに違いがある

個人で事業を行うとき、フランチャイズを利用しようとするかもしれません。始める前に知っておきたい予備知識として、サービスを提供するフランチャイザーは業種によって複数あり、それぞれで異なる点があります。コンビニであればよく知られている大手などがあります。店の作りであったり店員の対応、売られている商品は何となく同じように感じます。でも実際にフランチャイザーとフランチャイジーとの契約となると結構違いが出てくるので、それを知っておいた方がいいでしょう。

コンビニなどは大手が中心になり、契約内容は近い部分もあります。その他の業種となると、サービスの提供の仕方が違うところもあります。コンビニでは、商標を利用したり、器具の貸与、そしてノウハウの継続的な提供などがあります。しかし業種によっては商標のみの提供の所もあります。店の用意であったり経営ノウハウなどは教えてもらえないので、それらは自分で用意したり勉強したりして得る必要があります。

それぞれで違いがあるとき、自分に合うフランチャイザーもあれば合わないと所も出てきます。つまりはいかに自分に合うフランチャイザーを見つけて契約するかが大事になるといえるでしょう。コンビニになるとあまり違いはないものの、それでも多少の違いが事業運営に影響するときもあります。あまり知られていない事業だとフランチャイザーの違いも大きくなるので、まずはその業種を担当するフランチャイザー探しをしないといけないかもしれません。

なぜ一から始めるより成功しやすいのか

ビジネスを行うとき、一から自分で行う方法とフランチャイズを利用する方法があります。一からすべて自分で行うとき、商標は自分で新たに決めます。誰にも知られていないお店などが急にできるので、お客さんも半信半疑の目でお店を見るでしょう。なかなか来てもらえないかもしれません。一から行わないといけないので、商品や材料の仕入れ先も自分で決めないといけません。商品の価格を決めたり、ポップなども自分で用意します。何とか事業を開始して売上や利益を計算してみると、なかなか予定通りに行かないかも知れません。その時も自分で一から行うときは試行錯誤でやっていくしかありません。お金が尽きればそれで事業は終わりになります。

サービスを利用して始める前に知っておきたい予備知識として、なぜ一から自分で行うより成功しやすいかです。一から自分で行うときには色々なリスクがありますが、そのリスクを減らすことができる点があります。よく知られている商標が使える点は非常に大きいです。客からすると、よく知っているお店が新たにできただけになるので気軽に入ってもらえます。

運営する側としても、仕入れ先の選定や店内の内装などを決める必要はなく、経営のノウハウなども教えてもらえます。売上や利益がうまく上げられない時は、その原因分析をしてもらって解決策を取ることができるかもしれません。一から行うにあたって心配な部分があるのであれば、それを解消してくれるサービスの利用を検討してもよさそうです。

 

そもそもどんな仕組みになっているかを知っておく必要があるでしょう。それを知らずに契約をするのは問題があります。サービスを提供するフランチャイザーは同じように見えてそれぞれで違いがあります。自分に合うフランチャイザー探しが必要になります。

サイト内検索
記事一覧