【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの契約までの流れとは?


書類を読んでサインをすれば終わってしまいますが、重要な内容も含まれるので慎重に話を進めるようにしましょう。まず利用するフランチャイザーを決めたら何をするのかを確認しましょう。その流れに沿って、話を進めていきます。

 

 

 

 

加盟をするにあたっての審査を受ける

銀行からお金を借りる時や、賃貸物件を利用する時には事前に審査を受けます。お金は借りれば将来的に返済が必要になります。賃貸物件は利用するときに賃料が必要になるので、それが払えなければいけません。返済能力であったり支払い能力があるかの審査が必要になります。逆に言えば将来的に支払う必要がないなら審査などは行われないでしょう。何らかのサービスを利用する時には審査が行われたり行われなかったりするので注意しないといけません。

フランチャイズを利用するにあたって、いくつかのフランチャイザーを比較して、あるフランチャイザーに決めたとします。契約までの流れとして、まずは申し込みを行います。申し込みをするとその後に利用するのに的確かどうかの審査が行われます。お金を借りるわけではないのに審査が必要なのか気になるところでしょうが、ビジネスの内容によっては事前にお金を借りたり、土地や建物の貸与を前提にしていることがあります。

コンビニなどであれば、オーナーが最初から土地や建物、その他の備品などを用意しなければいけないわけではありません。一定部分はフランチャイザーから借りたりすることができます。お金や土地などを借りるとなると、それらを返済したり賃料の支払いをしたりが必要になるので、そのための審査が行われます。ビジネスの中にはノウハウの提供のみの時もあります。その時はそれほど厳しい審査が行われないときもあります。新たにお店を建設するときは厳しめの審査が行われます。

実際に運営するお店の立地選定や開発

事業を行うにあたって、既に自分の土地であったり店舗などの場所があるなら問題ありません。それを使って行えばよいでしょう。しかし不動産などを全く保有していないのであれば、事業を行う場所が必要になります。フランチャイズを利用して事業を行うとき、契約までの流れとして運営するお店の立地選定や開発があります。

自分で土地を持っているときは、自分の土地を使って行える時もあります。ただお客さんに来てもらう必要があるビジネスだと、集客力がある立地かどうかが必要になります。フランチャイザーとしても、設立して利益が見込めなければ意味がありません。土地があるときにも、その土地でどれ位の集客が見込めるかなどの調査を行います。土地がない時には新たに出店をするための土地の選定が必要になります。まだ土地が決まっていないときは、調査を先行して行うときもあります。十分な集客が見込めるとわかってから、そのための土地を取得することもあります。

土地が決まって集客に関する情報も集まったら店舗の開発を行います。新たに建設をすることもあれば、既にある物件の居ぬきで行うときもあります。コンビニなどの店舗だと店づくりをしないといけませんが、クリーニングサービスの提供をするビジネスなら人が待機する場所を作れば済みます。それほどスペースもいらないときもあります。店舗開発時においてはオーナーが決まっているわけではないので、まだ正式なサインをしていなくても話は進められます。

中身の内容を確認してサインをする

サービスを利用するにあたっては、必ずサービスの内容を確認しなければいけません。細かい文字でたくさんの書類があるとそれを全て確認するのは大変と感じるかもしれません。でもそのサービスを受けることで自分の生活に大きく影響するときもあります。

まず個人事業を行うにあたって、フランチャイズの契約をしようとするときにはフランチャイザーの選定をしたり、申し込みをしたりします問題が無ければいよいよ実際に運営をする店舗などの決定をしていきます。決定をしたからと言ってその運営者になったわけではありません。流れとしては、最終的にサインをしたときに締結となります。

サインをする前に書類にしっかり目を通し、気になる点があるときは質問などをしておきます。賃貸物件などを借りる時には専門家による確認をしたりしますが、それに近いと言えるかもしれません。いざサインをしてしまうと、そこに書かれている内容を理解して、承認したことになります。その中に利用者にとって不利なことが書かれていたとしても、それに納得してサインをしたと言われてしまうかもしれません。

わからない言葉などが出てくることもあるので、その日にすべてを終わらせようとせず、じっくり内容の把握をするように勤めましょう。場合によっては書類を持ち帰って、自宅などでしっかり読んでから別の日に改めてサインをするときもあります。その時点でお金のやり取りはなくても、その後に大きなやり取りにつながる可能性があるので、慎重に行いましょう。

 

まず利用するにあたっての申し込みをします。その後にビジネスによっては審査が行われます。金銭の貸与や設備などの貸与などがあるためです。物件の決定や開発が終わった後、書類を確認してサインをすれば完了です。

サイト内検索
記事一覧