【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

本部が大手のフランチャイズを始めるメリット

コンビニや料理店のチェーン店など全国的に見かける店の大半は、大手のフランチャイズなるモデルで運営管理されています。

独立して店を持ちたいけれど、運営や集客などノウハウがない場合は、こうしたシステムが重宝します。

 

大手フランチャイズの概要について

 

フランチャイズは商標やノウハウなどを有しているフランチャイザーと、その一式を使用して出店するフランチャイジーとの契約の取り交わしによるシステムです。

フランチャイザーは本部といわれ、展開や運営に欠かせない情報やバックアップをパッケージという形でまとめ、フランチャイジーへと供与します。

フランチャイジーはパッケージを活用してビジネスを行い、対価として加盟金やロイヤリティを払うことになります。

ロイヤリティはブランド使用料や支援の手数料として月額払いが基本です。ロイヤリティが不要のチェーン、あるいはロイヤリティがない一方で商品や食材などを買い付けすることが求められるチェーンもあります。

業種はコンビニや小売業、飲食店や塾など広範囲にわたります。

 

少資本でスタート可能で負担が少ない

 

加盟店は色々なメリットが見受けられます。

相対的に小ない資本でスタートすることができます。したがって開店に向けての負担が多くないことがあげられます。仮にひとりで実際の店舗をスタートするのであれば、店舗のコンセプトや資金調達そして店舗選択やデザインを決めなければなりません。

さらに企画や仕入れルートやパートタイマー確保といった事前準備を全部自らが実施することが求められます。経験値のある人であっても、事前準備に1年以上掛かってくることも少なくありません。

大手のフランチャイズならばオープンまでの事前準備についてもマニュアル化されており、本部の助言も受けられることから経験がない状態でも短期の間で店開きすることができます。それに加えて、店に必要不可欠な看板や什器、さらに備品なども本部でたくさん買い入れていることからひとりで買い付けするよりも安くつくケースもあり、手数も含めればオープンまでの資金は少なく済むことになりますのでメリットが大きいといえます。

また、開店のための資金を銀行から借り受けるケースでも、本部で考えた信用度のとても高い計画がありますので審査が通り易いといえます。

 

経営上のリスクが少なくブランドを利用できる

 

店舗運営のリスクがあまりないことも大手のメリットです。

何の問題もなく店開きできたとしても、客が集まらず売上高がアップしない、パートタイマーが定着しない、仕入れの値段が高くなったなど、店を手掛けていく上での課題は途絶えることがありません。

フランチャイズのケースでは接客やパートタイマー雇用、経理等もマニュアル化されていて、悩んだときには本部へと相談しバックアップを受けることができます。

店開きにあたってそれまでの出店についてのデータに基づく事業予測も取り組むフランチャイザーも少なくありません。したがってオープン直後でも売上が望めます。また、商品や原材料などの仕入れに関しても、本部でたくさん買って加盟店へ卸しているので安い料金で安定的に行き渡ります。

運営管理が不向きな人、経験したことがない場合でも本部のきめ細やかなバックアップがあればリスクはあまりなくなります。さらに大手のブランドイメージを利用することができます。フランチャイズの一番大きいメリットが、もうすでに成果を挙げているブランド力を利用できることです。

多くの店がある大手チェーンでは店の名前や雰囲気そして、商品やサービスの中身について利用者はもうすでによくわかっているので、安心感を持って使用してもらうことができます。

店舗の名前を覚えてもらうまでが簡単ではない自営業者とは異なって、集客についてはフランチャイズのほうが比較にならないほど有利になります。店開き直後から行列が起こる店も少なくありません。その上、全国的な規模でのテレビCMやレベルの高いパンフレットなど、ひとりでは手が届かないコマーシャル活動も本部で実施してもらえます。

満足してもらえる商品開発や最新の製品のプロモーションについても本部が実施するので加盟店は販売並びに運営に取り組むことができます。何もないところから暗中模索でスタートする個人事業者と比べてマニュアルや収益を手にできるシステムが仕上がっているフランチャイズはリスクを軽くできる事業といえるでしょう。

 

経験がないことから観念していた人が、脱サラなどに乗じてフランチャイズを活用して起業する事例は少なくありません。経験がない人にとってフランチャイズは最適の選択肢ですが、現実的に自身がやりたい夢がかなえられるのかを契約条件と照らし合し、しっかりと考えることが大事になります。フランチャイズの特質上、本部に有益な条件になっていることが多く見られます。しっかり説明を受け、納得した上で契約の締結を行うことが必要となります。本部及び加盟店が結束してお互い得をする形を築くことが、収益のみならず長期にわたって継続できる仕事として選定するための重要点になります。

サイト内検索
記事一覧