【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

無料でフランチャイズを始められる?

低いリスクで始められるフランチャイズがあるのをご存知でしょうか。

これから独立して、何らかの事業を始めたい時には、元手となる資金の心配はつきまとうものです。

加盟料が無料で始められるのならば、開業資金に余裕をもって事業を始められるでしょう。

無料で始められるってホントなの?

フランチャイズは一般的に、フランチャイザーと呼ばれるいわば親となる企業が、その子ともいえるフランチャイジーに事業経営に関するノウハウなどを提供するビジネス形態です。

フランチャイジーは新規開業と言う形になるものの、フランチャイザーから店舗経営のノウハウやビジネスに関しての知識・技術などなど、経営のために必要な事柄を伝授されますから、比較的競争力がある状態で始めやすいのが魅力となります。

このようなビジネス形態は、コンビニやファーストフードが有名ですが、近年では他にも、整体やハウスクリーニングと言った幅広い業種を選べるようになってきました。

このために、会社勤務の方が独立して開業する際にはこのタイプを検討するケースは多くなっていると言えるでしょう。

この形態の事業を始める場合には、基本的には開業資金を用意するのはフランチャイジーです。

つまり、開業したいと考える側が自身で資金を借り入れたりする必要がありました。

この点については、資金の借り入れをサポートしてくれるフランチャイザーなどもあるものの、やはり、最初に借り入れを行うと運転資金が厳しくなった時などを考えると不安に感じられるかも知れません。

このことがありますので、近年は加盟する際の開業資金を無料あるいはかなりの廉価で始められるケースが増えてきているようです。

全くの0円で始められる場合もありますし、数千円や数万円規模で開業可能な場合もあるので、これを上手に活用すれば、リスクを抑えて事業を始めることもできるでしょう。

加盟料0円のフランチャイザーを選ぶメリット

加盟する際の費用が必要ないのであれば、多くのメリットが出てきます。

まず、独立の際には頭が痛い問題である開業資金を抑えられる点で負担がかるくなるのは大きな長所でしょう。

基本的に開業資金を集めようとしている事業主は、かなりの苦労をされているケースが多いです。

自己資金を貯めていたとしても、それだけでは不足になることが少なくなく、銀行や公庫から借り入れを行うのが一般的と言えます。

この借り入れですが、新規の事業主は信用も低いのでなかなか潤沢な資金を集めるのは難しいことからも、加盟料が不要であれば、自己資金だけでも充分にかつ余裕をもって開業することも場合によっては可能でしょう。

結果として、開業時にリスクを抑えて余裕をもって事業を始められます。

これは事業を始めてしばらく経ってからも、色々なメリットがあると言って良いでしょう。

例えば、運転資金を増やしたい時には、まだ大きな借金を背負っていないのでしたら銀行や公庫からの借り入れを期待できます。

銀行や公庫は事業主が提出した各種書類を元に、債務状態をしっかりと検討して貸付けを行うので、開業資金集めで多額の借り入れを行っているよりも有利に借り入れを行うことも不可能ではないはずです。

事業を始めた後には、一時的に経営が行き詰まったり、新規の投資が必要になったりと借り入れの必要性が高まるケースがあることは念頭においておきたいものです。

そのために、フランチャイズ料が不要で開業資金もあまり必要のないフランチャイザーを選ぶのは、リスクを低減すると共にメリットが多いと考えられます。

加盟料0円が実現できる理由と注意点

加盟料が不要あるいは低価であれば、加盟しやすくなりますからフランチャイジーが増えます。

その結果として親であるフランチャイザーも利益を得やすくなりますので、費用を0円や低めに設定しているケースも増えてきているわけです。

新しい会社もよく見当たりますが、TVのCMで見かける有名企業が0円に設定している場合もしばしばあるので、これはチェックしておいても良いでしょう。

この無料でのフランチャイズに関して問題なのが、加盟料は不要でも、他の部分で資金が必要になるケースです。

研修費用をとっていたりする企業もあり、開業資金を貸し付ける形にしている場合もあります。

このために、加盟が0円または低価であっても、それだけで判断しないことは大切です。

発生する他の費用やフランチャイザーからの貸付けと共に、銀行や公庫から借り入れできる資金、自己資金のバランスなどを考えて検討していくことが必要でしょう。

 

以上、無料のフランチャイズの魅力や特徴について紹介してきました。

これから事業を始めようとお考えの場合には、このような選択肢もあると言うことで、参考になれば幸いです。

どのような企業がフランチャイザーとなっているか、加盟料を無料にしているかについては、情報サイトを参考にしていくと探しやすいでしょう。

いろいろと調べてみて、将来性や自身との相性、資金面などをしっかりと検討してみるのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧