【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

悪徳なフランチャイズ本部の特徴とは?

公開日:2018/12/04  

フランチャイズ(FC)加盟で「安定した収入が得られる、加盟は簡単」というように、心惹かれる謳い文句で気軽にFC開業を案内する場面が増えてきました。

簡単に独立開業ができる反面、詐欺まがいの契約だった・悪徳商法に引っかかってしまったというようなトラブルも続出する傾向があるのも現実です。

契約して「しまった」と思わないよう知識を蓄えておくことも、良いFC契約をするために必要です。

 

 

売上高や予想を誇大提示するのはNG

一番多い状況として挙げられるのは、FC店全店舗の一年間の売上高を水増しして提示することです。

実際には赤字決算が出ている店舗や不採算店舗も数多く出ているにもかかわらず、全店舗採算が取れているというような内容を、FC契約希望者に説明します。

見せかけの結果だけを提示している可能性もありますし、加盟金を運転資金として充当すべく、契約を急がせている可能性も見えてきます。

売り上げや店舗展開状況に関しては、FC本部の公式発表だけがすべてではなく、株式の状況や実際に店舗を利用している人の口コミなどをチェックしていきましょう。

また、事前に希望する店舗の支店などを複数リサーチして入店状況などをチェックしていくことも大切です。

説明の段階で、良いことばかりを並べて契約を促すという動きが見えてきた場合はいったん引いて、持ち帰って検討することをおすすめします。

新規参入のFC店で、出店地域を限定せず全国展開ばかりを狙っている企業も、様子見をしたほうがよいでしょう。

 

ロイヤリティに対する考え方を知ろう

FC加盟を行い、ブランドを使って店舗経営を行っている以上「ロイヤリティ」と呼ばれる使用料の本部への支払いがついて回ります。

多くの場合、ロイヤリティ不要としている本部が多くなりましたが、毎月の売り上げの数%を支払う、毎月一定額をロイヤリティとして支払うということが約束される店舗もあります。

一番チェックしておきたいのが、FC本部のロイヤリティに対する考え方です。

ロイヤリティはブランド使用料と受け止めることができます。

そのブランドを守るため、店側の努力が求められ、残念ながら不採算店も少なくありません。

そういった場合、FC本部が立て直しのためにどのような経営指導を提案してくれるかといったところも見極めの一つとなるでしょう。

悪徳FC本部の特徴としては、ロイヤリティだけは毎月必ず収めることを求め、不採算店に対して助け舟を出してくれません。

事業主はさらなる負債を背負うことにもつながりますので、契約前に「スーパーバイザーの巡回はあるか」「不採算店となった場合の経営の手助けはしてくれるのか」といったところも聞いてみるようにしたいものです。

 

加盟金に対する扱いに注意しよう

FC契約を行う場合、数百万円規模の「加盟金」や「開業準備資金」を支払います。

これは、店名や独自の販売方法を利用するためのライセンス契約のほか、物件準備に関わる費用となり、什器類などを購入や内装費用などが含まれます。

加盟金や準備資金を支払ったから、すぐ開業できるということもありますが、実際には「物件がない」といった理由から待機期間が出てしまうこともあるようです。

行政からの営業許可が下りないというような理由があればよいのですが、お金を支払ったのにも関わらず「物件が見つからない」「近隣に店舗あり、テリトリー制のためNG」というようにFC本部理由で出店が拒まれることもあります。

加盟契約を急がされた挙句、銀行からの資金調達なども強引にすすめられたなどといった挙句「出店ができない」というのであれば、銀行との実績作りの駒に使われた・運営資金を充当するために加盟金が使われているかもというような見方もできてしまいます。

「加盟金詐欺」という事案で訴訟に発展する可能性も否めません。

まずは、出店候補地があるか営業許可が取れそうかなどという点を確認し、実際に物件を確認してから契約を進めることをおすすめします。

契約書面に出店できない場合の加盟金返金特約事項があるかなどを確認することをおすすめします。

 

このところのFC加盟出店ブームに乗って、法をすり抜けてFC加盟金を搾取するというようないわゆる「悪徳FC本部」も水面下で存在しています。

運営母体が新規参入企業だった、誇大説明をしている、契約をせかすなどというような特徴がそろっていたら、それは一歩下がって見極める時間を設けることが大切です。

サイト内検索
記事一覧