【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズチェーンとボランタリーチェーンの違いとは?

加盟店契約を検討している方の中には、「フランチャイズ(FC)」と「ボランタリーチェーン(VC)」の業態の違いがわからないという人も少なくありません。
この二つの営業形態は似て非なるものですので言葉の違いをしっかり覚えておくことが大切でしょう。
自分自身が契約をする場合、どちらの業態で加盟をするのがよいのかも含めて二つの業態の違いを説明してまいります。

フランチャイズチェーンとはなに?

ある条件の下で、本部が加盟店に営業権を与え加盟店はその対価として本部へロイヤリティを支払うという事業形態がFCです。
契約時には本部と加盟店が1対1の立場でFC契約を結び、これによって加盟店は店名などの商標や経営ノウハウを使用することができます。
このように1対1の契約を行った同じ店名を背負った店舗が多くありますが、加盟店同士の横のつながりがないという特徴があります。

このほか特徴的な点は「本部と加盟店の資本が異なる」といった点と「加盟店契約は有期である」といった点です。
加盟店の店長は事業主として独立した店舗経営を行います。
また商標などを使えるのは5年~7年ほどの契約が成り立っていますので、契約満了時期を迎えたら契約更新をするか、契約満了を契機に閉店するかの検討も行わなければいけません。

メリットとしては、知名度が高い商標を利用して集客につなげることができる点が挙げられます。
顧客からの信頼度も大きく変わりますので、リピーター客を獲得しやすいメリットがあります。
また、経営ノウハウはマニュアル化されているので実践しやすいという点もあります。
商品の仕入れ数は事業主にゆだねられていますが、店舗の商品展開は地域ごとに決められているため、無駄な仕入れを行うリスクも負う必要が少ないのも特徴といえます。
商品レイアウトもマニュアル化されているので、システマティックに店舗経営ができる点も便利といえるでしょう。

ボランタリーチェーンとはなに?

VC独立した小売店が複数集合し組織化を図ってチェーン展開をした団体を指しています。
それぞれ資本が異なる複数のスーパーが卸業者と提携してグループを結成し、一つの卸業者から大量に仕入れができるため、顧客へ安く提供できるといったメリットがあります。

VC加盟店は、横のつながりがあり、それぞれ資本だけではなく、店名は異なっても、同じ商品を販売しているグループ企業として提携しています。
そのため、VC加盟グループは、本部へのロイヤリティの支払いのほか、グループ企業同士での相互助成といった協力関係が生まれます。
もちろんグループ企業といっても、それぞれの加盟店の特徴や営業形態は独自性を貫くことが可能です。

上記の通り、VCは仕入れは本部で集中管理を行うため、安定した商品供給が叶う上に、価格を抑えた提供もできるため顧客獲得にもつながります。
また、消費者の動向やグループ企業の成功事例などをVC本部が集約し管理を行うことでグループ企業全体でそれを共有できるシステムが確立しているため、経営指導などによる業務改善もスムーズにできるメリットも生まれます。

他にもVCの場合は、プライベートブランド商品をグループ企業で共有し販売できるメリットもあります。
グループのマークを付けたプライベートブランド商品なので大量生産を行うことができ、それによって「安く販売できる」・「どのお店に行っても購入できる」という安心感を消費者へ与えることも可能です。

開業をするならば、どちらが良いの?

独立開業を目指しているという場合、FCとVCいずれかを選択したいという方もいるはずです。

どちらかといえば、VCは独自性を持ったお店作りが求められます。
グループ加盟をして、独自の仕入れルートを持てた・グループ独自のPB商品の販売権を得たとしても、自分の店舗自体の独創性などがなければ集客は難しくなります。
PB商品はVC加盟の他店舗でも購入できるので、特徴がない店へわざわざ出かける必要はないといえるでしょう。
そのため店舗の企業努力が大きく求められます。
もともと小売店を営んでいる方が、業務提携を検討するといった場合に最適の方法といえるでしょう。

一方FCの場合、既存の経営ノウハウを取り入れることができます。システム化されているので全国どこにいても一定の接客ができます。
本部から仕入れ商品の指示が届きますのでそれに従って、仕入れ数量を決めるだけというようなメリットもあるでしょう。

また、経営戦略や「独創性」に関することも本社や地域管轄本部から指示を受けますのでそれに従うだけだけで利益を生み出せるので、ある程度「経営は楽」だといえるでしょう。
ただし、マニュアル化されたシステマティックな経営が求められ、それが守られなかった場合や、安定したクオリティでの営業ができない場合は何らかの形でペナルティが課されることも否めません。
営業停止というような結果を招くこともありますので気を付けましょう。

 

ボランタリーチェーンとフランチャイズチェーンは経営としては内容には変わりありませんが、形態は全く違うことがわかりました。
独自性の経営が求められるVC、マニュアル化されて他店と変わらない営業クオリティが求められるFCなど、それぞれに特徴があります。
これから開業を検討するにあたって、どちらの形態を選ぶのがよいのかを熟考していきましょう。

サイト内検索
記事一覧