【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

副業でフランチャイズを行うメリットとデメリット

いつか自分のお店を持ちたいけど今の仕事を辞める勇気が出ない・ゼロからお店を始めるのは怖いと思っている人はフランチャイズでお店を始めると良いでしょう。

副業で行えば今の仕事をすぐに辞める必要もなく、フランチャイズであればゼロからお店を作る必要もありません。

また、資金も開業するときのように多くは必要ありませんので、資金面の不安もなく始めることができるでしょう。

本部のサポートの元経営スキルが身につく

副業でフランチャイズを行う場合、リスク回避をしつつ経営スキルを身に付けることができます。

自分でお店を始めるとなると、開業資金や従業員を雇うためのお金が必要であったり、売り上げが上がらないと自分の給料が入らなかったりといったリスクが沢山あります。

また、未経験では経営のスキルもないため手探りの状態で日々の業務を行わなければなりませんし、そのようなお店に従業員は集まらないでしょう。

その点フランチャイズであれば、未経験であっても本部からアドバイスを受けることができる為安心して経営に携わることができます。

また、売り上げが上がらない時があったとしても収入がゼロになることもなく安心です。

 

一般の企業に勤めていては経営の感覚は掴めません。

売り上げが上がった月に入金がない場合の売掛の確認や資金繰りについて利益の確認などは本を読んだらすぐに身につくというわけではありません。

日々の業務をこなしていく中で身につくものも多いため、本部のサポートの元行うことができるのはなかなかないチャンスだと言えるのではないでしょうか。

自分でお店を始めようと思った際に、経営感覚が身についているのは大変な強みになりますし、自信を持ってお店を運営していけるのではないでしょうか。

研修で自信をつけてからお店に立てる

フランチャイズのオーナーとして、今まで行ったこともない業務を行うことはとても大変です。

そのためチェーン店によっては、経営に関する座学を行なったり週末に既存店に研修に行くことができる場合もあります。

研修の内容はチェーン店によって様々ですが、一般的には接客や運営について、従業員のマネージメントについて、商品や行うサービスについての理解を深める研修内容が多いと言えます。

お店を開く前に研修で不明点をなくし自信を持ってお店をオープンすることができるのはフランチャイズならではと言えるでしょう。

飲食系のチェーン店では、料理や接客がそのまま売り上げに反映されるため、研修期間が長い場合が多いです。

副業の場合通常の業務と並行して研修を行わなければならないため、集中して研修時間の中で業務を覚えてしまうようにしましょう。

自由にできない場合もあるため注意が必要

フランチャイズを経て自分のお店を持ちたいと思ってある人は気をつけなければならないことがあります。

それはフランチャイズを行ったお店と同業種での営業は禁止されているということです。

本部やお店のノウハウが流出することを防ぐための方法ですので必ず守らなければなりません。

そのため自分が持ちたいと思っているお店と同業種でのチェーン店との契約は避けるようにした方が良いでしょう。

また、多くのチェーン店は本部との契約期間が設けられているため、契約期間より前にお店を辞めたいと思った場合違約金を支払う必要が出てきますので、綿密に事業の開始と終了をスケジューリングする必要があります。

その他にも有名なチェーン店であればあるほど本部の細かな指示のもと運営を行わなければならない制約があります。

有名なチェーン店はブランドのイメージを損なわないために細かなルールを決めているのです。

 

自分の裁量で決められることが少ないのは嫌だと感じる人は、あまり有名でないチェーン店にすると自由度が増すかもしれません。

自分がどこまでの裁量で経営を行いたいのかよく考えてチェーン店を探すようにしましょう。

副業で事業を始めたいと思ったら365日働く気持ちで臨む必要があります。

また、自分以外に店長や従業員を雇う場合、自分はお店のことには口を出さず、お店の経営に徹する方が良いでしょう。

副業の場合店長や従業員よりもお店にいる時間は短くなりますしお客様と接する機会も少ないといえます。

そのため、お店にいる人の方が運営のスキルやノウハウは格別に上になります。

お店のことは店長や従業員に任せるくらいの気持ちでいないと上手くいきません。

自分1人でお店のことも運営のこともやりたいと考える人は、自分の本来の仕事が休みの日だけ行える業種のチェーン店を探す方が良いでしょう。

 

副業でフランチャイズ事業を行いたいと思っている人は、本業として行っている人よりも時間も体力も厳しい場合があります。

そのため将来自分がどういうお店を持ちたいか・チェーン店で何を吸収したいかをよく考えることが大切です。

フランチャイズで事業を行うことは、自分のスキルアップのためにはとても良い機会となるため、将来自分のお店を持ちたいと思っている人は頑張る価値があるといえます。

チェーン店の本部が開催してくれる研修や本部からのサポートを思う存分に利用し、経営のスキルを身につけていくと良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧