【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

ローン資金だけでフランチャイズ募集に申し込むことは可能なのか

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/03


独立開業する時にはそのブランド力やノウハウを得るといった面でメリットのあるものです。しかしフランチャイズ募集では、加盟料など費用が必要であり、このため資金を用意しなければなりません。この時の資金調達の方法にはさまざまな種類がありますが銀行のローンもそのひとつです。

銀行のローンだけでフランチャイズ募集に申し込める?

フランチャイズ募集というものは常に行われているもので、たいていの場合には加盟料を含めた事業資金が用意できれば利用できるものです。しかし厳しいところでは審査がしっかりとしていて、実際に事業として成立させていけるのか精査した上で判断するようなところもあり、そのようなところでは利用が断られることもあります。

一方で募集に応募してフランチャイズに加盟して事業をするには開業資金が必要です。多くの人は、ある程度、お金を貯めてから行ったり、余剰資金から捻出したりするものですが、現実としては資金が足りない、またはまったく資金を用意していないといった人も少なからず存在しています。

このような時に、足りない資金を調達しなければならず、その一つとして銀行のローンに頼る人も少なくないものです。このようなローンがあると募集する際に不利になるのかといえば、そうではなく申し込み自体は可能です。

むしろその後に加盟が許可されるかどうかは、事業の採算性によります。採算が十分にとることができるような立地での開業であれば、借りたお金を返済することは十分に行うことができますから、事業資金の100%が借り入れによるものであっても問題ありません

一方で、中には事業資金を融資してくれる本部もあり、そのような場合には銀行に頼らなくても、フランチャイズで事業を始めることが可能です。

フランチャイズを利用する理由は?

独立開業する時にフランチャイズが利用される理由として、もっとも多いのが利用者にノウハウがないことです。実際のところ事業を始めるとなると、その仕事だけのノウハウだけでなく会社を設立するまでの知識や手続きも必要です。税金を納めるための経理作業も必要ですし、仕事をしていく上での道具や消耗品も調達しなければなりません。

もちろん、これらは自力で努力して行うことも可能ですが、それにかかる時間が増えて、本業がおろそかになることもありますし、なによりも時間もかかることにもなります。それだけ事業を始めること自体が難易度の高いもので、この点でサポートを受けるという面でも意味があるものです。

一方で、事業を行っていく上でのノウハウを得ることができるものですから、業界未経験でも行うことができますし、本部からのサポートを受けることができるものであれば事業を続けていく上で心強い味方となります。

また知名度やブランド力があれば事業をスタートした時によりはやく成功することができるので、その点でも自力で開業するよりもメリットがあるものです。それに事業を譲渡するといった時にもフランチャイズに加盟していれば、比較的行いやすいメリットもあり、収益性の良い事業となった場合には本部が直営で営業することもありますから、譲渡相手の選択肢が増えるといった強みもあります。

事業資金調達は銀行ローンが利用できるの?

現実的に銀行からお金を借りようと考えた場合には、審査を受けてそれに通った上で融資を受けることになります。審査に通るには、相応の信用力、つまり返済する見込みがあるかが重要とされるものです。

事業資金の場合には個人の信用力にプラスして、その事業の将来性が審査されるものです。すでに事業を始めていれば将来性もわかりやすいものですが、これから開業するといった場合に独自に開業するのは不利です。

この点でフランチャイズを利用して開業するといった場合には自力で開業するよりも、リスクが低いとみられ融資を受けやすいメリットがありますが、やはり将来性に問題があればローンを利用することはそもそも困難なことと言えます。

一方で銀行以外から借り入れることも可能で、開業支援を行ってくれる公的制度もあり、これらであれば低金利で利用することが可能です。こちらは審査に時間がかかったり銀行以上にその時の経済状況に左右されるといったデメリットはありますが、信用力が低い人でも利用できるメリットがあります。

いずれにしてもフランチャイズ募集に必要な資金が銀行のローンによって調達されたものであっても、ほとんどのケースで問題なく申し込みを行うことができ、また開業することができます。ただローンは返済しなければなりませんから、自己資金のみで開業するのと比べれば、より慎重に事業計画や収益性を考える必要があるものです。

 

フランチャイズ募集にはさまざまな資金が必要となりますが、その資金をローンで調達すること自体に問題はありません。実際に100%借り入れで開業しているオーナーも少なからず存在しています。ただし、事業をはじめる前からローンを組むということのほうが難易度の高いものです。

サイト内検索
記事一覧