【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの経営が大変な理由とは?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/01/31

起業するという場合には、一からビジネスとして立ち上げるという方もいるでしょう。

この場合には実績もなくノウハウなどもない状況で新しく始めるという状況となるとかなり難しいものがあります。

リスクも高い傾向もあり、うまくいかなければせっかく起業しても倒産するケースも少なくありません。

起業したいが自分で立ち上げるというのは厳しいどうしたらいいかわからないという場合には、フランチャイズを利用するという選択肢もあります。

ただし、自分で起業するのとは違いますが、それなりに大変な面もあります。

メリットを知ることも大切なポイント

フランチャイズを利用するというメリットとしては、経営に関して知識や経験がない場合でも経営のノウハウを提供してもらうことができます。

加盟店としてロイヤリティを支払うことになりますが、その代わりに経営のノウハウを提供してもらい自身の店舗においての経営に役立てていくことができる点はメリットの一つです。

集客という点においても、メリットがあります。

加盟店ならば、周辺住人に対して認知度が高い点から、個人でお店を出すという場合に比べても集客に関して有利ということにもなるでしょう。

また、本部からいろいろとサポートしてもらえるという点もメリットといえます。

開業前では研修をしてもらえる、開業後に関しては経営の指導やスタッフの教育などに関してのサポートなどが挙げられます。

業務なども改善点がある場合にはサポートしてもらえるため、開業後にもいろいろとわからない点などがあっても本部のサポートに頼るということも可能です。

その他にも、商品などに関しての仕入れが安定している点や商品開発などは本部がしてくれるという点もメリットといえます。

個人で安定した商品の仕入れというのもなかなか難しいものですが、本部が大量仕入れにより安定した供給、価格に関して安価な提供となり利用する側としては、大きなメリットといえるでしょう。

新商品なども個人で開業する場合には、同じ商品だけではお客様が飽きてしまう可能性なども考慮するとおろそかにできません。

ですが、フランチャイズの場合には、本部が商品開発をしてくれるという点から、新商品の提供を受けられる点はメリットといえます。

メリットだけでなく大変な面もある

フランチャイズのメリットをみると、いろいろなサポートを本部から受けられる、商品などの安定した仕入れや新商品開発などもしてもらえることなどいろいろとメリットが多いというイメージもありますが、大変と思える面もあります。

基本的に、ブランドとしての統一感が重要であり、事業内容に関して制限されてしまうことになり、自分独自でアイデアがあったとしても、経営方針から逸脱したものであれば本部から許可がでることはありません。

また、ロイヤリティという点において、加盟店が本部に支払うものであるため、経営のノウハウ、本部のサポートを受けることはできても、ロイヤリティという形で本部に支払う必要がでてきます。

開業後において、注意したい重要な仕事は、経営状況のチェック商品・人材などの管理です。

経営を適当に行っていては収益などに大きく影響してくることがあり、しっかりとした経営体制を維持するということも重要です。

また、商品や人材に関して管理を怠っていると、売れ筋の商品が品切れてしまうことによって客足が遠のいてしまう、売り上げが落ちる結果になってしまうことになります。

人材に関しても、きちんと管理できていないとシフトがまわらずに、店がまともにまわらない状況に陥ることもあります。

その点からも、しっかりと経営に関して、商品や人材に関してもきちんとした管理が求められることになります。

本部からの経営のノウハウやサポートだけに頼らない

加盟店として経営をするという場合に本部を頼るということも重要ですが、そこで安心せずにきちんと自分なりに経営を安定させるということも重要です。

オーナーとしての自覚を持つこと、経営に積極的になること、クレームなどをできるだけもらわないようにその店に関わる人材の教育をきちんと行うということや、クレーム処理もしっかりとした対応をすることで安定した経営を目指すことが大切です。

また、地域によっても客層の違いやニーズなども異なるという点も重要です。他の地域では売れていても、自分がいる地域では必ずしも同じ商品が売れるとは限りません。

地域に根付いた経営を心がけることや地域にいる住人に合わせた商品の選び方やニーズにできるだけこたえていく経営を目指すことも大切です。

 

フランチャイズの場合には、本部からのサポートなどがあり開業前には研修などによってある程度経営のノウハウを得ることになります。

ただし、経営をしっかりと成り立たせていくのは、本人のため本部に頼りきりの形でなく、積極的な経営をしていくことが大切です。

また、クレームなどを受けることもありますが、いい加減な対応ではなく誠心誠意をもって対応していくことでクレーム率を下げるという姿勢も重要なポイントのため、経営を心がけるならば人材の教育という点も重視していきましょう。

サイト内検索
記事一覧