【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズのロイヤリティとはいったい何?

フランチャイズ(FC)店を経営するうえで、一番気になるのは「FC本部へ毎月支払うべきお金」に関することです。
でも詳しくはわからない、どういう仕組みなの?と悩むFC加盟検討者もいるのではないでしょうか。

ここでは、毎月FC本部へ支払うべきお金の流れや仕組みについてまとめました。
お店の存続に必要不可欠なものですので、理解と知識を深めましょう。

ブランド使用料ととらえましょう

一般的に「ロイヤリティ」といわれるFC本部へ支払うべきお金。
この言葉のもともとの意味は「忠誠心」や「愛着」とされています。上納金ととらえることもできますが、実際には「FC本部が掲げる店名ブランド・商標・経営ノウハウの利用料」ととらえることが一般的です。
この利用料金を支払うことで、FC加盟店がお店のブランドを利用して営業し続けることができるのです。

この支払いに関しては、FC加盟店契約時の約款に記載されていることがほとんどです。
支払日や支払い方法、支払い方式に関して記載されており、契約日にFC本部と加盟店オーナーとが読み合わせをして確認します。FCビジネスを検討しているときは、FC本部へ支払うべきお金に関しても比較検討することをおすすめします。
相場などはさまざまな場面で紹介されていますが、中には支払うべき金額の割合が高く、FC加盟店に残る利益がわずかというような残念なFCチェーンが存在します。
その支払いが難航し閉店を余儀なくされるという加盟店もありますので、検討材料の中でもウェイトを置くようにしたいものです。

また、次にまとめる「支払い方式」に関しても着目しましょう。
業態とその支払い方式はマッチングしているかといったところも確認し、シミュレーションを行うことをおすすめします。
資料などを取り寄せると「収入モデル」が記載されていることもあるので参考にしてみるとよいですね。

毎月の支払い方式は3つあります

ロイヤリティに関する支払い方式は3つ存在します。

1つ目は「定額方式」で、毎月一定額FC本部に支払います。
メリットは定額であることから、今後の資金予測が立てやすいところにあります。
ただし、売り上げが悪い月があれば、その定額部分の支払いが重くのしかかることも。売り上げを上げた分だけ利益につながります。

2つ目は、「粗利分配方式」です。
これは、売り上げから割り出された売上総利益(粗利)から所定のパーセンテージをかけた金額をFC本部へ支払うという方式です。
特にコンビニエンスストアなどで導入されており、FCチェーンによってその利率は異なります。
年間の総利益からの支払いとなりますので、毎月の負担が少ない反面、支払い月には大きな負担がのしかかりますので準備金として毎月費用計上などが求められることがあります。

最後は「売上歩合方式」です。
これは、売り上げから所定のパーセンテージをかけた金額をFC本部へ納める方式です。
販売価格の中にFC本部へ支払うべきお金が含まれていると考えれば、わかりやすいかもしれません。
FC加盟店の儲けにかかわらずFC本部が徴収できる方式ですので、FC本部としては都合がよい徴収方式といえるでしょう。
売り上げにかけられるパーセンテージは、FCチェーンごとに異なりますが、ネームバリューが高いFCチェーンなどではその利率が高く設定されていることがあります。
有名なカフェチェーンなどで1杯のコーヒーが高く感じるのはこのような理由も含まれています。

支払いがないところもあるようです

なかには、ロイヤリティフリーとして、毎月または年間の徴収を行わないFCチェーンも存在しています。
毎月の支払がない分、経営の負担が減るというメリットがあります。
ただし、FC本部もFC加盟店から回収をしなければ会社の存続にかかわりますので、何らかの形で徴収されていると受け止めましょう。

例えば、仕入れFC本部の卸部門を一本化し、コストを抑えながらも仕入れ代金を高くつけるといった感じです。
毎年「保証金」などというように呼び方を変えて徴収することもありますし、契約期間を短く設定し契約更新時の金額を高く設定しているというところもあります。
こういった金額の違いも含めて加盟契約前から検討をしていく必要があるでしょう。

もちろん、どの支払い方式にも良しあしがあり、販売形態との相性にも反映されていきます。
顧客へ商品を提供するための「仕入れから販売」といったお金の流れだけではなく、加盟店からFC本部へ支払うべきお金の流れも検討していきましょう。

利益を上げるためにはどのようにアプローチしたらよいのかといった点もあらかじめシミュレーションすると、自分が携わるべきFCチェーンの業種も見えてくることでしょう。
とても難しいところですが、本部への支払いができずに店を閉じるということだけは避けるべきです。
このようなコストがあることも踏まえ手検討していきましょう。

 

FCビジネスには、FC本部やその経営母体が利益を上げるための仕組みも含まれています。
この経済流通の仕組みを理解することでFC経営の面白さも理解できることでしょう。
難しい点も含まれていますが、ネームバリューだけではなく「販売形態と支払い方式」に兼ね合いを考えてFC加盟を検討していきましょう。

サイト内検索
記事一覧