【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

加盟金ゼロでもフランチャイズを開業できる?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/03/25

フランチャイズオーナーが用意する開業資金はアンケートなどによると300万円から500万円が一般的となっています。

開業資金はフランチャイズの種類によって異なります。こうしたビジネスに参加するために最初に必要なのは加盟金ですが、こうしたお金が必要ないこともあります。

加盟金のあるなしによって、開業資金が大きく異なることもあります。一般的には加盟に必要なお金を支払うことによってフランチャイズの本部が長年かけて培ってきた知識とスキルを得ることができます。

 

 

必要な開業資金を上手く分類する

 

ビジネス開業に必要な資金として保証金などがあります。

保証金は契約終了時には変換されるのが一般的となっていますが、返還の有無はフランチャイズによって異なりますし、変換する内容も異なります。

こうした保証金は加盟後に発生する商品仕入れ代金やロイヤリティなどの支払いの担保となります。ビシネスをスムーズにスタートするには研修が必要ですので研修費も必要となります。

こうした研修期間は一週間程度のことが多いですが、飲食業などは2ヶ月ぐらいのこともありますので、研修にかかる費用の確認は大切です。無料で加盟したとしてもビジネスには様々な費用がかかります。

 

その開業場所のことなどを意識する

 

フランチャイズの開業場所は自宅などのこともありますが店舗を借りる場合が多いです。

店舗を借りる場合は、敷金・保証金・礼金・仲介手数料などが必要です。物件を借りて経営する際には、店舗に改装する必要がある場合もあり、内装代や設備代なども開業の際に必要になることもあります。

こうしたコストの確認は確実に行う必要があります。店舗経営をするには人を採用する必要があり、人件費も必要となります。一人また夫婦での経営以外は店舗経営がスタッフを採用します。

たとえ加盟金が必要でなくても、開業には様々な費用がかかります。ビジネスをするには広告を行う必要があり、広告宣伝費やレジを効率化させるためのPOSシステムなどの導入費用も必要です。

自宅などで開業可能なビジネスは初期費用があまりかからない場合もあります。こうしたビジネスで加盟金が必要ない時は、かなりコストを抑えてビジネスを開始するのも可能です。

必要なコストはビジネスの種類によって異なります。車一台で開業が可能なビジネスは、車に関する費用が開業に必要な主な費用となります。加盟に必要なお金だけでなく、費用を考える際にはビジネス全般にかかる費用を想定するのが大切です。

 

開業の際に必要な費用などを考える

 

自分が負担する費用を知るのは大切で、自己負担の費用はビジネスの種類によって異なります。

店舗経営には土地が必要になり、物件を取得する必要もあります。土地や物件の取得費用などを個人が全て負担することもありますし、フランチャイズ本部が負担する場合などがあります。

こうした費用を本部が持ち、加盟金も必要ない場合は比較的低資金で開業ができます。ビジネスを開始する時には借り入れ活用することも多く、助成金や補助金の存在を知るのも大切です。

助成金や補助金を申請することでも、自己資金の割合を少なくできます。助成金や補助金の存在を知るには、国や地方団体などへ問い合わせをしてみると良いです。ビジネスを開始するには費用面など様々な不安が生じる場合もありますが、フランチャイズによっては開業資金が不要で、本部が立て替えてくれることもあります。

報酬面での不安がある場合は、固定報酬があるかどうかの確認が大切です。毎月の固定報酬にプラスしてインセンティブという報酬体系を取っている場合もあります。

ビジネスを開始するには報酬体系を知って、報酬がどのくらいになるかを推測するのが大切です。加盟に必要なお金は助成金や補助金やなどで賄うことも可能です。様々な知識を得てお得にビジネスを開業するのは重要です。

 

フランチャイズの種類は様々で、車一台で開業可能なこともありますし、自宅で開業可能な場合もあります。

こうしたケースで加盟金が必要ない場合は、比較的低コストで開業できて便利です。店舗経営などをするには知識やノウハウが必要になり、本部から知識やノウハウを得るのが大切です。

ビジネスを開始する時は、諸費用のことだけでなく、その後の経営に関することを考える必要があります。ビジネスの費用を考える際には総合的な視点を得るのが大切です。

経営全般を考えて、費用を考えるのが重要です。たとえ初期費用がかかっても、経営が安定すると最終的にはお得となります。

サイト内検索
記事一覧