【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズと直営店の違いって?


飲食店などでは、直営の店もあれば個人がオーナーの店もあります。利用者からするとあまり変わらないように感じますが、結構サービス内容などで異なるところもあります。内容が異なれば、運営の仕方などもそれなりに変化があるでしょう。

 

 

 

 

個人などがオーナーか会社などがオーナーか

全国展開をしている飲食店がありますが、どのお店に行ってもほぼ同じメニューで雰囲気も同じところもあれば、お店によって少しずつ異なるメニューを出すところなどもあります。飲食店のチェーンでよく見られるのがフランチャイズと直営店が混在しているところです。違いはフランチャイザーによって異なりますが、ある飲食店ではメニューの決定権などをオーナーに任せているところがあります。

直営だとフランチャイザーがオーナーになるので、ほとんど同じメニューになります。一方個人などがオーナーを務めるお店ではその店独自のメニューもあります。メインメニューなどはある程度合わせていますし価格であったり看板、広告なども基本的には両者同じになります。メニュー以外にもキャンペーンなどで差別化をするところもあります。

これもフランチャイザーによってどこまで権限が許されているかになるでしょうが、まず全店共通のキャンペーンが用意されています。直営のお店は基本的には共通のキャンペーンのみです。一方オーナーが個人などのお店はそれ以外のキャンペーンを独自に行っています。共通のキャンペーンはネットなどでもわかりますが、独自のキャンペーンは実際にお店に行かないとわからないところもあります。客としては直営のお店に行くよりも少し楽しみが増えるかもしれません。ただ表向きはほとんどわからないので、オーナーが独自性を出そうとしているところは、より魅力的なお店になっています。

現場で働く人の肩書がそれぞれで異なる

会社のトップといえば社長などになるでしょう。その下に役員などがいて、さらに現場の社員などになります。社員にもランクがあり、部長から一般の社員まで役職などが決められています。個人事業もよく似ていますが、会社ではないので社長はいません。トップは経営者になります。家族が手伝いをするときもあれば、アルバイトなどに入ってもらうときもあるかもしれません。

フランチャイズと直営店の違いとしては、個人事業か会社組織かがあります。個人事業で行われているお店では、経営者がいてその他に家族やアルバイトなどの従業員が業務を行います。一方直営だとまず社長が来ることはないでしょう。社長はその他の多くの直営の店のトップにいる人なので、ある店のみを管轄することは少ないでしょう。

直営の組織においてトップにいるのは店長であったり事業所長などになります。フランチャイザーの社員がそれぞれに派遣されて運営を行います。その他に働く人も社員が派遣されることもあり、流動的な人員はアルバイトなどで補充されるときもあります。アルバイトが社員登用されるなどもありますが、個人事業で行われているお店ではあまりないでしょう。

一方直営のお店であれば、仕事ぶりがいいアルバイトを社員として採用するケースはありそうです。個人事業の運営では、オーナーなどは労働基準法などに関係なく仕事ができますが、店長などは社員になるので労働基準法に基づいた勤務体系でないと問題になります。

経営を一店舗で見るか多店舗と総合的にみるか

会社やお店を運営するとき、まずは本社や本店を一店舗開設するでしょう。そしてうまくいけば事業拡大を目指します。支店であったり事業所などを開設して他の地域でも営業していくようになります。同じ経営者が複数の視点や事業所を管轄するのであれば、それぞれで見るだけでなく全体で経営状態を見ます。

一方でそれぞれの運営を任されている人は、その支店や事業所の運営のみを伸ばすよう努力します。フランチャイズと直営店との違いとして、経営を一店舗のみで見るのか、他の店も含めた総合的な視点を取るかがあります。個人事業であれば、基本的には自分がオーナーになっている店が売り上げを上げているか、利益を上げているかだけを気にすればいいでしょう。ドミナント式に展開をしていると近くに別のオーナーの店などができる時もありますが、他の店の経営がどうかは基本的に気にする必要はありません。それを考えるのはフランチャイザーになります。

一方直営で運営されているときは、その店舗のみでも見ますが、全体として見るのが基本になります。もしその店で損が出ているとしても、必ずしも閉店の対象になるとは限りません。あまりにも損失が大きかったり、他の店への影響がない時には閉店もあるでしょうが、その店のおかげで知名度などが上って他の地域に影響するときもあります。店長の能力によって利益が出ないときは、能力のある店長を連れてくることもあります。個人事業は店長に能力がないと代わりを連れてくることができません。

 

個人事業なら運営するのはオーナーになります。直営はフランチャイザーが行います。個人で行うときは、オーナーの他その家族やアルバイトなどで運営しますが、直営は社員が派遣されて運営します。業績の見方も両者で異なります。

サイト内検索
記事一覧