【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズのメリットとデメリットって何?


初めて事業を行うとき、なかなかうまく運営できない可能性があります。運営に関するノウハウなどが得られれば、運営しやすくなるかもしれません。ノウハウを得る時には契約が必要ですが、内容をきちんと把握する必要があります。

 

 

 

全く運営実績がない状態で事業をするとき

新しく事業をしたいとき、人によっては状況が異なるかもしれません。会社勤めなどをしている人が独立をして、それまでの仕事と同じような内容で仕事をするときがあります。同じような内容なので、最初からお客さんなども多少いる状態で始められるかもしれません。一方全く違う業種で始めるとすると一から行う必要があります。業界のことを知らないと、お客さんも中々ついてくれない可能性があり、軌道に乗る前に資金が尽きてしまうかもしれません。

フランチャイズを利用するメリットとしては、全く運営実績がないとしてもリスクを減らしながら行える点があります。それは多くのサポートが得られるからです。まずはよく知られているお店の名前での出店ができます。お客さんからするとよく知っているお店が新しく出店しただけのように感じるので、他のお店を利用するように来てもらえるかもしれません。

お店の名前も個人で行うと、最初に信用を得るまでに時間がかかります。ビジネスに関するノウハウなどもいろいろと教えてもらえます。どんな商品を仕入れたらいいのか、サービスを提供したらいいのか、価格設定の方法なども教えてもらえます。

デメリットとしては自分がしたい経営ができない可能性があります。お店やサービスの提供において自分自身の理想があるかもしれませんが、基本的にはフランチャイザーの方針に従って運営を行います。フランチャイザーによっては、経営者の意見を取り入れやすいところもあります。

事業運営における管理業務のサポート

個人事業にしても会社の運営にしても、いくつかの業務を行わなければいけません。商品を販売するのであれば、商品を仕入れて販売するのが主業務になるでしょう。それ以外には経理であったり人件費の計算など管理の業務もあります。資金の調達など資金繰りの管理などもあります。いろいろな業務をしながら運営しなければいけません。

フランチャイズを利用するメリットとして、事業を運営するときの管理業務に関わるサポートが受けられるところがあります。初めて個人事業を行うとき、経理知識がない人はかなり経理の帳簿付けに苦労すると言われます。経理のためのデータの入力などを自動的に行ってくれるシステムが使えるところもあるので、経理の知識がなくても簡単に会計帳簿や申告業務などが行えます。

従業員を雇用する時には採用が必要になりますが、採用経験が無ければどんな人を雇ったらよいかわからないでしょう。この点でもフランチャイザーが採用のポイントなどを教えてくれます。初めて開店をするときには採用業務を代行してくれることもあります。

デメリットは管理業務の部分にもフランチャイザーの管理が大きく関わりやすいところでしょう。管理方法が分からないときは助かりますが、ある程度分かってくると自分で行いたくなります。でもフランチャイザーのやり方を元に行う必要があり、独自の方法が取れないときがあります。管理業務のサポートがどこまであるかを契約時に確認しておくと良いでしょう。

売上や利益などにどんな違いがあるか

個人で事業をしたり会社の経営をするとき、それによって得られた売上や利益はもちろん自分自身や自社のものとなります。どんどん業績がアップして売上も利益も上がれば、将来的にはさらに事業を拡大できるかもしれません。一から事業をしたときに、いきなり売上がどんどん増えて利益もどんどん増えるケースはそれほど多くないかもしれません。事業の運営にはそれなりにノウハウがあり、一つ間違えば運営資金がなくなってそれ以上続けられなくなります。

フランチャイズのメリットとしては、売上保証や利益保証などが受けられる点でしょう。契約にもよりますが、所定の売上や利益が得られないときでも、それが得られたとみなして収入を追加してくれるところがあります。増やし方はいくつかありますが、売上があまり上がらないときにフランチャイザーからサポートが来て、その人が運営の代理を行います。それによって売り上げや利益が目標に達せられるようになります。運営当初から軌道に乗るまでは不安定な売上や利益の状態が続きやすいので、売上保証があるのは助かります。

デメリットとしてはロイヤリティがあるところでしょう。お店の運営に関するいろいろなサポートを受けられる代わりに、一定のお金をフランチャイザーに渡す必要があります。売上や利益の何パーセントと決めているところもあれば、毎月一定金額になっているところもあります。独特の計算方法を取るところもあるので、納得して契約するようにしましょう。

 

ビジネスに関するノウハウを利用するとき、何も知らない状態の時は非常に助かります。しかし徐々に経営ができるようになると自分で経営したいと感じるかもしれません。売上保証は助かりますが、ロイヤリティの支払いはつらい部分もあります。

サイト内検索
記事一覧