【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズオーナーになると年収はいくらぐらいになる?

フランチャイズに加盟することを希望する人が、まず一番先に気にするのは、加盟店のオーナーになったら本当に儲かるかどうかです。多くの独立開業を希望する人が、個人で一から商売を始めるのではなく、加盟店契約を結んで加盟店オーナーになろうとします。

加盟店契約のメリットは、大手企業や繁盛店の経営ノウハウを使うことで、より早い時期から利益を上げて、商売を軌道に乗せられることです。一部のフランチャイズ本部は、新しい加盟店オーナーを募集する際に、参考として収益モデルや実績など資料に掲載することがあります。

それらのデータはあくまでも参考資料であって、加盟店契約を結べば必ずしもこれだけの利益が出せると保証されるものではありません。商売を始めるなら、いくら儲かるかを保証されることなどないと、肝に銘じなくてはいけません。

 

儲けを予測したいなら自分で徹底的に調査分析する

オーナーになった時の儲けを予測したいなら、自分で徹底的に調査分析して、答えを出さなくてはいけません。多くの本部は売り上げ予測を立てられるファイナンシャルモデルを持っています。ファイナンシャルモデルとは、人口密度や立地条件、店舗の大きさ、人の流れ、仕入れ高、スタッフの人数などを数値としてインプットして、売上高や経費の予測ができるという数学的モデルの事です。

オーナーになる前に売上高や経費が予測できるとしたらありがたいのですが、本部のコンプライアンスの関係で、ファイナンシャルモデルの結果を加盟希望者に公表しないところもあります。また本部が出している数値で必ず確認しないといけないのは、仮設シナリオや前提条件です。それらをもとにして、既存店の調査や自分で計算するなどして、実現できるかどうか妥当な収益モデルはどうなるかなど判断しないといけません。

収益モデルに含まれるものは、収入と経費の二つです。収入は売上高のみになります。経費は家賃、仕入れ高、人件費、ロイヤリティなどです。収益モデルの計算は、加盟金、保証金、設備投資などの、初期投資分の金額は計算に入れません。収益モデルとは通常時の収益に対して、初期投資をしてもいいかどうかを判断するものなので、両方を混ぜてはいけないのです。

収益を計算するときに自分の給料を計算に入れる

収益にばかり目が行って、忘れがちになるのが、加盟店オーナー自身の待遇です。自分もお店で働いているのに、収益モデルの計算に自分の給料を入れ忘れて、とんでもなく高い利益率が出てしまい、実際に働いてみたら全然お金が稼げないというケースがあります。お店で働く限りは自分の給料も人件費のうちに入ります。

加盟店オーナーを始める際に意識すべきなのは、年金や健康保険は全額自己負担であることです。小規模なフランチャイズのオーナーが加盟するのは国民年金と国民健康保険です。これらは経費にはなりません。給料をもらった上でその中から収める扱いになります。そのため、店の収益の中から、自分も給料をもらうのだという意識を持つようにしましょう。

加盟店オーナーとして独立したいなら、本部から提示されている収益の目安だけではなく、自分で調査して儲かるかどうかを判断しないといけません。その方がより正確な判断ができるのと、開店後のビジネス展開を考えるヒントになります。収益を計算するときに自分の給料を計算に入れることも忘れてはいけません。

お金の流れを理解して健全な経営を

厚生労働省が2017年に発表したデータによると、飲食店オーナーや個人経営の飲食店経営者の平均年収は627万円となっています。国民の平均は545万円であるため、それよりも少し高い金額になっています。すべての店舗経営者の世帯平均は940万円です。国民全体の平均よりもかなり高い金額になっています。

これだけ見るとオーナーになるともうかるのかと思ってしまいそうですが、赤字店の平均は300万円が平均で、200万円以下の店舗もざらであるという結果が出ています。オーナーになれば必ずもうかるわけではないうえに、店舗の管理やスタッフの雇い入れ、教育など責任が重くなるために、トータルで見ると損している状態になってしまいます。

オーナーが年収アップをはかるにはどうすればいいのでしょうか。1000万円クラスのオーナーは、複数の店舗を経営しているケースが多くなります。オーナーの収入は一般的に店舗の年商の10%と言われています。一つの店舗で年商1億円、月商840万円を稼ぎ出すのは、現実的ではありません。しかし複数の店舗を経営していれば、1000万円も現実的な話になります。

ひとつの店舗の収益が月商400万円程度だったとして、同じような収益の店が2~3店舗あればいいのです。儲かるオーナーになるためには経営に関する勉強を熱心に行い、税金や経費についての知識を深めることが大切です。お金の流れを理解できることで、健全な経営ができるようになります。

 

基本的な経営知識さえあれば、自分の店舗を拡大できるヒントを見つけることも容易になります。定期的に他の店舗の視察を行い、同業以外にも他の業種の人気店からもヒントをもらうようにします。経営者が集う交流会にも顔を出し、経営者同士の意見交換をすることも、経営ノウハウの吸収をすることにつながります。インターネットでの情報収集や、通信教育などで自分の欲しい知識を得るなど、自分の時間を使って努力することが必要となります。

店舗経営のためには、スタッフに対する教育が必要不可欠となります。すべてのスタッフが一定レベルのサービスを提供できることが、顧客満足度をあげ、人気店になる足掛かりとなります。スタッフのスキルが上がることが、店舗の収益アップに直結します。スタッフの研修を始めてから、2年間で売り上げが30%増えたという例もあります。収益を増やしたいのであれば、人材の育成は一番重要となります。せっかく育てたスタッフがやめてしまわないように、働きやすい環境づくりをすることも重要となります。

サイト内検索
記事一覧