【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの違約金とは?

フランチャイズ契約は本部とライセンスを受ける加盟店が独立事業者として契約するもので、これからフランチャイズ形式で取引を行うという約束を意味します。

契約期間はあらかじめ決められているのですが、期間が終わらない内に何かしらかの理由から契約を終了する場合、お互いの合意や一定条件などを満たすと契約を取り消すことが可能です。

契約期間途中で解約することはできますが、別途違約金を支払わなければいけません。

 

相手に支払うことになる罰金のようなものです

違約金は契約を破棄する際、相手に支払わなければいけない罰金です。

一種の罰のようなもので、契約上義務を負う人が期待通り行動しない場合に発生し、不履行が生じた場合に違約したということになります。

本部が約束通りサポートしているのに、加盟店が突然解約を申し出たようなケースが対象です。

本部には特に損害を与えていないのにどうして罰金を支払わなければならないのかと疑問に思ったり、加盟金をきちんと支払っているのだから反対に一部を返金して欲しいと考える人もいるでしょう。

違約金は何かしらの損害に関して払う賠償金ではなく、予想される損害や失うと予測される収入などの賠償金といった性質があります。

自己都合による中途解約はもちろん、期待されるいろいろな責任を果たさない場合にも金額が発生したり、契約解除といった結末にもなるでしょう。

 

支払わなくても良い場合があります

フランチャイズ契約を終わらせる方法としていくつかあり、例えば期間満了や債務不履行に基づく解除、合意解約や中途解約などがあげられます。

加盟店が契約期間において契約を解約したい場合、解約の原因が本部側の違反にあるなら債務不履行による解除を行うことができ、この場合は加盟店がペナルティとして支払わなくても大丈夫です。

尚、本部の債務不履行をアピールするには契約書をよく読んでから、本部に違反がないかどうかを確認したり確証を集めることが必要です。

本部に違反がない場合、本部と加盟店との話し合いから契約を終了するという合意が成立することもあるのでこの場合は合意解約になります。

この場合も当事者間による合意があるので、加盟店が支払う必要はありません。

但し、本部が契約終了を合意してくれるということが前提になるので、加盟店は経営において契約違反がないということを主張しなければいけません。

本部に落ち度があるなら指摘するといった交渉力も必要です。

このように債務不履行による解除や合意解約ではない場合、本部として中途解約を検討するようになります。

 

契約書は必ず隅々まで確認しなければいけません

フランチャイズに伴い契約書を作成しますが、この契約書には加盟店としてビジネスを行うのに必要な項目がいろいろと記載されています。

重要事項や解約条件などに関して掲載されており、5年や10年といった長期にわたる指示事項や約束事などが発生します。

契約する際、すべての条項を慎重に読む必要があるでしょう。

特に解約したり違約金についてはきちんと分析しておき、細部まで理解しなければいけません。

そうしないと大きな金額を支払う義務が発生するからです。

加盟店が本部との解約を行う場合、見ておくべき箇所として契約期間や更新・終了条項などです。

中途解約なども項目が記載されている契約書もありますが、特に理解しなければいけないことは契約解約の要件やその手続きです。

中途解約にはいろいろな種類があり、任意解約や合意解約、理由によってはペナルティの支払いを免除するなど、加盟店にやや柔軟性を与えているような契約書もあるでしょう。

次に大切なのはペナルティを支払う際の算出方法で、基本的に契約時において自由に設定することが可能です。

どのくらいの金額が設定されているかや、何かしらの数式で計算されるものなのか確認することをおすすめします。

一般的にロイヤルティーの数ヵ月分だったり、数年分になることが多いです。

契約を締結する時に自由に決めることができるのですが、基本的に将来推定されるいろいろな損失の賠償という意味があります。

推定額を超えるような金額なら妥当ではなかったり、暴利行為として裁判になると取り消すことができるものもあります。

必ず金額が妥当チェックしなければいけません。

通常加盟店側に何かしらの原因があって契約が解除されるというケースが多いですが、中には本部の責任不履行などで解約できる場合もあるでしょう。

本部と加盟店の双方が責任に関して理解し、約束通りに果たされているかがポイントになります。

もしどちらかに不履行が生じたなら、双方から契約を解除することが可能です。

 

フランチャイズ契約について本部と加盟店がいろいろな条件を設定し契約書を作成します。

本部の責任不履行などで解約することがありますが、一般的に加盟店が中途解約を希望するというケースが多く、解約の種類によっては違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

契約を締結する前に中途解約の条件やペナルティの支払いに関してきちんと理解しておきましょう。

サイト内検索
記事一覧