【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

人気のフランチャイズの業種はどのようなもの?

このところではFCビジネスが主流となってきました。
個人事業主が安定した収入を得るためにフランチャイズ契約を行い、ブランド力を持って業務にあたるというスタイルです。
収入につなげるためには、トレンドに乗っかることがもちろんですが消費者のニーズに即した業態を選ぶことが大切です。

ここでは、人気のFCの業種に関してまとめました。
今、どのようなFC事業が人気なのか知りたいという方は必見です。

圧倒的にコンビニ事業が人気です

FC事業で一番ネームバリューが高く、ブランド力ありきの事業といえば、コンビニ事業ではないでしょうか。

今やスーパーマーケットよりもコンビニの店数のほうが多く、24時間いつでも品物が購入できるため便利に利用できます。
また、スイーツがおいしい店、企業コラボが多い店、PB商品が充実している店などコンビニごとに様々な強みを持っていますので、地域性と住人のニーズとブランドが合致すれば売り上げもぐんと高くなること間違いありません。
コンビニは飽和状態になっているのでは…?という懸念もなきにしもあらずですが、宅地整理事業などが行われる地域も多く新規開業が期待できる地域も数多くあります。
また、利益を上げている店舗でも経営者が引退するなどの理由から、新規経営者を求めるケースも増えている現状にあります。

こういった理由から、飽和状態にみられていてもFC加盟契約を行った経営者を求めるニーズは相変わらず高い状況にあります。
コンビニ事業の場合、24時間営業を行うための雇用が難しいとされていますが、主婦層や学生などを上手に使うことで解消されます。
また、地域によっては複数店舗のオーナーになれる可能性も秘めていますので、コンビニ経営で財を成すことも可能だといえます。
誰もが知っているブランドが大半ですし、第三者にどんな仕事か説明しなくてもわかってもらえる仕事の一つですので、「安心できる仕事」とみなしてもらえるところもよいところではないでしょうか。

移動販売車(キッチンカー)で食品調理販売

次に支持を得ているのは移動販売車を利用した食品調理販売です。

パンなど調理を行わずに移動販売を行う形態もありますが、焼き鳥やソフトクリーム、カフェメニューといった出来立ての商品をサービスできるキッチンカー事業もこのところ急増中です。
店舗を持たずに、様々な場所へ出向いて調理販売ができるため、タイミングが合えば収益が見込めます。
販売単価も安いため回転率も高いといえます。
店舗経営とは違い、顧客との距離が近くなるため、コミュニケーションをとることが得意という方にも向いています。
運転が得意な方や要領よく設営や撤去ができる方などにもおすすめです。
このところでは、カフェや焼き鳥など「その場で食べられるもの」が人気ですので、消費者側のニーズが高まっていることも後押ししています。

デメリットといえば、既存の車を調理用に改造するために費用が掛かることが挙げられます。
また移動販売車としての営業許可などがとりにくいことも考えられるため、店舗経営より若干ハードルが高いととらえたほうがよいでしょう。
車検や設備メンテナンスの費用は掛かりますが、店舗経営よりもはるかに経費は安く抑えることができます。
移動販売を行う場合、仕入れや保管の問題も出てきます。衛生面に考慮した保管ができる場所も作らなければいけないためこうした投資が求められる場合があります。
出来上がりの品物を仕入れて販売するだけの形態であればこういったことがクリアできますので、移動販売を中心としたFCチェーン情報を集めて検討してみましょう。

お掃除・ハウスクリーニング事業

店舗を持たずとも自宅を事業所にできるタイプのFCチェーンです。
共働き世帯が増え、ハウスキーピングに時間をさけなくなった家庭も増えていることからハウスクリーニング事業が急成長中です。
バスルームやキッチンダクト、エアコンなど汚れがたまりやすいところの清掃を依頼されることが多く、1~2時間程度の滞在で1万円程度の収入が見込めるため、スケジュールをきちんと管理できれば多くの収入につながります。
また、信頼関係が構築されればの話になりますが、リピーターが多いのも特徴です。安定した収入を得たいという方に最適ですし、掃除が好き、細かい作業が苦にならないという方にもおすすめできる事業です。

急成長している事業とは言いましたが、まだまだエリアに競合店舗が少ない状態です。
ニッチを狙ったFC加盟を検討しているのであればハウスクリーニング事業も一案です。
掃除道具が積載できる車と、清掃担当者(1名~2名)、通信手段などがあれば仕事を受けることができます。
自宅を事業所とすることもできるため、少しでも経費を浮かせて事業主になりたいという方にも最適です。

デメリットといえば、一事業所で広範囲をカバーしなければいけないことや他人の家のプライバシーに踏み込む恐れがあることが懸念され、他にもアレルギー発症などの心配もあります。
ただし、こういったことも開業前研修できちんと教育が受けられますのでその点は安心してよいでしょう。

 

ここでは、フランチャイズチェーンで多くの支持を得ている業種を3つご紹介しました。
FCビジネスを検討している方であれば、企業名やブランド名が思い浮かぶであろう知名度が高い業種であることは間違いないでしょう。
確実に収入につなげたいのであれば、このような業態から検討していくとよいでしょう。

サイト内検索
記事一覧