【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

日本と海外のフランチャイズの違いは?

フランチャイズのシステムが生まれたのは19世紀のアメリカだと言われていて、日本に入ってきたのは1960年代ごろです。アメリカで成功した方法をそのまま日本に持ってきて、組織化をどんどん加速させました。個人やほかの企業が運営する店舗と契約を結ぶことで、企業はたくさんのチェーン店を労力無く増やすことができます。

経営ノウハウや独自の仕入れルート、有名店の看板を使わせる代わりに、店舗の確保や光熱費の支払い、スタッフの雇い入れなどはオーナーに任せることができます。売り上げの数パーセントをロイヤリティという形で集めることができるため、その分の収益も増えます。

加盟店オーナーの側のメリットは、独立開業して、一から自分一人の力ですべてをやろうとすると、軌道に乗せるまでに倒産するリスクを負ってしまいます。大手企業の経営ノウハウを、使わせてもらうことで、一から一人の力で頑張るよりも、商売を続けやすく、倒産して負債を抱ええる危険を減らすことができます。

アメリカでシステムが確立した理由

双方にとってメリットがあるシステムですが、発祥の地であるアメリカと、日本で独自に考えられた経営ノウハウでは、年月が経つにつれて、違いが出て来たようです。フランチャイズのシステムは、アメリカで、すべての人にうける経営方針を目指したところから始まりました。成功するビジネスノウハウを、加盟店舗のオーナーに押えて、手っ取り早く自社の看板をつけた店舗を増やせるシステムです。人種や民族によって、求められる商品やサービス、接客対応なども変わってきます。ありとあらゆる民族の意見を取り入れて、どこからもクレームが出ずに満足してもらえる、中間点を探し、どこででも成功するノウハウを作ったのがアメリカ式のシステムです。

アメリカで流行ったのは、アメリカが多民族国家であるため、だれにでも喜ばれる企業づくりを目指したからです。同じアメリカ国籍であってもさまざまな人種、民族がかかわることになります。ひとつのお店に様々な人種のお客さんが来ます。世界中のあちこちから人が入ってくるために、求められるものもバラバラです。そのため、いろんな立場から見た意見が企業に集まることになるのです。アメリカで成功する経営方針を守っていれば、さまざまな人種や民族のニーズに一度にこたえられるため、理屈の上では、世界中で受けるマニュアル作りができたことになります。

日本国内では土地に合わせたマニュアルが必要

一方日本では、アメリカのように多種多様な人の意見が反映されることはありません。土地ごとに風土、風習の違いがあり、求められるものも違っていて、土地に合わせた経営をしないとそっぽを向かれる傾向があります。1970年代に外資系企業の日本進出が相次いだため、FCチェーン店というと海外企業のイメージが強かったのです。その後日本式のノウハウを取り入れた方式が確立されて、注目を集めるまでになっています。

アメリカ式と日本式の違いで特徴的なのが、日本式はその土地の風土に合わせることです。現地の風土や風習に合わせることで、実際にお客さんとして訪れる人に合わせた商売ができるようにしています。出店する土地に合わせた、店舗運営マニュアルや、商品管理マニュアルを用意します。細かい接客マニュアルや、もてなしの精神、店を出した後のアフターフォローも万全であるなど、日本人が作った独特のシステムが、注目を集めたようです。

日本全国で8000店舗を出店しているコンビニエンスストアも、地域に貢献する気持ちで店舗運営する姿勢が成功へのカギとなりました。国外に出店するときも、日本で使っていたマニュアルをそのまま流用するのではなく、その土地の風土や風習を学んだうえで、マニュアルを作り、一番お客さんに喜ばれる店舗運営を目指すのが、成功につながるのでしょう。

アジア諸国への進出が増えている

日本のFCチェーン店がアジア諸国に出店するという話題が相次いでいます。かつては日本企業のアジア進出といえば、低コストを目指して、人件費の安い海外に工場を作るのが一般的でしたが、現在では小売店やサービス業などがマーケットの獲得を目指して、進出する例が増えています。近年の日本食ブームが続いていることもあり、外食産業が展開を進めています。

特に世界人口の6割を占めているアジアのマーケットは、経済の成長と人口の増加により購買力が増しています。アジア諸国は日本と食文化が似ていることや、比較的日本ブランドに好感を持っている人が多い事も、日本企業がアジア諸国に進出をはかりたがる理由になっています。しかし、進出したはいいもののうまくいかずに撤退する例も増えています。

 

海外で成功することは簡単ではなく、念入りな準備が必要となります。ほとんどの出店がFCチェーン店であることなどから、現地に合わせたマニュアル作りが課題になっていると言えます。日本国内でおもてなしの精神が受けたように、日本以外で進出する場合にも、その土地で喜ばれる店舗づくりを研修するところから、はじめるのが成功の足掛かりになると思われます。

サイト内検索
記事一覧