【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズは加盟金以外に支払う金銭はある?

フランチャイズ制度は、フランチャイザーと呼ばれる本部会社の支店のひとつとしてフランチャイジー、つまりその支店のオーナーになる事で独立を行う制度です。

この制度を利用すると、自力で独立して起業するよりも安く独立することが出来る上、メリットも多く、何よりも独立の成功率が高いです。

 

 

 

自力の起業にはどんな資金が必要になるのか

フランチャイジーになる事でどの程度初期資金が軽減されるのかを比較するために、まずは自力の独立にかかる費用を計算しましょう。

独自の会社を設立するためには、まず登記が必要となり登記を行うには20万円程度の金額がかかります。

次に必要になるのは、店舗を開くための不動産です。

オフィスだけで済むような企業を設立するのであれば自宅をオフィスにすることも可能ですが、飲食店や小売店を開業するのであれば、それなりに大きく人通りの多い場所の不動産を確保する必要があります。

こうした不動産は賃貸にしても月々10万円以上はかかりますし、購入するならなおさら大金が必要になり、内装を整えるのも自分で行わなければなりません。

その後も、開業したことや自分の店の長所を宣伝するのも必要になります。

開業の宣伝にはビラ配りや貼り紙が有効ですが、ビラのデザインやロゴを外注するにも、ビラを大量に印刷するにもお金が必要です。

加えて、ホームページの開設や情報サイトへの掲載など、インターネットを活用した宣伝にもお金がかかります。

以上のように、自力の独立は大量の支払いが発生する上、面倒な手続きや作業が多いです。

 

フランチャイズの支払いは特徴的

しかしフランチャイジーになる独立方法なら、かなりの作業と費用を節約することが可能です。

例えばフランチャイジーはフランチャイザーの店名や看板を借りることが出来るので、広告費はほとんど必要なくなります。

また不動産の確保や内装もフランチャイザーが行ってくれることが多く、必要となる初期資金は加盟金のみという場合もあります。

加盟金とはフランチャイザーとの契約料です。

しかし自力の独立とフランチャイジーになる独立の決定的な違いは、フランチャイジーはフランチャイザーに対して、独立後もロイヤリティの支払いを行わなければならないことです。

ロイヤリティとは、フランチャイジーがフランチャイザーの店名や商品、及びサービスを利用する代わりにフランチャイザーに支払うもので、販売権使用料と言い換えることも出来ます。

ロイヤリティは、売り上げから歩合制で決まることもあれば、毎月定額を支払う形式のこともあります。

まとめると、フランチャイジーになると初期費用は大幅に削減できる代わりにロイヤリティによって売上が減少するということになります。

 

ロイヤリティに見合うメリットがある

ロイヤリティを継続的に支払うことを考慮すると、フランチャイジーになる独立は自力の独立よりも長期的に見ると費用がかかる可能性が高いです。

しかしフランチャイジーには、その費用に見合う、またはそれ以上のメリットがあります。

まずは大手企業の商品や知名度を利用できる点です。

自力の独立では無名からのスタートを行わなければならないのに対して、フランチャイジーはフランチャイザーの知名度を借りられます。

つまりわざわざ広告費をかけて宣伝する必要なく開業時から利用者に恵まれるということです。

もちろん大手企業ならホームページも開設済みですし、広告を代行してくれる企業もありますし、コンビニやファミレスなら商品を、マッサージ店や塾ならメソッドを利用できます。

次に、フランチャイジーはフランチャイザーから熟練した従業員を派遣してもらうことができます。

するとサービスの質が飛躍的に向上しますし、新人の教育や研修も代行してくれるので、フランチャイジーは楽することができます。

また、研修を受けられるのは従業員だけではなく、経営の熟練者がフランチャイザーから派遣されることで、フランチャイジーも経営者としてのスキルを磨くことが可能です。

3つ目のメリットは、資金援助を簡単に受けることが出来る点です。

例えば売上が芳しくなく、経営回復のために借金もやむを得ない場合や、大規模なリフォームのために大金が必要な場合、自力で独立した企業は銀行から借金をしなければならないのに対し、フランチャイジーはフランチャイザーから資金援助を受けることができます。

銀行からの借金は利子をつけて返さなければならないのに対し、フランチャイザーからの資金援助は利子が低かったりつかない場合や、そもそも返済不要な場合もあります。

こうしたメリットがあるからこそ、フランチャイジーは独立の成功率が高いという訳です。

 

フランチャイズ制度による独立では、フランチャイジーはフランチャイザーに対して加盟金に加えてロイヤリティを支払う必要があります。

しかしフランチャイジーになるメリットを考えるとロイヤリティは大した負担ではありません。

サイト内検索
記事一覧