【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズにおける契約違反を知っておこう

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/02/08

フランチャイズは運営側と利用者の間において契約を結び、運営側は商標やサービス、トレードネームや経営のノウハウなどに関する権利を与えて、利用者はその見返りとして一定対価を支払い、事業を行うことができます。

運営側は一定の利益を得ることができ、利用者はネームバリューなどを利用し商売を行うことができるので便利です。

今回はそんなフランチャイズにおける契約違反についてお伝えします。

 

 

良好な関係を築くことが大切です

いろいろなフランチャイズチェーンがあり、運営側いわゆるフランチャイザーと利用者つまりフランチャイジーが存在しています。

両者とも良好な関係を築いていれば良いのですが、中にはトラブルを抱えている人もいるでしょう。

例えばフランチャイザーが過剰な売上を提示したり、不公平な状態で加盟させようと画策するところもあります。

加盟する際は簡単でも辞める時には高額な違約金が必要になったり、辞められないといったケースもあるでしょう。

その反対にフランチャイジーがネームバリューを落とすようなことをし、契約が解除されることもあります。

基本的に加盟する際契約書が交わされ、特にフランチャイザーが提示する契約書が多くあり、法律に詳しい人が担当しているので有利に交渉することが可能です。

企業としていろいろなトラブルを想定し、弁護士を利用しながら契約書を発行しているところもあります。

フランチャイジーが経営に関し怠慢だったり、詐欺的な行為を行うケースもあるので運営側としては気をつけなければいけません。

フランチャイザーとフランチャイジーの間に何かしらのトラブルが発生することがありますが、丁寧に対処すると問題にはならないような場合もあります。

お互いのために後で問題が起こらないよう、気をつけることが最良の方法です。

何かしらのトラブルを回避するため、加盟する際に事前に契約内容をお互い吟味しておくことが大切です。

後々の問題を防ぐことによって、双方に大きなメリットを生むことができ結果的に利益に繋がります。

 

いろいろな契約違反があるので注意が必要です

フランチャイズを行う場合、まずフランチャイザーはフランチャイジーに立地や商圏特性に関してこれだけの売上が予想されるという売上予測や損益予想などの情報を提供するケースがあります。

フランチャイジーはその予想をもとに契約しますが、実際開業するとまったく予想通り売上が上がらないこともあるでしょう。

このようにフランチャイザー側の売上予測に関する根拠が明確ではなかったり、情報提示が適正ではないと、フランチャイジーから損害賠償請求を行うことができ、情報提供義務違反などに基づき損害賠償請求を行うことができるかもしれません。

反対にフランチャイジー側の怠慢によって売上予想を到達できないケースもあり、フランチャイザーとして情報提供義務は果たしていると主張することが可能です。

売り上げに関することで契約違反となり、加盟店として解除したり解除されることもあるでしょう。

テリトリー契約違反というものもあり、フランチャイザーが売上を伸ばすため、近くに同じ店舗を作るというケースがありますが、これはテリトリー契約違反です。

フランチャイザー側に対し損害賠償請求することができます。

フランチャイザー側としてあらかじめきちんと情報を提供したり、契約条件などに関して説明するとテリトリー契約違反を回避することが可能です。

 

明確な理由があると契約を終了することができます

フランチャイズの契約を終了したい時があり、例えば契約を辞めたいが違約金が高かったり、問題を起こす加盟店との契約を終わらせたいがもめずに行いたいなどいろいろな思惑があるでしょう。

基本的に継続的契約関係と言われており、権利の行使や義務の履行といった契約が存続する限り継続する仕組みです。

通常の売買契約とは違って契約が一時的というより継続されることになるので、有効期間や解約などに関する条件が決まっています。

一般的に契約する際それぞれお契約書が交わされていて、フランチャイザー側が作成している書面が多くフランチャイザー側にとって有利な内容が記載されていることがあります。

フランチャイジー側が契約を終わらせたいと考えても、ある程度制限があるためすぐには終了することができないケースがあったり、高額な違約金を払わなければならないこともあるでしょう。

中には契約を破棄することができないという場合もあるので注意が必要です。

基本的に期間満了による終了や合意解約、法定解除権や約定解除権の行使などの適正な終了事由があるので、通常契約終了に関してもめることはありません。

法定解除権や約定解除権の行使の場合、債務不履行での解除になるので、違約金が発生しないことが原則です。

フランチャイザーは契約解除する場合、適正な主張が必要になるので、特に不正な行為を行ったフランチャイジーに対し、損害賠償請求を行うことが可能です。

できるだけトラブルが起きないよう良好な関係を維持することが大事です。

 

フランチャイズは企業がノウハウを与え、利用者が企業のネームバリューをいかして事業するシステムです。

良好な関係を築いていると問題ないですが、社会的信用を落としたりテリトリー違反などの契約違反を行うと契約が解除されたり解除することができます。

サイト内検索
記事一覧