【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの人材育成でやるべきこと

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/16

フランチャイズの人材育成でまず必要なことは事業の選定です。

いろいろな種類があるので、その中で自分が合ったものを選ばなければなりません。

事業が決まったら、人材を選ぶことになります。

この時に大切なことはコミュニケーションの能力と自主性、目標に向かって努力する力です。

 

自分がオーナーになる事業を決める

フランチャイズを始める時は、まず自分に合った事業を選ばなければなりません。

それが決まると、事業に合った人材の選定ができるようになります。

いろいろな種類があるので迷うこともあるでしょうが、自分にとって収益を上げられそうなものを選ぶのが賢明な方法です。

一度始めたら、人件費の支払い、本部へのロイヤルティー、店の管理費などいろいろな費用が必要になってきます。

初めのうちはなかなか利益が上がらないかもしれません。

しかし事業を続けることで最終的に黒字に転じて、自分の店の収益を安定したものにしなければなりません。

これまで自分の経験した仕事に近いものが、一番適しています。

自分の経験を事業の運営に役立てることができるからです。

同時に人材を育成する時も適切な教育ができるようになります。

事業の選定に近いものに、運営の場所があります。

適切な場所を選ばないと人材を集めにくい場合があります。

例えば、整骨院にした場合は地方よりも都市部の方が人材を集めやすい場合があります。

 

新人を教育してくれる人を見つける

開業前に採用したスタッフの研修を行わなければなりません。

この研修には本部からも人が派遣されますが、あなたも参加する必要があります。

この時に採用後のスタッフを教育してくれる人がいたら、研修がスムーズになります。

自分で積極的に面接を行って、採用するスタッフのリーダーとして働ける人を探しましょう。

この時に大切なことはその人の経験と、あなたとの信頼関係です。

例えばジムを開く場合は、ジムのトレーナーとしての経験を十分に積んだ人を探すようにしましょう。

その時に大切なことは、自分の店に利益を持たらしてくれる人かどうか見極めることです。

ただ金銭的な面だけではなく、人間として魅力のある人を探し出す必要があります。

もし見つかったら、その人の実績を評価してそれに見合う報酬を約束しなければなりません。

リーダーが見つかったら、その人と協力して新しいスタッフを研修していきます。

まずはチームワークを重視しましょう。

それがなければ、店舗の運営は行き詰まってしまいます。

同時に新しいスタッフが自主的に行動できるように教育しなければなりません。

オーナーやリーダーの指示を待っているような人材だったら、店舗の経営は停滞したものになってしまいます。

自主性を育てるには、研修をしながらほめることが大切です。

ほめられることで自信が持てるようになり、自分から進んで行動できます。

あなたが選んだリーダーだけにこれらのことを任せるのは負担が大きすぎます。

あなた自身も積極的に新しいスタッフの研修に参加する必要があります。

同時にリーダーの働きぶりをしっかりと認めましょう。

認めることでリーダーは自分の仕事にやりがいを感じるようになります。

本部から来たスタッフの研修に対するアドバイスには素直に耳を傾けなければなりません。

苦言を聞かされるかもしれません。それも受け入れることが必要です。

 

スタッフ同士のコミュニケーションを重視する

店の営業が始まったら、スタッフ同士のコミュニケーションを重視しなければなりません。

どのような職場でもあって、一番悩みの種になるのは人間関係です。

人間関係が悪くなれば、その職場の仕事の効率が低下します。

同時にやめる人も多くなって、新しいスタッフを集めるのに苦労する場合が出てきます。

スタッフが自分の思っていることを自由に発言できる店にしましょう。

そのためにはミーティングを多く行って、そこで発言者の言うことにきちんと耳を傾けるようにしなければなりません。

オーナー自身はリーダーに店舗の経営を任せるのではなく、自分の積極的に店舗に足を運んでそこで働くスタッフとコミュニケーションを密にする必要があります。

人間は顔の表情を見れば、その人が胸に抱え込んでいることが分かることが多いです。

スタッフのことをよく観察して、何か言いたいことがあったらあなたにそれを打ち明けられるようにしましょう。

スタッフの話に怒りやいら立ちを感じても、それをきちんと話を聞くようにすればスタッフの一人一人と信頼関係を作ることができるようになります。

信頼関係を作るためには、叱ることも大切です。

不合理な叱り方は不信感を招きますが、その人のためを思って叱れば、あなたの怒りを理解してくることが多いです。

例えば、仕事がうまくいかずに休みがちなスタッフにはもっと積極的に現場に出るように注意します。

 

フランチャイズの人材育成でまず大切なことは、自分に合った事業の選定です。

それによって人材を集めやすくなります。

人材が集まったら経験者をリーダーにして、その人と協力しながらスタッフの研修と教育を行っていきます。

サイト内検索
記事一覧