【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

多用なフランチャイズから自分に合った募集を探すには?知っておきたい比較ポイント

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03

サラリーマンとして人に使われる生活をしていると、憧れるのが人を使う側となる暮らしです。

ただ自身で起業して一から会社を作るとなると資金も労力もかなりのものですし、全く目新しい店舗やサービスは人々に受け入れられるまでにそれなりの時間もかかります。

コンビニだけでは無く多様に展開

あくまで加盟店の店主という扱いとなるフランチャイズですが、経営のやり方について教えてもらえますし原材料や商品の供給も行ってくれます。一からすべてをやらなければならないわけではないので、失敗しにくくすぐに軌道に乗せることが出来ます。

有名なのはファミレスやコンビニですが、それ以外にも様々な所でフランチャイズは行われており募集もかけられているのです。自身がどういった部分に自信を持っているのか?どういった性格か?など客観的に判断して選ぶようにしましょう。

例えば、小売業系のフランチャイズであれば接客販売はもちろん、ショップ自体の管理・販売スタッフの採用と管理といった能力が求められます。飲食系だとお客様に美味しいものを食べて喜んでもらいたい!楽しい時間を過ごしてほしい!と、お客様の笑顔こそがやりがいに通じる方におすすめです。

サービス業の場合は、食事ではなく何らかのサービスを行うことでトラブルを解消し時間短縮を提供することとなります。本部からもノウハウは提供されるものの、自身でも知識を蓄積していって問題解決出来るだけの力を身に付けることを条件に、それでお客様に喜んでいただけることをやりがいとして頑張れるのであればこの世界が向いているでしょう。

ただ一国一城の主になりたいというだけではダメで、その仕事をすることで社会にどのような影響を与えるかなども考えておくことです。

どの程度の収入が見込めるのかも重要

仕事として行う以上は、自身を、そしてその家族を養っていけるだけのお金は儲けられないとボランティアで続けていくわけにもいきません。FC本部が加盟店を勧誘活動する中でも収益のポテンシャルに関しては積極的に説明しているでしょうが、それをうのみにするのではなく加盟店の取り分・必要費用など細かく分析してみて下さい。

お客様からもらったお金がそのまますべて自分の懐に入っていくわけではなく、材料費や人件費分を差し引かなければならないのは他の企業と同じです。

更にフランチャイズの場合はノウハウなどを教えてもらう代わりに、加盟金や保証金・ロイヤリティも支払わねばなりません。このロイヤリティこそがフランチャイズの特徴で、月の売り上げがこれだけ目指せるとあるが実際に手元に入ってくるのはどの程度となるのか、そんな点をそれぞれ比較しながら自分の目指す物を見つけ出すようにしましょう。

公的機関や研究所等のリサーチも参考にすると、本部が加盟店をとにかく呼び込もうとオーバーに伝えてきているような情報の真偽のほどが分かります。加盟店が頑張ることで経営が成り立っているのですから募集活動は活発です。

社長自らがそのビジネスを信じている理由を説明したり、収益予測の詳細がプレゼンテーションされたり、ウェブサイトや雑誌広告などでもフランチャイズの魅力はアピールされています。

サポート体制が万全かどうかも必要

素人が突然に1つのお店を任せられても、何をどうして良いのかは分からないことでしょう。そんな彼らを店長としてやっていけるようにするのがFC本部のサポートです。

スーパーバイザーと呼ばれる彼らがまずノウハウを教えた後に実際に店舗にちょくちょく来ては細かな部分の修正を行ったり、研修やITシステムが充分に用意されていたり、それにより安心して経営を続けることが出来るのです。

とはいえ、その体制が万全でなかったりスーパーバイザーの数が明らかに加盟店舗数よりも少なかったりするところもあります。そういった面でも希望する系統のフランチャイズを比較してみることをお願いします。募集には力を入れておいて後は放置されてしまい、それでいて加盟金は支払わなければならなかったりといった所もあるのです。

お客様を相手にする以上は様々なリスクも考えられます。過去の他店でのトラブルを元に将来的にはそのようなことが起こらないよう徹底的に指導が行われるような、そんなお店が理想です。加盟店全体を細かく管理してくれるようなところであれば、ロイヤリティも支払って当然と言えるでしょう。

口コミなどもすぐに拡散していくような時代では、ちょっとしたトラブルがあっという間に広がって評判の悪い店として潰れてしまっても不思議ではないのです。これからその地でずっと経営を続けていかねばなりません。

 

耳にする機会が多いフランチャイズの募集を実際に検討しているような方もいるでしょう。

ただ本部の口先だけの言葉に動かされているようではすぐに失敗してしまいます。その情報を鵜呑みにせずきちんと確認すること・自身をもう一度見つめなおすことをおすすめします。

 

サイト内検索
記事一覧