【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

個人向けのフランチャイズはある?

一人で開業して利益を上げたい、独立したいなどという場合「個人向けフランチャイズ(FC)」の加盟契約をすることも一案です。

でもそんな都合の良いビジネスってあるの?自分の身一つで働ける場所って?などと悩む方にもわかりやすく説明してまいります。

 

 

 

 

資金が少なくてもできる起業です

自分一人で代理店加盟契約をして「従業員は自分ひとり」そんな仕事もFC業界には存在します。

一人だけの従業員となると本部に支払う「ロイヤリティの捻出」「保証金」の支払いまで働くことができないのでは?と不安になることもあるようです。

自分ひとりで独立して仕事をしたいという場合でも、FCチェーンは存在し、順当に利益を上げられる業態がたくさんあります。

高額に上る保証金や加盟金は少額もしくは無料というところもありますし、毎月の売り上げから支払うべきロイヤリティも一切かからないというところも存在するので、売り上げに対する不安を持っている方でも安心して起業をすることができます。

もちろん、業界未経験者や定年退職後の第二の人生をFCオーナーとなって過ごしたいという場合でも、十分に対応できる業態もありますのでまずはしらべてみましょう。

FC加盟・開業にあたっての自己資金は50万程度を見積れば良いため、退職金を開業資金に充てていきたいという方にも安心です。

自分自身がどのような業態で仕事をしていきたいか、まずはFC比較サイトなどを確認しながら検討していきましょう。

 

一人でFC、例えばどんな業態があるの?

個人でFC加盟を検討しているけれど、どういった業態があるのか知りたいという方も少なくありません。

自分ひとりで開業できるという気軽さが先行していますが営業・仕入れ・経理といった仕事の流れもすべて自分で切り盛りしなければいけません。

例えば、どんな業態があるのかといえば、個食宅配業や、ハウスクリーニングなどのお掃除サービスといった業態が主流です。

車の板金塗装や内装修理のほか、健保適用ができる介護サービスなどはもともと板金塗装業を営んでいる方や、柔道整復師などの資格を保持している方が、さらに仕事の幅を広げるべくFC加盟をしてネームバリューを得るためのきっかけとして利用することが一般的です。

また、ネット通販業やポップアップショップの運営というような実店舗経営に近いことができるFCチェーンも存在しています。

資格や既存店があったほうが良いという場合を除いては、業界未経験者でも飛び込むことができる業態が多いので、「開業にあたり、競合店があったら困る」という声も寄せられます。

FC本部も地域戦略にはたけていますので、「完全テリトリー制」などを導入し、競合店を出さない工夫も行っています。

また、FC加盟契約には「契約期間」というものが存在することがあります。

契約更新は可能ですが、不採算店に対しては更新できないというような厳しいルールです。

一人で独立開業という形態の場合は、契約期間を求めない本部もありますので、できる限りブランドのバックアップがもらえるといった点もよいところですね。

 

おすすめできる業態ってありますか?

個人事業主として開業できるFC加盟店でおすすめできる業態について質問を受けることも多々あります。

このところでは働き手が少ない半面、ニーズがどんどん上がってきている「ホテルのベッドメイク」を専門とした起業がおすすめです。

ホテルと年間契約し、清掃等を請け負うといった仕事となりますので、1件契約が取れれば一年間の収入が確約できます。

ただし一人だけではなかなか回せない仕事となりますので、リスクヘッジも検討していかなければいけません。

また、若干の設備投資などが必要になりますがパソコンスクールのオーナーといった加盟店も存在するので、IT企業などに勤めていた経歴があれば、丁寧な指導ができるはずです。

このほか、自販機のオペレーションや貴金属・携帯電話買取専門店というようにマニュアルありきで仕事ができる業態も多々ありますので異業種への独立開業をもくろんでいる方でも安心して飛び込むことができるはずです。

自分が一人だけでできるというFC加盟店も数多くありますので、まずは、長く続けられる業態か、収入の安定性はあるかといったところを確認していきましょう。

 

事業主として自分ひとりで経営する業態で、続けていくことができる安定した業態か、仕入れなどの面で在庫を抱えるといった不安が残らないか、経営面で自分一人で業務を回すことができるかなど解決すべき問題も山積しています。

業界未経験でも大丈夫、マニュアル依存でも経営可能という触れ込みの紹介などもありますが、プロとしてFC本部が出しているブランドの看板を背負って仕事をしていかなければいけないので、まずは熟考していきましょう。

サイト内検索
記事一覧