【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

独立開業するならフランチャイズ募集から!1から起業するデメリットとは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/09/03

日本では給与所得者が労働者の八割以上を占めていますが、自分の思うような経営をして収入を得たいと考えている人は少なくありません。しかし独立開業しても成功するか失敗するかはわからず、失敗した場合のデメリットを考えれば、リスクを軽減するための事前の措置は大切になってくるでしょう。

フランチャイズは経営のノウハウや顧客がいるというメリットもありますが、当然にデメリットあります。

フランチャイズとはどのようなものを言うのか

独立開業する場合は個別の名称を付けて新規に行うことが一般的ですが、既に名前が知られている企業が自分の名称を使い、事業形式も固定化されたものを使って起業できるのがフランチャイズと言います。この形態で多いのがコンビニエンスストアであり、他には飲食店やクリーニング、ファーストフードなどがあります。

このようなフランチャイズは新規に募集していることが多く、条件的にも資金の他は条件が緩和されていて、入りやすいという特徴を持っています。これは募集を行っている企業が拡大戦略を取っているからであり、新規の出店を目指す企業にとっては、募集に応募してくれる人は方針に適合していると言えます。

この事業形態であれば起業するまでの方法を細かく教えてくれるだけでなく、開業してからも適切な指示をしてくれるため、商売をするのが初めての人であっても相談できるところがあり、不安を取り除くことができます。

給与所得者であれば働いていれば会社から給与が支払ってもらえますが、個人事業主になれば自分で収入を得なければ誰も助けてくれないため、顧客が付くまではそれまでの蓄えで生活しなければいけません。

そのようなリスクを軽減してくれるのがこの方式のメリットであり、以前から名前が広く知られているところがほとんどなので利用者も得やすく、最初から経営が軌道に乗りやすいという特徴を持っています。

フランチャイズを利用しないで起業した場合のデメリットとは

フランチャイズを使わずに開業することも起業のための方法ですが、その場合には認知度が高いとは言えないため、顧客が最初は少ないというリスクがあります。名前が知られていない場合には宣伝をしなければいけませんが、それがどこまでいい効果を生じるかは全くの未知数であり、多くのケースで経営が安定するまでには時間が必要になるでしょう。

それが長期間継続するようであれば失敗する可能性がありますが、こればかりは客次第なので本人ではどうすることもできません。多くの場合は知り合いに利用することを促しますが、自分と関係のある人ばかり頼っていても商売はうまくできず、新規の顧客を獲得することになります。

この新規顧客の獲得が最大の問題であり、名前が知られていない間は希望するようにならないのが一般的です。フランチャイズでは既に広まっている名称を使うことができるため、顧客はある程度見込めるところがメリットになります。

また商売の場合は減価償却や人件費、それに利益をどのような比率で考えるかによって継続できるかどうかが決まりますが、経験の無い人ではその割合がわからないので損失が膨らんでしまうでしょう。

フランチャイズではこのような比率についても本部から的確な指示が受けられますし、うまく行かない場合の改善方法についてもアドバイスを受けることができます。この本部からの指示は自分の思うやり方の障害になることもありますが、経営に不慣れな人には状態を維持するために有効になるのは間違いありません。

フランチャイズで起業する場合のデメリットとは

フランチャイズでは本部からの意向が強く反映されるため、開業に際して制限を受けることになるでしょう。商売に関しては、売る商品の種類や売れ残りに対する対応も自由裁量で行えないということになり、コンビニエンスストアでは負担になることが少なくありません。

現在は規制を緩和してくれるところも増えていますが、本部と調整して行うことになるため、店舗を任されて事業を行っているという感覚を持つ人もいます。また募集に応募するためにはまとまった資金を払い込まなくてはならず、この資金を作るのが難しくなっています。

自分で新規開業するのであれば資金に応じた施設を造ればいいのですが、フランチャイズでは決まった様式を堅持しなければいけないので、一定の費用が必要です。またオーナーが求めていない商品であっても本部から販売を促されれば断りにくくなっていて、本意ではない商売をしなければいけなくなることもあります。

これは募集の際の条件に明示しているので、どうしても受け入れられない人はフランチャイズでの開業はしない方がいいでしょう。ただし本部も個人オーナーの声を聞く姿勢は持っていて、どこまで反映してくれるのかわかりませんが、事業を継続する上で障害になる事例を排除することは可能です。

どちらにしても自分の判断だけで全てを行うことができないのは間違いなく、完全な独立開業とは少し異なっていると考えた方がいいでしょう。

 

給与所得者は安定性はありますが、業務内容や収入が会社に管理されているため、やりたいようにできないという窮屈さがあります。そこで独立開業を視野にするのですが、フランチャイズでも制約が存在しています。

しかし売り上げが上がればそれが自分の収入に直結するというのは給与所得者では得にくいため、事業の経営に不安を感じているのであればフランチャイズはいい方法と言えます。

サイト内検索
記事一覧