【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

ロイヤリティがないフランチャイズが存在する?

店舗を開業して独立自営で仕事をしたいという人は、一から事業を始めるよりもフランチャイズのシステムを利用したほうが、ブランドの持っている知名度・経営ノウハウ・看板などを使用することができるので有利です。

代表的なフランチャイズ契約にはコンビニエンスストアがあり、全国のいろいろな場所で多くの人がフランチャイズ契約で独立して店舗経営をしています。

その他にも様々な種類の業種があるので、自分に合っているものを見つけると楽しみながら経営をしていくことができます。

ロイヤリティの算出方法を確認することが大切です

フランチャイズ会社としてノウハウ等を提供している会社は、加盟店から毎月ロイヤリティを徴収することで利益を得ています。

加盟店が多くなればなるほど、運営会社であるフランチャイザーには多くの資金が集まることになります。

独立開業して事業を経営する場合には、フランチャイザーに支払うことになるロイヤリティの金額をしっかりと盛り込んだうえで事業の計画を立てることが重要です。

ロイヤリティの金額算出方法等については、加盟する会社ごとにとこなる設定をしているので、フランチャイザーを選ぶ際にはロイヤリティの金額についても確認しておくことが大切となるでしょう。

 

一番スタンダードな金額算出方法が売上歩合方式であり、毎月の売り上げの数パーセントをフランチャイザーに支払うこととなります。

売り上げが思うように上がらない時期については、その分支払うことになる金額も少なくなるので独立開業当初は助かるでしょう。

ただし売り上げを十分にあげることができるようになると、支払い金額はどんどんと大きくなります。

ロイヤリティが掛からない会社もあります

コンビニエンスストアなどでは、大手企業の系列店が主流となっているので、企業イメージや看板を使用することができる点はかなり大きな利点となります。

コンビニなどでは毎月支払うことになるフランチャイザーへのロイヤリティの金額もかなり大きなものとなっています。

支払う金額は大きいですが、看板やノウハウ、売れ筋商品の情報などを得ることができるので、総売上高も多くすることが可能です。

 

ロイヤリティの支払いが負担となると考えている人は、業種によってはロイヤリティの支払いがないフランチャイズ契約などもあります。

ノウハウや販売する商品を提供することで利益を上げている会社などがあり、ロイヤリティ負担がないので経営上かなり楽になるでしょう。

情報を集めると様々なフランチャイジーがロイヤリティなしとしているので、そういったところを狙うのも良いでしょう。

コンビニエンスストアの店舗経営は比較的始めやすいですが、同様の店舗が乱立しているようなところでは、十分な売り上げを上げることが難しいので地域のニーズを読んで開店する店舗の職種を選ぶと良いです。

会費程度の支払いであれば負担は少なくなります

コンビニエンスストア・学習塾・食店などではフランチャイズ契約を使って独立開業することができる会社がたくさんあります。

学習塾などの原価率が低い仕事の場合には、設定されている割合が10から30パーセントとなっているところもあります。

ロイヤリティなしのフランチャイザーには石材店や葬祭店、配送会社などがあるので、独立開業当初の負担を減らしたいという人には良いでしょう。

加盟することで毎月会費を支払うシステムの会社もありますが、売り上げの数パーセントを支払いに回さなくてよい点はすごく助かることでしょう。

支払う金額が少ないフランチャイザーを選ぶ際には、実際に店舗を開業してからどの程度のノウハウの提供や経営サポートをしてくれるのかを事前に確認しておくと良いです。

あまりサポートを受けることができないようなときは、経営が行き詰まってしまった時に大変になってしまいます。

 

独立開業をして店舗を経営したいという人が、手っ取り早く事業を軌道に乗せる方法として、フランチャイズ契約を結ぶ方法があるので活用すると良いでしょう。

店舗経営の素人でも、フランチャイズ会社が培ったノウハウや会社イメージや信用を使うことができるので、開店当初からきちんと利益を狙っていくことができるようになります。

フランチャイザーを選ぶ際には、ノウハウを提供する代わりに支払うことになる金額をきちんとすべて把握しておくことが重要となります。

いろいろなフランチャイズ会社があり、それぞれ設定している売上金に対しての割合には違いがあり、なしとしている業種なども見つけることができます。

支払う金額が大きいフランチャイザーの方がサポートに手厚いことも多く、メリットもあるので、自分できちんとどのように店舗経営をしていきたいかを決めてから選ぶことが重要となります。

店舗を開店する際には、実際に毎月どの程度の売り上げを上げることができ、支出にはどのようなものがあるのかを自分自身でしっかりと把握しておくことが大切です。

サイト内検索
記事一覧