【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ加盟前に準備しておくべきこと

公開日:2018/09/11  


独立して事業を自分で行おうとするとき、どんな事業をして、どのフランチャイザーを利用するかまでは決めていないでしょう。何となく知っているコンビニを検討してしまいそうですが、それ以外にも様々なビジネスがあります。

 

 

 

どんなビジネスを行いたいかを決める

仕事をする方法として、会社などの組織に雇用されて行う方法と、自分で事業を運営する方法があります。会社等であれば決められた仕事を行えば、それに対する給料がもらえます。その代り何でも自由にできるわけではありません。また仕事に見合った給料がもらえるわけではありません。

自分で行えば必ず仕事があるわけではないですが、仕事があれば無限に稼げる可能性があります。自分で事業を行うとき、一から行うと失敗する可能性がありますが、フランチャイズを利用すれば失敗する可能性を少なくできます。いざ加盟して事業を行おうとする前にしておく準備としては、まずどんなビジネスや事業にするか調査し選ぶことです。

よく知られているのはコンビニですが、もちろんコンビニだけではありません。飲食店であったり、洋服のクリーニング店やホームクリーニングのお店もあります。また個人指導塾のオーナーになって事業をすることもできます。独立をするにあたって既にやりたい事業が決まっている場合もあるでしょうが、特に事業を決めずに独立したいと考えることもあるでしょう。

何も知らないと、コンビニの情報しか集めない人もいますが、その他にも沢山ありますから自分に合うビジネスを探すようにしましょう。できれば経験のある仕事に関連する分野の方がいいでしょうが、それ以外を選んでも問題ありません。契約をするとビジネスのノウハウなどを教えてもらえるので、素人でもオーナーになれます。

利用するメリットとデメリットを把握

会社勤務をしていて慣れてくると、会社の枠で仕事をするのに不満が出てくることがあります。自分で事業を行えば、自分の好きなように仕事ができます。脱サラをして、どんな事業をするかを決めた後、そのビジネスをするにあたってフランチャイズが利用できることが分かったとします。フランチャイザーから資料などをもらって内容をチェックすると、それなりにメリットがありそうなことが書かれています。そのままそれを信じて加盟するかどうかですが、その前の準備としてメリットとデメリットを把握するようにした方がいいでしょう。

フランチャイザーが希望者に対して配布するパンフレットなどは、多くは加盟した時のメリットになります。いいことはたくさん書かれていますが、余計なことはあまり書いてありません。知っていたら加盟しなかったと考えるようなことが書かれていないときがあります。ただ実際には加盟すると出てくるデメリットも少なからずあります。デメリットの探し方は難しいですが、インターネットであれば情報が載っているところもあるのでチェックしておくと良いかもしれません。

メリットとデメリットの両方を比較して、それぞれを実際に自分が行った場合に当てはめてみます。デメリットの状態になったときに問題がありそうならば、もう少し考え直す必要があるでしょう。パンフレットなどをもらったフランチャイザーに質問してみてもいいでしょう。デメリットの部分の問題が解決できそうなら、加盟を検討しましょう。

自分に合っているフランチャイザーを探す

フランチャイズといえばコンビニと言われるぐらいよく知られています。本部が直営しているお店はほとんどなく、ほとんどの店が個人などがオーナーになっている店です。フランチャイザーの会社もいくつかあり、それぞれで特徴がありそうです。よく知られている大手もありますが、それ以外に小規模で運営しているところなどもあります。

コンビニ以外でもこのビジネスが利用できる業種があり、自分が行いたい事業において利用できる可能性があります。提供しているフランチャイザーが一社しかないとなるとそこを利用するかどうかになりますが、複数社あるのであればそれぞれを比較する必要があります。

加盟前にしておきたい準備としては、自分に合ったフランチャイザー選びになるでしょう。コンビニや飲食店などであれば調べなくてもわかるでしょうが、他の業種は大手のフランチャイザーさえも知らないときがあります。まずはどんなフランチャイザーがあり、どんなビジネスを提供しているかを調べましょう。

フランチャイザーが分かれば、資料請求をしたり開業希望者が参加できるセミナーなどに参加してみましょう。定期的に行われているものもありますし、個別に相談の場を設けてくれるところもあります。いくつかに参加すると、それぞれのポイントが分かってきます。その中から自分に合っているところを探すようにしてみましょう。ロイヤリティの計算方法や、自分自身の判断がどこまで入れられるかなどを比較してみましょう。

 

コンビニが良く知られていますが、それ以外にも多くのビジネスで利用できます。まずしたいビジネスを決める必要があります。利用するにあたってのデメリットがあるなら、その問題を解決できるのか考えましょう。それが可能なフランチャイザー選びが必要になります。

サイト内検索
記事一覧