【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ募集でよくある加盟条件

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/04

フランチャイズに参加するにあたって必須なのが契約というステップです。万全の状態でスタートするため、加盟するための条件を理解しておかなければいけません。

契約するとなった際に焦らないよう、契約において把握しておくべき条件を事前に吟味することをおすすめします。色々な業種が募集していますが条件に納得できる店舗を探しましょう。

本部のプランを加盟店が受け入れる形になる

フランチャイズは本部が加盟店に対して、商標や商号の使用権、サービスや商品の販売権などを提供することによって、対価として加盟店からロイヤリティなどの対価を入手する仕組みです。

契約の特徴として、本部は商標の使用権を提供する義務や対価などを受け取る権利が発生します。加盟店は商標を使用する権利や対価を支払わなければいけない義務が生じるものです。

募集内容は本部によって異なり、基本的に本部が用意したプランやパッケージなどを受け入れることになります。個別による覚書が結ばれるケースもありますが、基本的に加盟店に対して同一の契約書が使われています。本部と加盟店は独立した事業者で、契約上対等な関係です。一定期間において無条件で契約を解除できますが、条件をきちんと把握しなければいけません。

提供される商標利用権への対価として、加盟店が支払う金額を加盟金と言います。これには研修費や開業支援費といった費用が含まれていたり、本部によっていろいろな費用が求められるケースもあるでしょう。費用詳細は契約書に記載されているかをチェックし、記載がないなら詳細を確認しましょう。加盟金は契約が終了しても返却されないことが多いので注意が必要です。募集内容の中にはお金に関することが記載されていることが多いので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ロイヤリティや加盟金などが記載されている

契約書は本部が提供している商標や経営ノウハウなどと、加盟店が遵守する義務内容を具体的に記載されているものです。業種や事業形態によって内容が異なるので、契約書の内容は異なります。

本部に共通する書式などがありませんが、一般的ないくつかの項目が含まれています。例えば目的や当事者の地位、契約期間や商標の使用許諾、営業名および所在地やテリトリー制などが含まれていることが多いです。営業時間等の遵守事項や商品の供給、開業前の指導援助や開業後の指導援助、広告宣伝などを確認することができます。

大事な項目としては加盟金や保証金、ロイヤリティなどが記載されているので事前に良く確認しなければいけません。これらの内容が標準ではなく、名称が異なるケースもあるでしょう。

契約書によって記載内容が簡潔だったり、多種多様な内容が盛り込まれていることもあります。契約書を見慣れていない場合、記載内容が意外と多いことに驚くかもしれませんが、実際契約書にはどんな項目が記載されているか把握するため、事前に雛形などを入手しておくと安心です。

本部が募集する際、説明会を開催することが多く、その中でロイヤリティや加盟金などについて説明を受けることができます。募集している段階において必要な条件を良く吟味し、どの企業と契約するのかいくつか比較検討することをおすすめします。

契約期間やテリトリー制に注意しよう

フランチャイズ契約において特にチェックすべき項目として、契約期間があげられます。フランチャイズ契約期間は本部によって異なりますが、説明会や面談などを通じて契約する前に把握することが可能です。

注意すべきことは契約期間の算出方法で、契約締結日を起点としているのかオープン日を起点にするのかが大切です。それによって必要な資金が変わってきたり、契約期間が満了した後の更新に関して注意が必要だからです。

自動的に更新することになっているのか、何かしら手続きが必要なのかもチェックしておきましょう。更新料がかかるのかなども重要な項目で、事業計画に影響を与える重要な事柄なので将来的なことと悠長に構えずにきちんと確認することをおすすめします。

商標の使用許諾についても重要で、本部のブランドやマークなどの商標を利用できることは強みであり、フランチャイズに参加する理由の1つです。フランチャイズ本部は特許庁に商標を登録しており、その権利を維持しています。

契約書において商標が持っているブランドイメージに影響を与えないよう、例外なく使用条件が規定されているので注意が必要です。商標の不正利用はトラブルに繋がることになるので、契約する前に使用条件などを必ず確認しておくと安心です。

特定地域において直営店の開業を制限するのをテリトリー制と言い、テリトリー制は商圏が守られるメリットがあり、他地域での営業や出店できないという側面もあります。中にはテリトリー制を採用しないところもあるので、詳細を確認し納得できる状態で運営することをおすすめします。

 

フランチャイズに募集する際、いろいろな条件が提示されているので一つずつ吟味する必要があります。ロイヤリティや加盟金などについて契約書には記載されているので、きちんと確認しなければいけません。テリトリー制が採用されている場合、納得した上で契約を結ぶことになります。

サイト内検索
記事一覧