【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズでよくおこるトラブルと回避方法


事業を始めるにはそれなりにお金が必要で、すべて自分で行うときだけでなく何らかのサービスを得て行うときも同様です。事業を開始してから想定外のことが起こると困るときもあります。どんなことが起こりそうか知っておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

当初の予定通りの売上や利益が得られない

ビジネスを行うときに重要になるのが計画です。ビジネスは何らかの利益が得られるから行うのでしょうから、利益が出ないと予測されるのであれば最初から行いません。通常はそのビジネスを行う本人が計画を立て、それぞれ実行に移していきます。しかしビジネス経験がない人が独立をして事業を行うとき、自分で計画を立てられないときもあります。

フランチャイズを利用すれば、ノウハウなどが利用できますし、これまでビジネス経験がない人でもうまくやっていける可能性があります。うまく計画通りに売上や利益が出れば良いですが、よくおこるトラブルとしては計画通りに行かないときがあります。フランチャイザーが事前に出店をする店舗の立地などからどれくらいの集客ができるかなどを予測しますが、あくまでも予測なのでその通りにならないこともあります。

また、予測の時に調査漏れなどがあると、それが原因で本来よりも多く売上や利益が算出されるときがあります。期待をしていたオーナーからすると納得がいかないかもしれません。回避方法としては、フランチャイザー側が綿密に売り上げ計画に関する調査を行い、さらに計画書を作成してオーナーに示すようにします。この時には複数の予測を出し、集客が予定よりも少なくなったらどうなるかなどの情報も出すようにします。売上や利益が予定より計上されないとき、一定の保証をつける契約もあります。開始後一定期間は保証額を設けて、足りないときはその補てんをしてくれます。

加盟店が経営に対する裁量を持ちにくい

仕事をする目的は、生活をするためのお金を得ることでしょう。簡単に仕事をしようとするなら会社などに雇ってもらうのがいいかもしれません。会社からの指示に従って仕事をすれば、それに対する給料をもらえます。慣れていないときは指示を受けたり仕事を教えてもらえたりするのが助かりますが、慣れてくるとそれが仕事をやりにくくするときがあります。

そこで自分で独立をして、自由に仕事ができる環境を求めようとします。完全に自由な仕事をするには一から自分でお店などを持つのがいいのでしょうが、お店の運営のノウハウがないと不安も残ります。フランチャイズであれば運営のノウハウを教えてもらえるので、初めての分野であっても何とか行うことができるようです。

この時によくおこるトラブルとして、フランチャイザーからの指導の範囲になるでしょう。加盟店からすると、自分のやりたいように仕事がしたいためにお店を持った経緯があります。しかしいざお店を始めると、フランチャイザーからのいろいろな取り決めや指導を守る必要があり、なかなか経営の裁量を持ちにくい時があります。回避方法としては、事前に契約を確認してどこまで裁量が許されるかを知っておくことでしょう。フランチャイザーによって、加盟店に持たせる裁量を大きくしているところもあります。ただ裁量が多い分ロイヤリティの問題や困ったときの対応などに不備があるかもしれません。何を優先するかを考える必要がありそうです。

近くに同ブランドの店ができることを知らされていない

まだコンビニが今ほどなかったとき、ある地域で隣接するコンビニができた時に話題になることがありました。当時はある店舗から見えるところに他の店舗ができることが少なかったため、コンビニ同士で激しい競争合戦が起きると言われていました。現在はある店の近くにコンビニができるのは決して珍しくありません。それぞれがうまく役割をはたしていれば、必ずしも競合するわけではないからです。特にブランドが異なる店同士だと相乗効果によって来客が増えるケースもあるようです。

フランチャイズを利用する時にはオーナーは出店時にいろいろな契約を結びます。安定的にお店が運営できるよう考えておく必要がありますが、よくおこるトラブルとしては近くに同じブランドの店の開店されることがあります。他のブランド同士だと事前にどこに出店するなどの情報がわかりません。それぞれで出店戦略があるでしょうから、近くに出店されても仕方がない部分もあるでしょう。でも同じブランドの店となると競合する可能性があり、売上に影響してくるかもしれません。

回避方法としては、近くに店ができる時にはその情報を教えてもらうようにしましょう。又お店ができることによる売り上げの影響なども聞いておきましょう。フランチャイザーからすると、その辺りに店を増やすことでメリットがあるからこそ出店をしています。それぞれの売り上げ計画などもきちんと出しています。開店した後でも、既存店のメリットなどを聞ければ納得できるかもしれません。

 

事業開始前は売上予測などをしてもらいますが、予測通りに行かないときがあります。売上保証などがあれば、予測に達しなくても一定の収入が得られます。どこまで裁量が得られるかはフランチャイザーによって異なるので、契約時にしっかり確認すると良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧