【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ契約前に相談をしよう

新しい分野にチャレンジしたいと考えて、これから事業を立ち上げようと考える方もいるでしょう。しかし、未経験の分野の新規事業を始めるときは、知識と経験がなければ失敗する可能性が高くなってしまいます。知識だけならば、開業準備期間中に前もって習得することが可能ですが、経験は実際に開業しなければ得ることはできません。

しかし、事業が成功するかどうかは、スタートダッシュも大きな要因となるので、開業してから経験を積むのはリスクが高いでしょう。不慣れなスタッフの接客ではリピート客を逃してしまいます。もしも、知識も経験も得た状態で新規事業を開始したいのなら、FC(フランチャイズ)というシステムの利用をオススメします。FCに加入すれば、事業を始めるために必要な事柄を、事前にすべて教えてもらうことが可能です。

 

FCは多くのメリット与えてくれるシステム

いろいろなジャンルの事業にFCというシステムがありますが、共通するのは、今まで培ったノウハウを教えてくれることです。マニュアルで提供されるだけではなく、研修も用意されているため事業に必要なノウハウを吸収したスタッフで開業ができます。またブランド名を利用できるのも、大きなメリットといえるでしょう。誰もが知っているコンビニエンスストアやラーメン屋の名前を使用できるため、そこそこの知名度を持った状態で事業をスタートできます。

これらの多くのメリットがあるため、FCに加入するとロイヤリティが発生します。どの程度の金額になるかは、FCの大元の会社によって異なるため、契約前にきちんと確認しなければいけません。ロイヤリティは一定の場合と売上げによって変動する場合があるので、そちらもチェックする必要があります。

FCに加盟するなら相談会を利用する

FCへの加盟を考えている場合、まずは公式ウェブサイトで募集要項を確かめましょう。そこには得られるノウハウや加盟によるメリットなどの情報が数多く記載されているので、サービスの概要をしっかりと知ることができます。そして公式ウェブサイトでは資料も請求できるため、すべてを駆使して必要な情報をどんどんと集めることが大切です。

始めたい事業のジャンルによっては、いくつかの会社がFCを募集しているため、できる限り多くのところの情報を集めましょう。それぞれに特徴があるので、集めた情報を比較して、参加したいと思えるFCを見つけ出すことが重要です。そして情報収集するときに積極的に利用するとよいのが、FCを提供してくれる会社が開催している相談会です。

担当のスタッフが、事業形態や契約内容について詳しく説明してくれるため、公式ウェブサイトや資料には載っていない情報も得られます。大きなお金が動くため、参加せずに契約を決めるのは、あり得ない決断なので必ず利用しましょう。なお、公式ウェブサイトに日程と申し込み方法が掲載されているので、そちらで簡単に手続きができます。これからの運命を大きく左右するので、メモや筆記用具の所持はもちろん、尋ねたい質問をきちんと用意して万全の体制で挑みましょう。

法律家に相談して契約内容を確認してもらう

FC担当のスタッフから詳しい話を聞くと、契約してもよいと思えるサービスを見つけられるはずですが、すぐに手続きを開始してはいけません。それは、大きな効力を持つ契約書には、難しい専門用語が多く知識を持っている人間でなければ読み解くのが難しいからです。よく分からないところがあるままサインをしても、理解したとみなされますので不利なポイントがあったとしても文句はいえません。

後から内容を覆すのは難しいので、しっかりと内容を把握してからサインをすることが重要になるのです。もちろん、自身で勉強して契約書を読み解くのではなく、専門の法律家にチェックしてもらう必要があります。勉強には時間がかかりますし、解釈に間違いがあったとしても気がつけないからです。なお、法律家に契約書の作成を頼めばそれなりの費用が発生しますが、チェックだけならそれほど費用がかかりませんので、躊躇せずに仕事を依頼しましょう。

新規事業を始めるにあたって節約したいと考えるかもしれませんが、トラブルが起こってから法律家に相談すると莫大な費用が発生することを忘れてはいけません。ちなみに法律家に頼みたいのなら、まずは事務所に電話をして契約書のチェックに対応しているか確かめましょう。事務所が提供してくれるサービス内容の確認なので、それだけならお金は取られないです。

 

FCはロイヤリティを支払うことで、ノウハウの伝授やブランド名の使用などの多くのメリットを得られるシステムです。その内容は契約書によって決められるため、すべての内容を正しく把握した上でサインをしなければいけません。もちろん、素人がすべてを把握するのは難しいので法律家への相談が重要になります。もしも、FCを利用した新規事業を失敗したくないなら開業後のことを考えるだけではなく、開業前の契約についても吟味しましょう。

サイト内検索
記事一覧