【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズを失敗してしまう人の特徴

事業主として起業を検討している人の中に「フランチャイズ(FC)事業を始めたい」と考える人が増えてきました。
FC事業といえば、完全にシステムが整っており、マニュアル化された経営ノウハウが確立しているため誰もが利益を上げられるとして注目されています。
その中で「失敗」を重ねてしまう方もいるようです。
ここではFC事業が成功できない方の条件に付いてまとめました。

開業前研修に真摯に取り組まない

加盟店契約を行ったのちに、経営ノウハウを学ぶべく開業前研修への参加が義務付けられている企業がほとんどです。
この研修をクリアしなければ店舗デビューを果たすことができないという決まりがあります。

FCショップのオーナーになったのだから研修は不要だととらえる方もいますが、それは間違いです。
店員の指導や経営なども一手に担うのがオーナーの役割です
事業主であり雇用主でもあるため、研修に真摯に取り組まなければその責任を果たすこともできないでしょう。
中には、研修で学んだことが実践で生かせないオーナーも見られます。
お店のクオリティや信頼を失墜する行為につながりますので、再教育が行われることもあるようです。
それでもクリアできなければFC契約は破棄され営業停止を余儀なくされることもあるほどです。

なかなか厳しいことのように映りますが、大きな規模のFC店になれば、たった一つの店舗が起こした不祥事がブランド全体の信用を揺るがせてしまいます
こうなれば、信頼を立て直すのにかなりの時間を要する上に、利用する顧客がいる以上、ひとつの店舗を閉鎖させることも難しい場合があります。
だからこそ開業前研修はとても厳しいものになることを理解しましょう。
本部があるためすべて任せられるのがFC店の良いところといえますが、事業主として「自分自身で店を構える責任」も自覚する必要があります。

仕入れを見誤る、経費のバランスを失う

FCショップの場合、品ぞろえはあらかじめ決められていますが、季節や地域性、天候やお店の立地などを踏まえた仕入れの件数はある程度店側にゆだねられています。
コンビニなどでは賞味期限切れなどの商品は買い取り・廃棄というような決まりがあり、仕入れを間違えるとお店の損失につながってしまいます
廃棄や損失を減らすため少しずつ仕入れをする店もありますが、店内什器に並べる基本の数を満たす必要もありますので、それもなかなか許されない状況です。
中には誤発注などもあるでしょうし、「売れる」ことを見込んで過剰に仕入れることもあるでしょう。
その結果販売数が振るわなかったということもあるようです。
これでは不採算店リスト入りは免れませんし、次回の契約更新ができない場合も考えられます。

また、FC本部のサポートがあるとはいえお店には水道光熱費や広告宣伝費、そのほか税金などの経費が発生します。
特に注意したいのが24時間営業だからこその水道光熱費で、店内を明るくしなければいけないという点は曲げることができませんが、ちょっとした心がけで経費の節約をすることができます。

税金の負担面や経費の支払いなどで売り上げに対する利益が出なかったというのでは、よしとは言えません。
日頃の経費などをきちんと見て、引き締められる部分があるかどうかといったところを見直していきましょう。
もちろん、税金や公共料金の滞納が続いているということは絶対にあってはならないことです。

接客や従業員とのコミュニケーション不足

FCショップのオーナーである以上顧客とのコミュニケーションは大事にしていく必要があります。
1人の顧客との信頼関係が壊れたら3人以上の顧客が失われるという話もあるほどなので、顧客からのクレームにも真摯に対応することは、開業前研修で十分に勉強していくことのようです。

FC加盟店の規模によっては、従業員を雇う必要があり、労働に関する法令や法律に違反しないよう従業員を確保しなければいけません。
従業員を雇用することは人件費がかかります。
これも経費となりますので、それに見合った売り上げをしなければ従業員の雇用の確保が難しいといえるでしょう。
ただし利益を追求するために、一人の従業員に対し長時間労働を強いる、あるいは休みを与えないということをすれば、法令違反の対象となります。

こういった雇用が常態化していれば、アルバイト志望者もいなくなってしまい、お店が立ち行かなくなります。
FC本部では、従業員が見つかるまでのつなぎとしてクルー支援が入る場合もありますが、それもわずかな間だけです。
また、バイトがすぐにやめてしまう、教育が不十分のまま店舗に出してしまうというようなことも増えてくると、お店としての質を落としてしまいかねません。
できるだけバイト従業員が長く勤めてくれる環境を作り出すこともFCショップオーナーの務めだといえます。

 

これらのように、フランチャイズを失敗してしまう人にはたくさんのパターンがあります。
その中でも顕著なパターンを紹介しましたが、心当たりがあるという方も見られるのではないでしょうか。
多額な加盟金や初期費用をかけて自分のお店として迎えるのですから、それ相応の知識をもって望みましょう。

サイト内検索
記事一覧