【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

自宅でフランチャイズを開業することは可能?

フランチャイズをしたいと思っていても、まず場所はどこにしようかと悩むこともあるでしょう。

特にそのために引っ越しをするのは大変です。

そこで多くの人は自宅でもできるのかどうか悩むことになります。

この点は大元となる企業や店舗に確認が必要です。

最初から開業場所を指定され、提供されることもあります。

大元の企業や店舗に問い合わせをする

フランチャイズなら自分の会社やお店を持つことができやすいので、独立起業を考えている人などにとっては効率的な方法です。

しかし、そのために引っ越しを余儀なくされることもあります。

最初からどこで開業するのか決められてしまっていることもあるからです。

できれば引っ越しをしたくない、自宅兼用オフィスにしたいという人もいることでしょう。

このような場合には正式に契約する前に、大元の企業や店舗に問い合わせをしておくことが大事です。

場合によっては自宅兼用店舗でもOKといった回答を得られることもあります。

 

一方、お店と自宅が兼用となっている物件を与えられることも少なくありません。

ちょうど引っ越しも検討していた人なら、このような店舗だと一石二鳥となることでしょう。

まず自身の置かれている環境に向き合ってどのようなところで開業したいのか、よく考えてみることが大事です。

交渉次第では現在の自宅をリフォームしてお店兼用とすることもできます。

ただし、それにはリフォーム費用がかかるので、その点も相談することになります。

まず、どんな事業を行いたいのか、そこを明確にしないことには与えられる店舗の大きさも違ってくることでしょう。

費用についてしっかりと確認してみる

フランチャイズ化にあたって自宅兼用オフィス、お店にする場合、それにはリフォームが必要です。

そのままの普通の家では開業できないからです。

そこでリフォーム費用は誰が出すのか、その点を大元の企業や店舗に確認することをおすすめします。

ここは最初にハッキリさせておかないと、後々トラブルになりやすいので注意が必要です。

場合によっては半分ずつ費用を出すという形になることもあります。

もしくは開業後、売上から少しずつリフォーム費用を返していくという形になることも少なくありません。

最初から自己負担になることは滅多にないので、リフォーム代がないからフランチャイズ化できないと単純に諦めないようにしましょう。

 

まずは大元の企業や店舗に交渉することが大事です。

なるべくリフォーム費用をかけないようにするためには、そのまま使用できる箇所を多く残すようにしましょう。

例えば、整骨院や整体院の場合、一階を整骨院や整体院にします。

リビングを待合室にすれば、それほどリフォームする箇所はありません。

家具なども中古品を使えば、それほど費用はかからないはずです。

仕事内容によって条件が異なることがある

フランチャイズのために自宅をリフォームすることになることはありますが、それは絶対というわけではありません。

仕事内容によって条件が異なるからです。最初から整骨院を開業していた家なら、そのまま使用することができます。

看板が大元の企業名に変わるだけです。

つまり、その企業の傘下に入るような形になります。

一方、最初からお店を立ち上げる、造るというのであれば、これはかなりの費用がかかります。

一般的な住宅をスポーツジムにするというのは無謀です。

このような場合、大掛かりな工事期間と費用がかかるので、大元の企業や店舗にしっかり相談しましょう。

この大元の企業や店舗というのが支援の会社となるわけです。

よって、全て自分で決めることはできません。

 

開業してからも何かトラブルが生じれば、逐一、支援会社に報告する必要があります。

そのため整骨院を開業するにしても、使用される機器や備品などは全て支援会社に相談してから用意することになります。

もちろん売上報告もしなくてはなりません。

思うように売上が伸びない場合には、集客効果を図るためにいろいろと工夫をする必要があります。

というのも、そのままではいずれ潰さなくてはならなくなるからです。

そうならないようにするためにも日々、集客と売上に関しては考えていく必要があります。

整骨院や整体院、スポーツジムといったところは、最新の機器がないと仕事にならないこともあります。

誰でも最新機器が取り揃えられているところに魅力を感じるものだからです。

その導入費用なども検討していきましょう。

ある程度の集客が見込めたら新しい機器を導入するというように、計画していくことが大事です。

 

上記のように、自宅でフランチャイズができるのかどうかという疑問は簡単に解決できます。

大元の企業や店舗に問い合わせをしてみましょう。

どんな事業を行うのかによってリフォームが必要になることもあります。

この費用は出してもらえるのか自己負担なのか、その点も確認することが大事です。

例えば、整骨院や整体院は自宅兼用というところが多くなっています。

フランチャイズの場合、このリフォーム代も出してくれることが一般的です。

サイト内検索
記事一覧