【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの売上の仕組みとは


ビジネスをすると客先から商品やサービスの対価を受けます。これが経理上の売上になります。ビジネス活動によって売上は上がりますが、ビジネスの方法によっては上がる頻度などが変わります。より上げられる方法を利用しないといけません。

 

 

 

お客さんから受ける対価は他のビジネスと同じ

ビジネスを行うと、商品やサービスをお客さんに提供します。それに対してお客さんから対価を受けます。商品やサービスを提供するには仕入れや経費が掛かります。経理ではそれぞれで仕訳を起こしていき、最終的に利益を計算していきます。フランチャイズでビジネスを行うとき、売上の仕組みがどうなっているかですが、基本的には他のビジネスと変わりません。

お客さんから受ける対価がそのまま売上になります。ただし、自分で一からビジネスを行うときよりも上がり方が異なるかもしれません。自分で一から行うとき、名も知らぬお店はあまりお客さんが利用してくれないでしょう。ですから売上もなかなか増えていきません。しかしサービスを利用すると商標などが利用できるのでそれを見てお客さんが来てくれます。

コンビニはもちろんですが、クリーニング店や塾などでもその商標を見てお店に来てくれたり教室に来てくれたりします。オーナー自身の経歴や信用力に関係なく、営業を始めてすぐ売上が上がりやすくなります。もちろん一から始める人も、それなりの期間営業してれば徐々に名前が知られるようになって、信用も得られるようになるかもしれません。しかしそれなりの期間が必要でしょう。売上はお金にもかかわってくるので、営業当初から売上があってお金が入るかどうかはそれ以降の存続に大きくかかわります。

ロイヤリティの計算に大きく関わる

フランチャイズを利用すると、売上が上がりやすいサービスが利用できます。大手の商標などを使えるメリットは大きく、新規にオープンしても当初からお客さんに来てもらえる可能性があります。非常に便利なサービスですが、それに対しては一定のコストがかかります。それはロイヤリティと呼ばれるコストで、フランチャイザーに支払う必要があります。一から自分で運営をしているときには必要ないお金ですが、運営をしていく上では重要なコストになるのでその仕組みを知っておいた方が良いでしょう。

ロイヤリティの計算方法はフランチャイザーによって異なりますが、売上に一定率をかけて計算するところが多いようです。それぞれのビジネスにおいては、粗利率がどれくらいあるのか、営業利益率がどれくらいあるのかがあります。利益は大いに越したことはありませんが、経費の割合が増えればその分粗利や営業利益も減ります。

売上に対して5パーセントのロイヤリティがかかるのであれば、必ずその分の経費が掛かることになり、利益を減らすことになります。サービスを利用して経営をしていくのであれば、ロイヤリティがどう関わっていくのかを考えておく必要があります。フランチャイザーによってロイヤリティの計算方法は異なり、売上以外に粗利や営業利益、その他特殊な利益を計算してそれに一定率をかけるところもあります。契約をするとき、売上に対してどれくらい影響するのかを知っておくと良いかもしれません。

売上保証を受ける時はどうなるのか

一から事業を始めると、ノウハウなどがないのでなかなかうまくいきません。資金がすぐに尽きて事業を終えないといけないときがあります。これはフランチャイズを利用した時も同じです。すべてにおいてうまくいくとは限らず、ノウハウを受けたとしても予定通りの売上や利益が得られないときがあります。いろいろな支援があるものの、お金が尽きればそれ以降続けられなくなるでしょう。

フランチャイザーの中には、売上に関する一定の契約をしてくれるところがあります。それが売上保証と呼ばれるサービスです。この仕組みは、自力で十分な売上が得られないフランチャイジーに対して、フランチャイザー側が用意した売上の元を提供してくれます。30万円の売上保証に対して25万円しか売上が上がらない見込みの時、5万円分が足りなくなります。その時には5万円分の顧客を用意してもらえ、30万円が達成できるようにしてもらえます。

注意としては売上の保障であって、収入や利益の保証ではない点でしょう。又保証に関しては継続的なものではないので、その後売上を維持しようとするならそれなりの努力が必要になってきます。ホームクリーニングなどのビジネスにおいては、客先に対する営業をしなければいけません。しかし営業経験が無ければ顧客を得にくい時があります。その時にフランチャイザーが顧客を与えてくれたり、派遣された営業担当者が保証分の顧客を獲得してくれます。その顧客を維持する努力が必要になります。

 

サービスを利用すると、すべて自分で行うよりも売上が上がりやすくなります。商標やノウハウなどが利用できるからでしょう。ただその分ロイヤリティを一定割合支払う必要があります。又売上保証をしてくれるサービスもあります。

サイト内検索
記事一覧