【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズ規制法とは?

フランチャイズに対する規制法は整備されていないのが現状としてあります。

規制法に近いものとして独占禁止法や中小小売商業振興法が有名です。

ですが、こうした法律はフランチャイズに直接影響を与えるものではないので問題点もあります。

もともと運営側がルールを決めてそれに基づいて契約をするので不公平なビジネスモデルだと指摘されています。

 

 

契約する場合は弁護士に相談する

加盟契約などをする場合は、弁護士などの専門家に相談することが大事です。

弁護士は契約の専門家でもあるのでおかしい点や不利な点があれば指摘してもらうことが出来ます。

これは、契約してからでは対応することが出来ないので契約する前に相談することが最大のポイントです。

独占禁止法の考え方として本部と加盟店との契約上のトラブルが抵触する可能性が高いとしています。

基本的に独占禁止法に抵触しているか抵触していないかで考えるのが法律的な視点となっています。

個々の契約に関しては、契約書にサインしている時点で合意と判断されることがあります。

契約書にサインしていることは、本部にとって最大の強みとなっています。

中小小売商業振興法でも規制をしていますが、機能はしてないと言われています。

早急に明確な規制法が必要であると指摘されている業界でもあります。

明確な法律が出来ない背景には、本部と個人の契約上で成立しているビジネスモデルであることが関係しています。

法律的な規制を設けても契約書で様々なルールを設定してしまうと効力が無くなってしまうことがあります。

 

どこまで介入することが出来るのかが問題

フランチャイズの規制法に関しては、明確な法律が無い点もトラブルが頻発する理由として挙げられています。

中小小売商業振興法や独占禁止法という隣接している法律はありますが、実際に効力があるか疑問視されています。

法律的に規制をしていないため、民事裁判などのトラブルも増えています。

契約書をきちんと読むということが、こうしたトラブルを避けるためにもっとも必要なポイントです。

どんな違いがあるのかを知ることがとても大事です。

トラブル事例などを事前に勉強しておけば、危険な契約を避けていくことが出来ます。

契約者が増えていることから業界団体などにもトラブルが起きないようにするルール作りが求められています。

公正取引委員会が行っている取り組みも法整備ではなくガイドラインに留まっているという現状があります。

加盟者がルールを知って注意することがもっとも大事です。

危険な契約には同意しないという人が増えていけば、自然と業界のルールも変わります。

 

ルールの明確化は以前から求められている

フランチャイズの法整備やルールの明確化は以前から求められています。

具体的に規制する法律が無いという部分は、最大の問題点となっています。

これだけ多くのトラブルが起きていることから早急な法整備は必要となります。

独占禁止法で摘発された例が無いという点なども規制が機能していないことを立証しています。

事実上は、本部側の言いなりというのが現状としてあります。

現在ではコンビニオーナーの団体などが法律の整備が必要だと活動をしています。

政治家などで国会に法律整備を求める声も増えています。

こうした法整備は、多くの問題点をクリアする必要性があるのでとても難しいです。

それよりも1人1人が注意して契約することや知識を啓蒙していくことで大きく変わることがあります。

契約書に書かれていることは本部でも否定することは出来ないため、契約書をきちんと確認しておくことがもっとも大事です。

契約書に書かれていることは、本部にとっても重要なポイントになっています。

最近では加盟者の利益をきちんと考えたシステムも増えています。

 

フランチャイズは、明確な規制法が無いビジネスモデルでもあります。

中小小売商業振興法や独占禁止法などはあります。

ただ、これらの法律は直接的に規制する法律ではないので実際の効力はほとんど無いとされています。

もっとも重要なのは法律というよりも契約書の中身です。

本部も契約書の中身をもっとも尊重するので損をしたくないのであれば、契約書の中身をきちんと確認してから契約することが大事です。

早急な法整備が求められている現状からも分かりますが、業界も含めて明確なルールを作ることが求められています。

近年では、コンビにオーナーなどが法整備を求めて活動しています。

サイト内検索
記事一覧