【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの会員になっているお店はどのような職種が多い?

フランチャイズとは、企業と加盟希望者が契約を結んでビジネスパートナーとなるシステムで、大手企業や繁盛店の経営ノウハウ、独自の仕入れルート、商標などを使用する許可を与える代わりに、ロイヤリティという対価を支払う仕組みです。

企業側から与えられる権利をまとめてパッケージと呼びます。加盟者からすると、独立開業したときの廃業リスクを少なくできるというメリットがあります。解約を結んだことで企業側から与えられるものは、個人が未経験の状態から手に入れようと思ったら、長い時間と大変な苦労を必要とするものばかりです。それを最初から与えられて、開業に必要な知識をつけるまで、数日から数か月にわたる研修までしてもらえます。

独立開業したとき、個人で経営していた場合、5年後に店舗の経営が続いている確率は25%しかないのですが、加盟店契約を結んだ場合は、5年後に店舗が続いている確率は70%になり、明らかに廃業リスクが少なくなることを示しています。

コンビニエンスストアなどの小売業

フランチャイズに多い業種は、大きく分けて3つあり、小売業、飲食業、サービス業です。小売店で最も目立つのは、コンビニエンスストアなど、街中にあるお店です。本部は大手企業が多く、独自の仕入れルートを開発しており商品を安く仕入れることができるという、メリットがあります。

店舗のネームバリューがあり、自社ブランドの商品を作っているところも多く、一定数のお客さんをもともと捕まえている状態になっています。安定した価格の商品と、一定レベルの接客サービスを与えられるように、スタッフの教育が施されています。店舗は開業した後に、スタッフの教育を目的とした研修が開かれるなど、アフターフォローもされています。

お客さんに一定基準のサービスを与えることが目的であるため、店舗の改装や、商品を置く棚の作り、商品の配置方法など、本部に従わなければいけないことがたくさんあり、店の作りの自由度は低いです。

ファストフード、居酒屋などの飲食業

飲食業は店舗を構える形式と、屋台などの移動式があります。開業にかかる資金には非常に幅があり、いくらあれば開業できるというはっきりした金額が決まっていません。有名なファストフード店や、全国にチェーン店のある居酒屋、コーヒーショップなど、すでに全国に名前が知れ渡っているような有名企業と契約を結び会員になる場合は、だいたい初期費用がとても高額になるものです。開業するまでにかかる費用が数千万円にも上る場合もあるため、未経験の個人が独立開業するにあたって、有名飲食店のオーナーになるのは、ハードルが高くなります。

飲食業の加盟店契約でも、ラーメン屋の店舗経営や、屋台などの移動販売形式であれば、初期費用は100万円程度で開業することが可能になります。飲食業には加盟店計画以外にも、のれん分けの制度や、社員の独立開業の制度があり元々自社で長く働いていた従業員を独り立ちさせる形で、経営ノウハウや仕入れルート、店の名前を使う権利などを与えることもあります。

将来飲食業のオーナーになりたいと思っている人は、どのシステムが一番自分に向いているか、良く調べてから動くのが良いでしょう。飲食業の場合、経営ノウハウや仕入れルートだけでなく、接客の良さが利益を上げられるかどうかの一番の決め手になります。接客に向いているスタッフを雇い入れることと、スタッフの教育をキッチリ行うことが、飲食業の経営が成功するかどうかのカギになります。

介護施設、便利屋などのサービス業

サービス業も加盟店契約でのチェーン展開が多い業種です。サービス業とは、後に残る商品を販売するのではなく、効用や満足感を与えるサービスを提供する職種の事です。美容師や娯楽施設、介護施設、機械修理、ハウスクリーニングやリフォーム工事など多岐にわたります。

スタッフの質が最もよく見られる業種であり、一定レベル以上のサービスを提供しているとしても、スタッフの対応が適当であったなどの理由で顧客満足度は下がってしまいます。一番お客さんとの接触が密になるのがサービス業です。商売が軌道に乗るまでが長く、独立してから一定期間は儲からないことを覚悟していた方が良いと思われます。

加盟店契約の際には、店舗の確保や経営能力以外にも、人柄やコミュニケーション能力など、人間性を見られて契約しても大丈夫かどうかの判断を下されることがあります。人によって向き不向きが大きい職種だと言えるでしょう。法人向けのサービス業については、有名飲食店と同じように、開業までの初期費用が高額になります。街の便利屋などの無店舗型の経営であれば、初期費用は10万程度からと、かなり安い金額での独立開業が可能となります。

 

フランチャイズに多い業種は、小売業、飲食業、サービス業の3つです。加盟店契約は、企業側からすると、店舗の数を手間なくスピーディーに増やせるというメリットがあります。最初に加盟店オーナーの教育をしておけば、店舗の経営はすべてオーナーに任せることができます。店舗となる物件の確保、スタッフの雇い入れ、光熱費や必要経費の支払いなどはすべてオーナーの仕事になります。

自社直営店を増やすよりも、はるかに手間がかからないため、全国展開をより早く行いたいと思ったときに、有利になるのです。手っ取り早く店舗を増やせるだけでなく、毎月ロイヤリティが入ってきます。ロイヤリティは、元々自社が持っている、経営ノウハウやマニュアル、仕入れルートなどを、使う権利を与える代わりに、対価として支払われます。

加盟店契約を結ぶことは、加盟店オーナーと企業側の、両方が得をするシステムです。加盟店オーナーは個人の場合もあれば、他の企業がやる場合もあります。まったくの未経験者でも、店舗経営が始められるように、経営知識、商品の仕入れ、接客方法などがマニュアル化されています。

サイト内検索
記事一覧