【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの契約解除方法とは

公開日:2018/09/11  


加盟店契約を結んで店舗を経営する場合は、大手企業や繁盛店の長年培った経営ノウハウ、また、独自に開発した仕入れルート、有名店のブランドを使えるということで、経営未経験の個人がいきなり独立開業するよりも、廃業のリスクがはるかに少なくなります。しかし、思ったように軌道に乗らないケースも中にはあります。

 

 

契約期間内に契約終了を申し出た場合

フランチャイズはうまく利益が上がっていれば本部と加盟店の両方が得をするシステムなのですが、思ったより売り上げが上がらなかったなど、加盟しているメリットが感じられなかったとき、契約を終了したいと思う方もいることでしょう。本部が作成した契約書には、加盟店が契約期間内の契約終了を申し出た際の取り決めも書かれています。

多額の違約金を支払わなくてはいけなくなるため、やめたくてもやめられない状況に陥る方もいらっしゃいます。フランチャイズはメリットの多い方法ではありますが、一度契約を結んでしまうと本部と交わした契約内容に基づいて経営しなくてはいけないというデメリットもあります。売り上げが思うように上がらなかった店舗の場合、ロイヤリティの支払いだけで利益がなくなってしまう場合もあります。

契約期間に関する取り決めはややこしく、期間を満了するまでに終了を申し出た場合にどうなるのか、あらかじめ注意しておいた方がいいです。契約書の内容は、本部側が損しないように書かれています。加盟店側が契約を終了させたいと思っていても、終了が制限されていたり、高額の違約金が発生するケースがあるのです。

加盟契約は期間が設けられているのですが、定められた契約期間内に契約終了を申し出た場合にトラブルが起こりがちです。違約金を支払う場合は、法律上は損害賠償の予定という概念で説明され、もともとの売り上げ以上の違約金を支払う義務はありません。違約金の額が適正でないために、支払い義務が無効になったケースもあります。高額の違約金を支払う前に、先に弁護士に相談してみるのが良いでしょう。

契約解除を申し出た時にどうなるかの確認

契約期間終了前に加盟店が契約を解除するためには、事前に解約の意志を本部に伝えたうえで契約することになります。中途解約は、企業ごとに細かく決められた契約内容に基づいて、厳粛に行われることになります。解約料が発生する場合もあれば、支払いしなくても解約できる場合もあります。

そのような条件の違いは、契約書にサインをしたときにすべて承諾しているものとみなされます。契約書を受け取ってからサインをするまでの間に、契約書を隅から隅まで読み分からないところは、自分で調べるなり人に聞くなりして、完全に理解した状態でないと、サインをしてはいけないのです。同じ企業と契約を結んでいる先輩オーナーや、法律の専門家に話を聞きに行くのもいいでしょう。

契約内容が加盟社にとって不利な条件になっている場合は、本部とじっくり相談したうえで有利な条件を勝ち取るという方法もあります。加盟店契約は解除できない場合もあり、自分の意志で解除の上、店を閉めることができないケースもあります。企業側の言い分としては、加盟店に自分たちの経営ノウハウを提供して、店舗経営ができるまで研修などで教育を施したのに、契約を解除されてしまうと、それまで提供したものに対する対価が受け取れなくなってしまい困るということです。

そのため一定期間がすぎるまでは、加盟店側からの申し出で契約終了することができなくなっているのです。これでは売り上げが上がらず働いても利益が出ない状態で、経営を続けることになってしまいます。契約書にサインをする前に、解除を申し出た時にどうなるかの確認もしっかり行っておくべきです。

解除の申し出時期をいつにすればいいのか

加盟店契約に限らず、何らかの契約を解除する場合は、前もって解除の意志を相手側に伝えるものです。その伝える時期をいつにするかは、それぞれの企業の取り決めが違うためバラバラなのです。3か月から6か月前に申し出るのが平均的ですが、必ずしもこの通りだとは限りません。それ以上前に申し出ないと解除できない場合もあるため、注意が必要です。

解除の申し出が遅れてしまうと、こちらが店じまいしたいタイミングと会わなくなってしまうことになります。解除の申し出は、どれくらい前にしておけばいいのか、しっかりと確認することが必要です。契約を解除する場合、企業によっては特別な取り決めがない場合もあります。

中途解約の定めがない場合は、双方が納得できる形になるまで話し合いを重ねて、合意解約という形で手続きを取ることになります。合意解約は本部と加盟店が話し合いの上、合意した状態で契約解除が成立します。より柔軟な解決ができる契約解除の方法として知られています。どちらか一方だけが有利な条件を飲ませるということも起きにくいでしょう。

 

期間満了によって契約が終了する場合は、解約金などは支払わずに円満に脱退することができます。加盟店契約において、期間の満了を待って契約を終えるのが一般的です。中途解約や合意解約の場合は解約金が発生しますが、期間満了まで待てば、お金を払わなくても済むのです。解約金がネックになって、なかなか契約解除に踏み切れない場合、期間満了まで待つというのも方法の一つです。

サイト内検索
記事一覧