【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズとは何?


ほとんどすべてのコンビニのオーナーについては、会社の社員ではありません。コンビニのオーナーに関しては、本来はほかの仕事を持っていた人が大多数です。経験がない状態からでも、オーナーになることができるシステムがフランチャイズになります。

 

 

 

確立されたシステムの主な特徴について

フランチャイズとは、加盟する人間や法人自体が、本部より店の看板や統一されたサービス並びに販売品を活用する権利をもらって、対価を本部へと払うという原理です。 本部については、新たな形でオーナーを迎え入れて、時間をかけずに成果が出る実際の店舗をつくります。

仕入れや販売さらに集客、採用、そして商品開発など、事業を実施する上でどうしても必要な個々の要素を、パッケージにすることを通じて、経験がない状態からでもきちんとビジネスを実施することができるように構成された仕組みです。 個々のノウハウに関しては専門知識とキャリアが必要ですが、加盟している店はノウハウを、まとめて手に入れられます。

支払わなければならないロイヤリティと開業資金

ロイヤリティと言いますのは、本部であるフランチャイザーよりノウハウを受益する代わりに、加盟店であるフランチャイジーが本部に対して払う金銭のことを意味します。 多くの場合では、売上高に対して何%といった形での支払いスタイルを採用しています。月額固定またはロイヤリティ不要など、多種多様なロイヤリティのスタイルが見受けられます。

ひとつの例としてコンビニエンスストアにおいては、売上総利益に対してロイヤリティの計算が実施されます。パーセンテージに関しても、売上総利益高に合うようにして、細かく設けられています。 ロイヤリティと同じ様に、起業において見過ごしてはいけないのが開業資金になります。

開業資金及びロイヤリティを知ることを通じて、開業する場合にどの程度のコストを見ておかなければならないかが読み取れます。ですから、ビジネスを始める前にある程度の見通しを立てることができます。

フランチャイズシステムを活用するメリット

成功例があるビジネスをすぐさまスタートすることができるシステムですが、加盟店にとってはたくさんのメリットが存在します。まず第一に、ブランド力を活用することができることがあげられます。ブランド力については、集客に関する効果の面でアドバンテージといえます。開業スタート日から、行列ができることもあります。 それに対して、無名な店のケースでは、開業する前に戦略立案や実行がない限り、開業スタート日から十分な集客は望めません。リピーターを手堅く拡大していくぐらいしかありません。

更に、持続的な集客サポートが受けられる利点があります。 どういったビジネスでも課題となるのが、集客といえます。とりわけ、小規模店では、広告にかけられるコストを捻出することは困難を伴います。 そういったところ、こうしたシステムの場合、本部が取り組む広告となるので、その分だけ高い金額のコマーシャル費をかけられます。 TVコマーシャルや大規模なチラシ配布など、そう簡単には手が付けられないプロモーション手法を、本部が実施します。

そのベネフィットをそれぞれの加盟店が享受できますので、大きなアドバンテージになります。それに加えて、経験がない状態から参入できることもとても大きな利点です。立地の選定から始まり現実の上での運営まで、管理運営のノウハウがパッケージ化してあります。

接客に関しても具体的なマニュアルがあり、本部の担当者による研修が、数日~数ヵ月に渡って実施されます。開業した後は、スーパーバイザーと言われている担当者が、運営管理や店づくりの提案を行います。 経験がない状態でも希望の仕事で独自にオープンしたいオーナーの夢を実際的に支えてくれる仕組みは、社会的にも意味があります。

また、販売品やサービス開発に関しては本部が実行しますので、運営のみに専念できます。販売品の開発、サービス向上マニュアルのブラッシュアップに関しては、本部の業務です。加盟店については、店の運営や従業員採用などに力を注ぐことができます。

 

フランチャイズビジネスは、過去において店舗を運営管理したキャリアがなくても、失敗するリスクを最小限に抑制するための専門的な知識やノウハウを提示してくれる非常に優れたシステムといえます。ですから、実際に多くの方がこのシステムを有効に活用して成功を納めています。

そして、現実にシステム利用には、未経験であってもすぐにビジネスを始めることができるなどの多くのメリットがあります。 しかしながら、チェーンに加盟することになれば、容易に成功すると考えることは安易といえます。どういったチェーンへと加盟するのか、或いは加盟してからどのようにして成功を収めていくのかは主体的に考えていかなければならないといえます。 このビジネスシステムを最大限活用し、自分自身で納得することができる店の経営を実施していくことが重要です。

サイト内検索
記事一覧