【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズのテリトリー制とは?

フランチャイズ契約を結ぶと、商圏の保証を与えるためにテリトリー制を採用する企業が少なくありません。

ところで、このテリトリー制にはクローズドテリトリーとオープンテリトリーの2種類が存在します。

ここではそれぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

 

フランチャイズにおけるテリトリー制とは

これから事業を始める人にとってフランチャイズビジネスも選択肢の1つであり、関心を寄せている人は多いです。

ただし万全の状態で事業をスタートさせるためには、フランチャイズ契約についてよく知っておく必要があります。

そもそもフランチャイズとはフランチャイザー(本部)から、フランチャイジー(加盟店)に対して、店の看板や確立されたサービスや商品を使う権利を与え、その対価として加盟店から本部に支払うという仕組みのビジネスです。

契約を結ぶことで本部側には、確立されたサービスなどを提供する義務や対価を受け取る権利が発生します。

一方で加盟店側には、確立されたサービスなどを使用する権利や対価を支払う義務が発生します。

本部側とすれば新しいオーナーを常に迎え入れることで、短期間で成果の出る店舗を次々と作れるメリットがあります。

一方加盟店側も、ビジネスを始めるにあたって必要な専門的ノウハウなどを、一度に手にすることができます。

さらに安定したビジネスノウハウがあるために、事業を長く続けられる利点もあります。

ところで契約を結ぶときには責任と自覚を持つことが大切です。

契約書の内容を十分に理解しないまま契約を結んでしまうと、後々にトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

ところで契約を結ぶ際には、本部側は加盟店が安定して事業を続けられるために商圏を保証しなければなりません。

何故なら近場で加盟店が乱立してしまうと、加盟店同士で激しい競合が発生してしまうからです。

商圏の保証のことをテリトリー制と呼びます。

テリトリー制の基準には行政区分や鉄道の駅などを利用する方法があります。

そしてテリトリー制には、クローズドテリトリーとオープンテリトリーの2種類が存在します。

 

クローズドテリトリーについて

クローズドテリトリーとは、商圏内に加盟店を1店舗しか設置しない形態のことを指します。

この形態では、あらかじめ定められたエリアに同じ看板の店舗が存在しないために、独占的に収益を上げることができる点が大きなメリットです。

もし人気が出る店舗にまで成長させることができれば、継続した収入アップが望めます。

しかし、その一方で競争原理が働きにくいということもいえます。

競争原理が働かなくなれば、同じ看板の店舗同士で切磋琢磨することができなくなります。

それはひいては、ブランドとしての売上及びシェアの獲得が困難になる可能性があります。

またエリアの設定基準は企業ごとに異なりますが、それが極端に狭い面積で設定されていることがあります。

つまりある店舗からそれ程離れていない場所に、他の加盟店が新しく店舗を構えることがあります。

そうなると自分の店舗の売上に直接影響してくるということが容易に想像できます。

このようにクローズドテリトリー性だから安心とは考えずに、本部が設定するエリアをしっかり確認しておく必要があります。

そして納得できるまで、本部の担当者から説明を受けることをおすすめします。

 

オープンテリトリーについて

一方オープンテリトリーとは、一定のエリア内で複数の同ブランドの出店や展開を行う形態のことです。

もちろん何店舗も出店できるわけではなく、その数に制限を設けています。

この方法だと売り上げが分散してしまうというイメージがありますが、そのエリアに対してブランド力を強化できるメリットが生じます。

つまり消費者の間で、あの地域だったらあのブランドというイメージが作られます。

その結果、そのブランドに対する認知度が上がり、他のブランドから客を引き寄せることが可能となります。

これはいわゆるドミナント効果が生まれることにもなり、競合する他のブランドよりも優位に立てるのです。

実際にドミナント効果を狙って、地域を絞って集中的に出店する経営戦略を立てるブランドも存在します。

さらにオープンテリトリーにすることで、加盟店同士での競争状態を作り出すことができます。

その結果競争力を高めて、ブランド全体で売上を伸ばして成功へ導くことも可能なのです。

ところで加盟店側からすると、クローズドテリトリーの方が安心して独占できて安心という印象があります。

しかし必ずしもそうとはいえず、オープンテリトリーのようにある程度の競争原理が働くことで、安定した売上を確保することができるといわれています。

 

今回はフランチャイズの概要やテリトリー制の内容を見てきました。

これらの仕組みを知っておくことは、安定したビジネスを長く続けていくために必要なことです。

特にテリトリー制にはクローズドテリトリーとオープンテリトリーがあり、オーナーとして加盟する前に必ずその内容を確認しておくことが大切です。

どちらの方法が良いとは一概にいえませんが、それぞれの特徴を知っておくことでフランチャイズの本質を知ることができます。

また資料請求した書類には、これらのことが詳しく書かれていないこともあるため、直接本部に問い合わせて見ることをおすすめします。

サイト内検索
記事一覧