【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ募集で気になる!安定した黒字があるフランチャイズオーナーの月商と年収はどれぐらい?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/05

フランチャイズに加盟すると本部から販売促進に関するノウハウを提供してもらえたり、ブランドイメージを利用するなどいろいろなメリットがあります。

自分で起業や開業するよりリスクが少ないと言われていて、実際オーナーは一般の会社よりも多い年収を得ていると言えるでしょう。ブランド力や知名度を利用して、安定した月商をあげることができます。

いろいろな業種があり収益も異なります

フランチャイズ募集を利用して、起業する理由はいろいろあります。起業するからには年収や月商をアップさせたかったり、安定して稼ぎたい人は多いです。

例えば優良経営のコンビニエンスストアの場合、平均年収について700万円と言われています。立地条件などによってかなり差が出ることもあり、中には300~400万円ぐらいの人もいるでしょう。全体的な平均は600万円で、飲食店を運営しているオーナーの場合、400万円と言われています。

飲食店のチェーン店では本部へのロイヤリティの割合が高いところがあり、売上げが多くても月商として少なくなるケースがあります。クリーニング系チェーン店の場合、開業資金が少なく済むので人気の業種とも言われています。営業店舗やクリーニングを行う工場などがありますが、平均は400万円ぐらいです。

塾オーナーの場合500万円で、塾は講師のスキルなどが年収に影響する傾向があります。人気の塾になると1,000万円以上の年収もあり、地域に根付くまで少し時間がかかりますが、開業した年の年収は低いケースが多いようです。

近年いろいろな業種が増えていて、募集している企業が多く存在しています。中には複数店舗を運営していたり、他業種の店舗をいくつも経営している人が多いです。

オーナーの経営努力やセンスによります

フランチャイズ経営は販売促進に関するノウハウを教えてもらえたり、特定の仕入先と取引できるので価格競争において勝ちやすいメリットがあります。起業するのにハードルが低く、経営が軌道にのりやすいでしょう。その為経営努力が年収アップに繋がりにくいのではと思う人もいますが、オーナーの経営努力やセンスなどによって月商に大きな差が出ることケースがあります。

販売のノウハウや商品開発、仕入先などが共通していますが、年収に差が出ると言われているのは広告や宣伝の分野です。チラシを配るといった努力も大切で、現在SNSなどのツールを利用することも重要なポイントです。特に飲食店舗において撮影した写真を投稿することによって、売り上げを大きく伸ばす店もあり新しい広告方法をいろいろと試してみましょう。

成功したオーナーの中には多店舗経営により、年収を上げている人が多いです。1店舗の年収が400~500万円というのが平均的な金額ですが、複数店舗からの収入により年収を伸ばすことができます。

加盟する場合必要になるのが加盟料で、コンビニエンスストアの加盟料について100~300万円で、一般的にこの中には研修費や開業手続き料金なども含まれています。加盟料無料を謳っている企業も中にはあり、研修費や手数料などが別途がかかることが多いです。フランチャイズ募集を検討している場合、これらの費用をチェックしておくことをおすすめします。

ロイヤリティにはいくつか方式があります

フランチャイズ店舗を経営するにおいて、費用が発生するのはロイヤリティです。自社の知名度やノウハウなどの対価として、各店舗からロイヤリティを受け取る仕組みになっていて、このロイヤリティはいくつかの方式があり、募集している企業がどれを採用しているか把握しておきましょう。

一般的なのが歩合方式で、総売上高の何%かをロイヤリティとして払う方法です。売上がアップするごとにロイヤリティが低くなっていく仕組みになっていて、優良店を優遇しオーナーのモチベーションをアップする意味もあります。歩合方式の場合、数%~50%と幅が広くなっています。

粗利分配の方式はコンビニエンスストアなどで採用されている方法で、総売上高から売上原価を引いた売上総利益に関してロイヤリティが発生する仕組みです。一般的に30~50%ぐらいに設定されていて、テレビのコマーシャルで多額の広告費をかけることによって売上総利益が伸びるのでこのような方式が採用されています。

定額方式は売上や利益に関係なく、支払うロイヤリティが決まっている方法です。オーナーにとって利益を増やすほど、ロイヤリティの割合が減少するというメリットがあるので年収を伸ばすことができます。

起業開業してから経営が軌道にのるまで、5年程度と言われています。借金による初期投資が多くなっているオーナーの場合、既に確立されているブランドやノウハウなどが提供されるので比較的回収しやすいでしょう。

 

フランチャイズに参加すると、安定した月商をあげることができたり、会社員の年収よりも多い利益を得ることができます。中には複数の店舗を経営している人もいて、安定した収益をあげることが可能です。ロイヤリティにはいくつか方式があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。




サイト内検索
記事一覧