【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズで開業前には必ず開業前研修を受けよう

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/11/02

「業界未経験でも大丈夫、加盟契約で即開業」というような触れ込みで、あたかも簡単にFC加盟店を開業できるように思わせる触れ込みが多い現状にあります。
もちろん、FC加盟店舗は業界全般的にうなぎ上りの傾向にあり、個人事業主としての開業パターンとしてはポピュラーな方法といえるでしょう。
けれど、そのブランドが持つクオリティを行うことなくお店を存続するには何か秘訣があるのでしょうか。
ここではフランチャイズ(FC)経営には欠かせない開業前研修についてまとめました。

開業前研修とは?どういった事をするの?

この研修は、FC加盟契約を行ったのち、そのお店で提供する技術を学ぶ研修です。開業後はマニュアル化されたFCチェーンのクオリティを守らなければいけない責任がのしかかります。
また、どの店舗でもFC本部が提示する同様のサービスが提供できるよう技術を学ぶ必要があります。

開業前に行う研修では、店の経営理念から、発注仕入れの方法衛生概念などを学んでいきます。
その期間内に新規開店のための建物改装どが進められていくことがほとんどです。
講義などでは「商品や提供するサービスへの理解向上」「接客や運営の技術」「社員やアルバイトに対するマネジメント」などを学び、場合によっては、実店舗で実践形式で研修を行うこともあります。

この研修の期間はFC本部ごとに異なります。
店長待遇での研修を受けなければいけない場合は、数か月に及ぶこともあるようです。
特に、全国規模のコンビニチェーンなどでは、学ぶべきノウハウも多岐にわたるため、時間がかかることが予想されます。
FC店舗によっては営業研修なども入ります。顧客獲得のための営業も店を存続させるためには大切な手段ですので、この手法などの教育も受けます。
「すぐに開業可能」としていることが多いFC加盟店契約ですが、実際に開店するまでの道のりは長いということも覚えおくことが大切です。

研修費用は?初期費用に含まれる?

研修費用に関する考え方は、FC本部ごとに異なります。
一般的にフランチャイジーに対する研修は実費負担となることがあるようです。
ただし、加盟金などの初期費用に研修費用もすべて含まれることもあり、こちらの負担に関しては事前にFC本部に確認しておきましょう。
研修内容によっては交通費や宿泊を伴うこともあり、こちらは実費負担となることがほとんどです。
ただし事業経費として計上できる性質のお金ですので、領収証などは保管するようにしましょう。

なぜフランチャイジーと呼ばれるFC加盟店側が、研修費用を負担しなければいけないのかというところも理解しましょう。
一般的自社の社員に対する研修は会社経費として賄うことができますが、FC加盟店は社員ではなくいわばビジネスパートナーです。
FC加盟店主は事業主ですので、企業(主)と事業主(従)という関係性が成り立ちます。
短期間でその会社のマニュアル通りの作業ができるよう教育をするため「費用負担」をお願いし、ノウハウを伝授するのです。
費用負担をお願いすることで、FC事業に対する責任を持ってもらうことも意味しています。
もちろん、研修後のテストなどを通じて、お店のクオリティを継承できていない場合はFC加盟の話は白紙に戻される可能性もあるので注意が必要です。

このような理由があることも理解し、覚悟を持って研修に臨みましょう。
もちろん、研修を受けた後は秘密保持などの兼ね合いから同業他社へのFC鞍替えなどはできなくなりますので注意が必要です。

研修を通じてFC加盟店店主としての自覚を持とう

これまで、開業前研修で学ぶべきことや費用負担に対する考え方などをまとめました。
FCチェーン店の規則や店のクオリティを守るためのノウハウなどを短期間で学ぶことが求められることを理解していただけたかと思えます。

ただし、「学ぶ」だけではなく、フランチャイジーとしてのFC加盟店店主は「自覚を持つ」ことが求められます。
稼ぐことも大切ですが、FC本部の繁栄を支える立場としてのふるまいも求められます。
少しでもマニュアルからそれた店の風紀があれば顧客離れにつながりますし、たった1つのミスが企業全体の信頼を失墜してしまう可能性もはらんでいます
こうしたことは「ニュースの中の話」ではなく自分自身に降りかかることかもしれません。
研修期間中は研修生として質問しなければいけない部分は必ず質問を行い、自分の中の疑問を払拭しましょう。

また、できる限りFC本部が提示する経営マニュアルを体の中に落とし込み、開店後すぐの状況でも「古くからあった店」同様のクオリティを提供していかなければいけないことも念頭に入れましょう。
開店後しばらくは、スーパーバイザー(SV)や地域統括担当からの支援を受けられるお店もありますが、そう支援は長く続きません。
実践でマニュアル通りのふるまいができるよう研修の段階から自覚を持って取り組みましょう。

 

開店前に行う研修は、既存店舗と同様のクオリティで商品を提供するために必要な期間です。
これをクリアしなければ、念願のFC加盟店店主としてデビューすることができません。
この研修期間内で店主としてはもちろん、FC事業のブランドを背負って仕事をするという自覚をもった行動ができるよう意識を高めていきましょう。

サイト内検索
記事一覧