【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

ネットカフェのフランチャイズを成功させるポイントは?

独立開業するにあたり、ネットカフェのフランチャイズは選択肢のひとつになるでしょう。

都市部であれば利用者が見込め、原価も比較的安く抑えられる期待があります。

経営の実態がどうなっているか、具体的に何をどうすればよいか、開業に向けてまとめてみましょう。

 

ビジネスとしての魅力はどこにあるか

インターネットが自由に使え、ドリンクや軽食を取りながら好きな趣味に没頭できる新しい店舗として爆発的に普及したのがネットカフェです。

漫画喫茶とはほぼ同じもので、略してネカフェと言われますが、海外ではサイバーカフェとも言います。

インターネットにアクセスできる端末が設置されている施設を指し、サービスが広がりを見せた結果、日本ではすでに総合娯楽施設という位置づけになっています。

登場した当初はインターネット環境を整えるためには高額な費用がかかり、気軽にインターネットにアクセスすることが出来なかったことで人気を博しました。

ただ現在ではスマートフォンが1人1台の時代になり、誰もがいつでもどこからでもインターネットにつながる状況です。そのため一時はネカフェ人気にも陰りが見えたこともありました。

ただ、通信速度に特化したり、さまざまなリラクゼーションサービスとの連携を進めたりと、サービスをより充実させたことで再び多くの利用客の獲得に成功しました。

漫画喫茶とは統合した形で、書籍やDVDなどあらゆる趣味嗜好を自由に楽しめる場としてすでに定着しています。

登場当初若者文化の象徴であったネカフェも、現在では老若男女問わず広い世代から受け入れられています。過熱人気が落ち着いたことで、逆に安定した着実な需要が見込めるビジネスとしての魅力が生まれたと言えるでしょう。

これから参入するのであれば、こうした背景をしっかり理解した上で、この先のビジョンを明確にしておく必要があります。

フランチャイジーになるメリット

ネカフェでは飲食物を取り扱いますので保険所の許可が必要となります。申請すべきは喫茶店営業許可、もしくは飲食店営業許可のどちらかですが、ここで簡単なほうを選択するのは早計でしょう。

手続きが簡単な喫茶店営業許可では、提供が認められるのはソフトドリンクと茶菓子類のみとなり、アルコールや食事は提供することはできません。

この先の事業展開を考えてサービスの充実を図るのであれば、やはり飲食店営業許可の申請は不可欠と言えるでしょう。

運営では、食品衛生法で店舗ごとに食品衛生責任者を置くことが義務付けられますので、調理師や栄養士、製菓衛生師などの有資格者が必要となります。

これらの所有者がいない場合は保健所などで行われる講習会を受講し、許可を得る必要があります。深夜にアルコールの販売を行おうとすれば、深夜酒類提供飲酒店営業を公安委員会に届け出る必要もあります。

施設収容人員が30人以上になる場合、防火管理者の配置も義務付けられます。そうした中で果たして個人経営を行うべきか、それともフランチャイジーになるかは判断に悩むところでしょう。

競合が増え、淘汰されて行く市場の中では、個人での参入は厳しい面があるのも事実です。フランチャイジーになれば最初から経営ノウハウが入手できますし、何もわからない初心者でも手探りでビジネスを始めなくて済みます。

そして一番大きいメリットが、必要な設備や書籍などを提携先からリーズナブルに仕入れることができる点でしょう。

これから参入するのであれば、漫画やPCなど商材が豊富になければ魅力が半減します。名前や存在を知ってもらうのに苦労することもなく、有名ブランドで商売ができるのはやはり大きな魅力です。

フランチャイジーとして成功するポイントとは?

ネカフェを成功させるには、初期投資費用を極力抑え他社より豊富なサービスを用意する必要があります。

20坪程度のごく小規模な施設でも漫画本は1万2千冊ほど必要ですし、これだけでも200万円程度の予算が必要となります。座席数が30席ほどだとしても、PCや周辺機器で500万円程度の予算が必要です。

この他にも競合他社はビリヤードやダーツ、カラオケや岩盤浴などありとあらゆるアミューズメントやリラクゼーション設備を提供していますので、どこまで対応するか見極めが必要です。

フランチャイジーになることで物資を安く調達できる期待はありますが、初期投資で無理をすると軌道に乗るまでリスクが高くなるでしょう。

また、獲得したユーザーを本当に定着させるためには、きめ細やかな運営サービスの提供が必須です。

例えば漫画本などは続刊本をスピーディーに仕入れる必要がありますし、IT環境は常に快適な状態を維持するなど、痒い所に手が届く運営を継続しなければいけません。

フランチャイジーであれば、こうした発注業務も本部が対応しますし、PCも適切なリカバリー手段を設けているのが一般的なのでそこは大きなメリットです。

後はいかにユーザーを快適に過ごさせるかが重要ですので、清潔で明るいイメージを保ち、女性でも利用しやすいよう女性専用エリアを設けるなどの工夫も大切でしょう。

 

ネットカフェのフランチャイズを成功させるためには、初期投資費用を最小限に抑え、且つ最大限のサービスを提供することがポイントです。

ユーザーに対してきめ細やかな対応をするために本部と連携し、衛生的で女性でも利用しやすい運営を心掛ける必要があるでしょう。

サイト内検索
記事一覧