【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの失敗例を知っておこう

起業からマニュアル化された経営ノウハウが利用でき、店舗準備も仕入れも経営戦略もすべて本部からの指示が受けられるフランチャイズ(FC)。
独立開業や起業を検討した方に選ばれることもあるのですが、成功しやすい・初めてでも利益を生み出しやすいというメリットがあります。
長く安定した収入がえられ、集客活動をせずとも自然に固定客を獲得できる方法がFC加盟ですが、失敗例も多くあるのが現状です。
ここではその一例を紹介していくので失敗しないFC探しをしている方は是非参考にしてください。

FC本部完全依存の経営での失敗

経営ノウハウがマニュアル化されており、独自性がある経営方針で根強いファンもいるFCチェーン。
商店を開業する場合物件探しから什器調達、コンセプトに見合った内装や仕入れルートの確保といった手間がかかりますが、FCチェーンに加盟することでその問題が一挙解決されます。
店名が持つブランド力品ぞろえの安定性やキャンペーンなどを定期的に開催することで固定客を確保できるといったメリットが高いため、それらに完全に依存した経営をする方も見られます。

FC本部からは、品ぞろえに関する指示などが飛びますが、店舗ごとのトレンドや地域性から生まれる定番商品などの見極めは店長にゆだねられていることもあるようです。
また、仕入れ数に関しても天候や曜日によって大きく変わります。
こういった小さな経営戦略を行わず本部から言われるがままの品ぞろえや経営スタイルで続けていると、飽きられますし「使えない店」と認定されることも。
ブランド力も求心力を失ってしまい、途端に不採算店へ急落してしまう可能性も否めません。

FC店のデメリットは、地域の固定客を一度失ってしまえば二度と戻ってこないことが挙げられます。
これは、いくら加盟店を変更し、ブランドリニューアルを行ったところで経営態度が変わらなければ元の木阿弥になってしまいます。
マニュアル依存での経営ではダメという点は理解しておきつつ、FC本部で地域統括を行うスーパーバイザーに相談をしながら経営を模索していけるとよいでしょう。

資金不足状態での開業における失敗

FC加盟の場合、加盟金など初期費用を準備すれば開業できるという触れ込みが主です。
その言葉を鵜呑みにして、必要な資金だけを額面通り準備して後は売り上げの利益に任せるというような考えを持っている方も見られます。

開業は初期費用のみで大丈夫とはいわれていますが、開業後にも仕入れ費用や水道光熱費などの必要経費、設備維持費というようなランニングコストなどもかかります。
売り上げの利潤などはその日のうちに資金化できるものではなく、自転車操業のような経営を考えている方にとっては、資金不足が大きくのしかかってくることでしょう。
もちろん毎日安定した売り上げが確保できるとも限りません。
加えて経費払いのための営業資金を確保したいという理由で、銀行に借り入れを申し込んでも審査が下りないことがほとんどです。
FCの場合、営業年数が少なければ信用の面で欠けてしまうという理由もありますし、利益が見込める事業拡大にかかる経費の借り入れではないからです。
更に従業員に給与が払えなければ、法に触れることもあり、営業見合わせや廃業に追い込まれることもあります。

このようなリスクも考えられることからも、開業をする場合はFC加盟や開業に必要な初期費用のほか、一年間程度は営業ができるほどの資本を準備しておくことが必要です。
費用面での確保はとても難しいと考えられますが、店内をよくするために什器を入れたい、従業員の給与を上げたいと考えた時でもこの資本は役に立ちます。
退職金で開業したいと検討している方は生活に必要なお金のほか、運営資金の確保にも注意しましょう。

「変化」に耐えられず起こる失敗

先に挙げた「FC本部依存による失敗」にもつながりますが、店独自の経営戦略がないお店必ず閉店に追い込まれます

FCの良いところは季節やトレンドをうまくとらえた品ぞろえです。
期間限定品などもお店でプロモーションしていくことで売り上げにつなげていくことができますし、常に鮮度が高いお店として、顧客を固定することもできます。
ただし、流行は都度変わるように市場の状況も刻一刻と変化します。
近隣に新しい業務形態のお店が進出したり、斬新な経営形態を取り入れている同業他社が近隣に進出したという場合でも、客足の流れは変わります。
また、工事によって車の流れが変わってしまった、マンションが取り壊されたため、客の流れが変わってしまったというように経営戦略ではあらがうことができない事案もあります。

上記の通り、自分の経営責任が問われない場所での変化も失敗の要因となります。
このところでは「キャッシュレス決済」や「インターネット通販」が増えており、実店舗での買い物は少なくなってきた傾向があります。
手数料がかかるため、キャッシュレス決済を導入できずにいるという店舗も顧客を固定することができず、客足が遠のいてしまうことも予想されます。
様々な変化をキャッチしてそれに対応できるかを検討していくことも大切な要素です。

 

以上、FC経営を行う上での失敗の一例を紹介しました。
経営者の努力が求められる部分もあれば、努力など関係ないところで起こる不可抗力もあるようです。
ただし、道路工事など不可抗力の面では、計画情報などを事前にキャッチすることができますし、手数料というリスクを冒してでも顧客に幅の広い支払いの選択肢を与えることで固定客を増やすことができます。

地道なリサーチや努力などで失敗を減らすことも十分可能なのです。

サイト内検索
記事一覧