【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの開業資金の相場はどれくらいになる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/03/25

フランチャイズに加入する場合には、必ずお金がかかりますが相場はどれぐらいになるかを知っておく必要があります。

それがわからなければ、やみくもに始めることになり失敗する可能性があるからです。

そこで開業時の資金や加盟金・ロイヤリティがいったいどれぐらいの相場になるかを見ていきましょう。

 

最初に用意しておくお金の相場はどれぐらいか

 

フランチャイズ契約を行う場合には、様々な面でお金がかかってきますが、独立する前の段階でいくらぐらい用意しておいた方がよいでしょうか。

これは、どのぐらいの規模のお店を開くかによっても変わってきますがおおむね最初の段階で300万円から500万円のお金を用意してからスタートしている人が多い傾向にあります。

2番目に多いのが100万円から300万円になります。3番目は1万円から100万円未満となっており全体の6割以上が1円から300万円となっていることに驚く人もいるでしょう。つまり、スタートするときには実際にいわれているほど用意していないことがわかります。

そうだとすれば、スタートの時はそこまで金銭面のことで神経質にならなくてもよいことが理解できるはずです。逆に、1000万円から2000万円の金を用意した人は全体の8パーセントほどしかいません。

では、実際にお店を開くときにどれほどのお金がかかるのでしょうか。

その相場を見ていくと、開業資金に関しては、一番多いのが1円から100万円になります。全体を26パーセントほどがその程度の金しか用意していません。2番目は、300万円から500万円で24パーセント、3番目が500万円から1000万円で21パーセントです。

それ以外にも、100万円から300万円の間の資金で開業した人はおよそ13パーセントになります。ここからわかるのは、1円から1000万円の範囲内で開くことができるお店は全体の80パーセント以上に及んでいることです。

実は、開業するときにかかるお金は1000万円とも2000万円ともいわれているフランチャイズ契約ですが、実際にはそれ以下のことがほとんどになるわけです。このようなことがわかれば、フランチャイズ契約自体それほど敷居が高くないことが理解できるはずです。

ただ、あくまで開業資金に関しての話しでありその後にかかる運転資金などはこの中に含まれていません。

 

ロイヤリティの相場を知っておくことも大事

 

フランチャイズ契約をする場合には、毎月ロイヤリティを払うのが基本になります。

最近は一切ロイヤリティをとらないようなところもありますがまだまだロイヤリティをとる契約の方が圧倒的に多いです。では、いったいどれぐらいの相場になっているでしょうか。

これがあまりにも高いと黒字になったとしても取り分が少なくなってしまい、厳しい経営が続くことになります。ですが、これが少なければそれほど売り上げが伸びていなくてもある程度は安定した経営をすることができることが魅力になるでしょう。

ロイヤリティは、業種によって異なってくるところですが、例えば飲食店の場合には3パーセントから10パーセント程度と比較的少ないのが特徴になります。

なぜこのように少なく抑えられているかといえば、営業をするに当たり人件費と材料費が大幅にかかるからです。その上に高額なロイヤルティーをとってしまうとたいていのところでは経営ができなくなってしまいます。

学習塾の場合は、10パーセントから30パーセントほどが相場になります。飲食店と比べると高くなりますがこれは材料費があまりかからないことや原価もあまりかからないことが理由です。

コンビニエンスストアの場合には、30パーセントから40パーセントぐらいになっています。これは、人件費があまりかからないことが理由といえるでしょう。たいていのコンビニエンスストアでは、1時間当たり2人から3人程度のスタッフしか動いていませんのである程度ロイヤリティが高くても問題ないといえます。

 

加盟金の相場はどれぐらいになるか

 

フランチャイズ契約を結ぶ場合には、加盟金の存在も忘れてはいけません。

加盟金とは本部に加盟する時に支払うからです。このお金を支払うことにより、その本部のブランドの看板を掲げたり本部で扱っている商品を販売することができます。これによりスタートの時点からある程度のお客さんの数を見込むことができ、早い段階で赤字を回避することも不可能ではありません。

では、加盟金はいったいどれぐらいが相場になるのでしょうか。まず、無店舗型と小型店舗型の場合には100万円未満になることがほとんどです。

小型店舗とは、コンビニエンスストアよりも若干小さいお店です。例えば立ち飲みチェーン店などはこれにあたります。一方コンビニエンスストアぐらいの大きさになると、200万円くらいが標準的な金額になるでしょう。

 

フランチャイズ契約をする場合には、まず最初に開業資金を用意することが必要になります。

この費用はどの規模のお店を開くかによって異なりますが、8割以上の人は1000万円未満しか用意していません。また、開業する場合にも1000万円未満になることがほとんどです。

ただそれ以外に、ロイヤリティや加盟金と呼ばれるものを支払わなければなりません。特に、ロイヤリティは毎月発生するものですのでこの数字を理解しておくことはとても大事になります。

一般的には業種によって異なりますが、人件費や材料費がかかる飲食店は3パーセントから10パーセントほど、学習塾になると10パーセントが30パーセント、そしてコンビニエンスストアは30パーセントが40パーセントぐらいです。

サイト内検索
記事一覧