【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズでオーナーになるには?

公開日:2018/10/01  最終更新日:2018/11/02

あの憧れのお店のオーナーになりたいという方もいます。
人気の高いフランチャイズ店の経営者になれれば、ネームバリューの高さなどで集客が見込めるメリットもあります。

ここでは、FCチェーンの経営者になるための方法をまとめました。
これからFCビジネスを始めたいと思っている方や、お店の経営者を目指している方におすすめの記事です。

どんな人がFCチェーン経営者になれるの?

FC本部で、条件を設定していることもありますが、基本的に成人の年齢に達した方であればチェーン店経営を行うことができます。
開業には自己資金が必要ですので、預貯金を持っている方はもちろん銀行に借り入れを起こすことができる人というように言い換えることもできます。
学歴を問われることはありませんが、基本的に「物流や流通、といった商業の基本がわかる方」のほうが歓迎されるでしょう。
高校卒業程度あるいはそれ以上の商業の知識があれば大丈夫という意見もあります。

また、パソコンの基本的操作が分かる方というようなスキルも求められます。
FCチェーンの「経営者」でもあり「事業主」として事業を起こすことになりますので、ビジネスマナーは持ち合わせていたほうがよいでしょう。
もちろん、就職試験などで求められる一般常識や一般教養と呼ばれる部分も備わっていると信頼を勝ち得ることができると言えます。

卒業後就職をせずにFC経営に携わる人もいれば、家業の傍らFCの看板を取り入れる人もいます。
このところでは退職金を足掛かりに、第二の人生としてFCショップ経営者になる人も多くみられます。
基本的にはどんな人でもFCチェーン経営者にはなることができ、「経営者=店長」という図式はなく、店の管理や販売等の責任者を別において複数の店舗を運営する事業家・企業家も存在するほどです。

FCチェーンの経営者になる方法

FCチェーン店のオーナーになる方法はとても簡単です。
加盟申請書」に必要事項を記載し、FC本部へ提出し、FC本部の審査が通ればよいだけの話です。
そこで、加盟契約を交わせばFCチェーンの経営者となることができます。

とても簡単にまとめましたが、実際の審査ではFC本部担当者との面談や経歴書から見る人物調査なども行われることがあるようです。
加盟契約時には加盟金や保証金などを支払うことが求められ、この払い込みが認められれば完了です。
ただし、単純にそれだけで経営ができることにはつながらず、厳密にいえば、店舗を持てるまでには数か月にも及ぶ研修を受ける必要があります。

また、ビジネスパートナーとして仕事をする以上、企業が求める知識やスキルを身につけなければいけません。
物流や流通に関する知識はその研修で身に着くものではありますが、実践と重ね合わせたときに、研修内容と実践とがリンクしない場合もあるので、独学も求められる場合があります。
商業や物流、簿記会計などの勉強を行い、自身の理解度をより深めることで、経営者としてのモチベーションも高まるかもしれません。

一部の経営者の中には「加盟金を支払えばそれでOK」というような軽い気持ちで事業を始める方も少なくありません。
しかしそのような責任能力の低さが経営破綻に繋がり、せっかく手に入れたお店が閉鎖をよぎなくされたり、不採算が理由で契約更新がなされず契約満了をもってお店も終了ということになるかもしれません。
このような道をたどる方も年々増えているのです。

FCチェーン経営者になるための心構え

ショップオーナーとして、お店のブランドを背負うので、それなりの心構えも必要です。
先にも触れましたが、「加盟金を支払えばそれでOK」といった意識のままでは、お店の繁栄も望めませんし経営者としても失格という烙印を押されてしまいます。

ここでビジネスパートナーとして、FC本部との信頼関係を高める工夫が求められます。
FC本部としてもお店のブランドの繁栄なくしては成り立ちませんので、加盟店の売り上げアップを後押ししてくれます。
本部担当者から目をかけて育ててもらえるので、魅力ある店づくりにもつながります。

それと同時に、自分の店舗の売り上げを伸ばすことを使命としましょう。
FC本部のサポートを上手に利用することで、売り上げ向上のためにどのような仕事をすればよいのかといったことに集中することができますし、さらにFC本部との信頼関係を構築することにもつながります。
FC本部からは売り上げや利益についてフィードバックが届くこともあります。
けれど「利益」ばかりを追求するあまり店内の従業員同士の空気が悪くなったり、ホスピタリティが皆無というお店になってしまいかねません。
初めは「店を経営することを楽しむこと」にもウェイトをかけていきましょう。
楽しい雰囲気を従業員が持つようになれば、自然と顧客もついてきますし、たったそれだけでも売り上げが右肩上がりになっていきますよ。

 

FCチェーンの経営者はだれでもなれる反面、人を雇うというような重い責任などがついて回ります。
また、経営学とまではいきませんが、商業系の知識があったほうがビジネス上有利に働きます。
けれどもまずは楽しく働くことなども心掛けていけば、次第と売り上げなどもアップしていけることでしょう。

サイト内検索
記事一覧