【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズを成功させる秘訣とは?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/04

独立開業を目指したとき安定した収入を得たいと考えるのはとても自然な流れです。

そんな時フランチャイズ経営が良いということはコンビニなどの経営スタイルを見て実感できることでしょう。

では、成功する秘訣について見ていきましょう。

 

 

 

商品力の高さをチェックしましょう

一概に「フランチャイズ」といっても、その経営状態は多岐にわたります。

一番チェックしたいところは「商品力」であり、コンビニやお弁当店はその代表例ですが、地域に出店制限がかけられることもあり、新規参入は難しいところも懸念されます。

マッサージ・リラクゼーション・塾など、商品力が高いサービスは何かを検討していきましょう。

ただし、安定性がない事業に投資をしてもその場限りとなってしまいますので、安定して営業できるかどうか、お店として提供する商品は地域の住民に訴求できるサービスであるかといったところも同時にチェックすることが一番大切です。

事業を行う場合は、収益が見込めるか否かといった点もチェックポイントとなります。

今はトレンドも相まってニーズが高いから出店のチャンスだとしても、トレンド産業であれば、数年後には赤字に転落する可能性もあります。

一番安定しているのは英語塾・学習塾・進学塾などですが、塾のブランドや実績などもチェックしていく必要があります。

ブランドだけでなく、メソッドはどういったものを使うのか、塾生の学習レベルはどのくらいに設定しているのかといったところも集客のカギとなります。

 

運営が行いやすいかどうかもチェック

お店として稼働を始めた場合、あなたがオーナーとして経営することになります。

この場合、お店の運営もすべて担うのか、だれかを雇って運営を任せるかといった場面でもお店の明暗が分かれます。

コンビニなどを例にとるとわかりやすいのですが、24時間営業にすると複数名の働き手が必要になります。

シフトを組むことはもちろん、休みを与えるといった法律に則った決まりも守らなければいけませんし、給料を支払うのもオーナーの役割です。

また、開業をしても国家資格保有者を設置しなければいけない、保健所や都道府県へ届出を出して許可を受けなければいけないというようなハードルがあれば、投資が無駄になる可能性も否めません。

中でも一番高いハードルが、国家資格保有者の設置や、有資格者の確保となるでしょう。

オーナー自身が資格を持っていればよいというところもありますが、客扱いをする人が全員有資格者でなければいけないという場合もあります。

もちろん、資格を持たずとも業務に携われる職種もありますが、資格を持っていたほうが顧客に対する訴求力が高まります。

塾を例にとりますが、大学・短大卒業というだけではなく、教員免許保有者を採用することで訴求力が高まります。

こういった点もしっかりチェックしていくことで投資をすべき業態を見極めることができるでしょう。

 

経営母体の安定性があるかどうか

トレンドを追って急成長したフランチャイズ企業があったとして、次々に傘下に入る事業主が増えますが、成長とともに突然業績が急落することも否めません。

母体が経営路線を変更したところで、末端の事業主に浸透せず一定のサービスが提供できなくなったということもありますし、母体が業務停止し機能を失ってしまえば、契約先の事業主たちも行き場を失ってしまいます。

新規事業に飛びつくことも一理ありますが、経営母体の安定性のチェックや、企業の資本金や経営年数、実績や取引先銀行などもチェックしていきましょう。

経営内容なども確認し「運営しやすいか」「安定性はあるか」といった内容も併せて取捨選択しましょう。

急成長しているといっても、銀行からの融資を受けて見せかけの求心力を得ているだけかもしれません。

すべての企業はそうではありませんが、中には「加盟契約金」だけを支払わせて中身を伴わない事業を提供するといった企業もあります。

自分自身が事業主として成功を夢見るためには経営母体を見極める眼力も必要だということも覚えておきましょう。

 

加盟店として経営母体の傘下で事業を行えば、マニュアル化されたサービスを提供できるメリットがありますし、ネームバリューで集客・収益が見込めます。

企業の運営規模や、その母体が提供するサービスの商品力などを見極める力も必要です。

サイト内検索
記事一覧