【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

失敗しないために行うフランチャイズのコツとは

公開日:2018/09/10  


いざ事業を始めてみると、始める前との違いに気づかされるときがあります。あまり違いすぎると事業をやめなければいけないときもあります。上手く事業を続けていくための方法を知っていれば、トラブルも起きにくくなるでしょう。

 

 

 

 

事前にデメリットを知り解決しておく

事業を行うとき、自分で一から行うのがいいのか、何らかのサービスを利用するのがいいのかがあります。自分で一から行えば好きなようにできます。しかしノウハウがなければ将来的にうまく経営ができるかどうかわかりません。それに対してフランチャイズを利用すれば、ノウハウが受けられる可能性があります。それによって事業を順調に進められる可能性があるのです。

サービスを利用しようと話を聞くと、利用に関するメリットばかりが目に付いてなかなかデメリットがあることに気がつかないときがあります。いざ始めてみるとデメリットが多く、それが問題で失敗してしまうこともあります。それを防ぐためのコツとしては、事前にデメリットをしっかり把握しておくことでしょう。

フランチャイザーからの話では聞きにくいでしょうが、既に同業で開業している人などからであれば聞けるかもしれません。デメリットを聞いて、大きな問題がありそうならその時点で利用を辞める判断も必要になります。どうしても事業を行いたいのであれば、デメリットの部分を解決するようにします。

また、他人にとってはデメリットに感じていても自分にとってはそれほどデメリットに感じないこともあります。沢山デメリットの話を聞いたとしても、もしそれが起きてもないと感じれば問題にはつながらないでしょう。実際事業を始めてからもいろいろな問題が起きる可能性がありますが、その都度問題を解決する気持ちを持っていればうまく続けられるでしょう。

複数のフランチャイザーの話を聞いて選ぶ

フランチャイズを利用してビジネスをしようとするとき、既にどの業種にするのかなどを決めているかもしれません。そのビジネスに対するフランチャイザーも探していて、その話なども聞いているのであればどんどん話は進みます。フランチャイザー側も契約をしてほしいでしょうから、親身になって相談に乗ってくれることもあるでしょう。そしてそのまま契約してしまって事業を開始してしまいます。いざ始めてみると、事前に聞いていた話と異なる部分が多く、納得いかないまま事業を続けなければいけない状態になるときがあります。

この失敗をしないためのコツとしては、複数のフランチャイザーの話を聞いておくことが挙げられるでしょう。業種によってフランチャイザーは異なります。大手もあれば中小もあります。日系の企業もあれば外資系の企業もあるでしょう。どうしても自分が知っているところや大手などに注目してしまいがちですが、その他のフランチャイザーの話も聞くようにするといろいろな事情を知ることができるかもしれません。

複数から聞くと、それぞれのメリットとデメリットが見えてきます。メリットからデメリットを引いた差分が最もプラスになるフランチャイザーを選べば、自分にぴったりの事業運営ができるかもしれません。一社しか知らないで決めてしまうと、マイナスのフランチャイザーを選んでしまうこともあります。最終的に最初に決めたところに落ち着いたとしても、選定する作業を入れた方がいいでしょう。

家族としっかり話し合いをしておく

会社で仕事をするとき、通常は自分一人で会社に行って仕事をします。会社から給料をもらって、それを家に入れて生活をします。会社を辞めて自営業を行おうとするとき、一応は自分でその事業を行おうとするのでしょうが、人が足りなくなったときに家族の協力を求めるかもしれません。夫婦で配偶者が専業主婦であれば自宅などにいます。少し手伝ってもらうことにもなるでしょう。

最初は少し手伝うぐらいだったのが、忙しくなればそれどころではなくなるかもしれません。会社勤めをしていたときは平日は夕方には家に戻って土日は休みでした。しかし自営業を始めてからは休みが不定になり、平日も深夜まで仕事をするときもあれば昼間に寝ているときもあるなどライフスタイルがばらばらになる可能性があります。

フランチャイズを利用して個人事業を行うときに起こる失敗としては、家族の理解が得られずにトラブルが発生してしまうことが挙げられます。それを防ぐためのコツとしては、会社を辞める前から十分話し合いをするようにしておきます。どんなライフスタイルになるのか、家族に手伝ってもらうことがあるのかなどを伝え、その上で理解が得られたら行うようにします。

その他の方法として、フランチャイザー側のサポートがあるかどうかです。24時間365日営業だと実質的に休めませんが、緊急の用事などでどうしても休まないといけないときがあります。フランチャイザーによっては緊急時にサポートを派遣してくれるところがあります。

 

経営ノウハウが得られるなどメリットも多いですが、デメリットもそれなりにあります。デメリットを事前に解決しておければ、始めてからの問題は少なくなります。家族経営を考えるなら、家族の理解を得るようにしておきましょう。

サイト内検索
記事一覧