【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズの人材教育のコツとは?

いろいろな種類のフランチャイズ事業が展開されていますが、中でも人材教育は重要なポイントです。

いろいろなビジネスが存在しますが、人材育成に共通して言えることがいくつかあります。

例えば会社のビジョンを明確に示したり、人事評価制度などは大切な項目です。

 

具体的な目的や目標値を設定しましょう

いろいろなビジネスがありますが、例えば店舗ビジネスの場合は将来的な店数や必要な組織の役割などを明確に示さなければいけません。

人材教育するにおいていくつかポイントがあり、例えば会社のビジョンを明確にすることが大切です。

チェーン店においてナンバーワンの店舗数になることが目標だったり、エリアにおいて売り上げ第一位になるなど、特定地域において複合的な業態による店舗展開だとさまざまな切り口で目的や目標値を設定することができます。

トップがかかげるビジョンによって現場のスタッフに対し、どのような役割分担を望んだり、それぞれの目標をどのように与えるかなどが重要な点になります。

スタッフに対して企業としての成長の方向性などをきちんと示すことが重要になるのです。

方向性としていくつかポイントがあり、例えば店舗責任者を目指すよう努力させたり、地域責任者を目指すよう取り組んでもらうことなどがあげられます。

事業部の責任者を目指したり、ゆくゆくは役員を目指してもらっても良いでしょう。

その人に合ったキャリアの方向性などを明確にするとスケジュールを立てやすくなり、具体的な目標値などを設定しやすくなります。

同じチェーンにおいて成功している会社が存在しているので、本部を通じてスタッフを紹介してもらったり、同じ加盟店が集まるような会議に参加してもらうのも良いでしょう。

企業が成功することを望むなら、いろいろなノウハウをマーキングすることが早道です。

本部や本社はもちろん、加盟店同士がそれぞれのノウハウを共有することによって企業として成長することができます。

 

人事評価制度を明確にしておくと便利です

目的や方向性を示した後はどのようにすれば実現することができるのか、各個人が意識することが大切になります。

例えば店長になるためどのような能力が必要になり、どう成果を出せば良いのか具体的な項目を設定してあげると便利です。

どのように評価されるかが具体的になると、その基準を目指して取り組むことができます。

人事に関する評価制度を早い段階において明確に示すことが大切で、この人事評価制度はスタッフに対し努力の方向性を明確にしたものです。

人事評価制度を店舗毎に作成しているところもありますが、本部で使っているものを共有すると良いでしょう。

本部が人事評価制度を準備していないなら独自で考える方法もありますが、基本的にアウトソーシングになるので本部のものに統一することが大切です。

もしどこかのチェーン店になろうとしていたなら、人材育成に関してもきちんと見極めることをおすすめします。

 

スタッフとのコミュニケーションが大切です

人事評価を作り上げたとしても、評価に対し人が満足するとは限りません。

スタッフとのコミュニケーションを図りながら、きちんとスタッフの力量をチェックすることが大切です。

きちんと見てくれているとスタッフが納得すると彼らのモチベーションを維持することができたり、やりがいを感じるものです。

本部や他の加盟店においてスタッフ育成について参考になりそうなシステムがあれば、参考にすることをおすすめします。

人材育成にはいろいろなポイントがありますが、これらをきちんと遂行するにおいて企業的にそして経営者としてしっかりとした哲学があることが求められます。

一貫性のある経営や遂行などがなされることによって、スタッフのやる気を引き出すことに繋がり結果的に利益を上げることになります。

一貫性がないとスタッフ育成が成り立たないので、結局収益にも響くことになります。

経営者としてどのような考え方を持っていたり、どのような哲学を持っているかは大事なポイントです。

経営のやり方に関して明確にし、一貫性のある対応をスタッフにとっておくことをおすすめします。

経営者はスタッフのことを理解することが大切で、スタッフの目的や夢を把握しておくと良いでしょう。

個人の目標や夢などが企業のベクトルと合っていると、個人はもちろん会社の繁栄に繋げることが可能です。

個人の目的や夢のために、その能力を企業に提供することによって会社を発展させることができます。

お互いのビジョンを中心に考えることができるので、スムーズの運営できるようになります。

個人の頑張りが結果として企業のためになり利益になるので、人材育成のポイントとして個人の目標を企業ベクトルとマッチさせ、実現するためさまざまな活動を積極的に行ってくれる人を育成すると良いでしょう。

人材育成はさまざまな業界に言えることで、それぞれの企業においていろいろな取り組みが行われています。

表彰制度を利用したり実績が直接給料に繁栄されるシステムなど、スタッフのモチベーションを維持・向上するために取り組んでいます。

 

フランチャイズ事業において人材教育は重要な点です。

会社のビジョンを明確に示したり、人事評価制度が重要になります。

スタッフとコミュニケーションを図ることも大切で、適切に評価すると良いでしょう。

個人の目標や夢が企業のビジョンとマッチすると結果的に利益に繋がります。

サイト内検索
記事一覧