【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

フランチャイズでクリーニング店を経営するポイントは?

クリーニング店は、いつの時代も必要なものになりますが最近はフランチャイズのお店が増えてきている傾向にあります。

個人の店よりも効率よくお金を稼ぐことができ、仕組みも出来上がっているため認知されやすいのが特徴です。

では、実際にお店を構える場合にはどのようなポイントがあるでしょうか。

 

 

資金をしっかり到達しておくことが大事

お店を開きフランチャイジーになるためには、必要最低限の資金を用意しておくだけでなく余分な資金もしっかり固めておくことが必要です。

一般的には、初期費用としては1000万円ぐらいかかるのが普通になります。

やはり、名前を貸してくれることにより初回からたくさんのお客さんを招き入れることができるためその分お金もかかることになります。

ですが、最初の段階では初期費用が必要としても経営しはじめてから安心できるだけのお金がなければ途中でお店をたたまなければならなくなってしまいます。

ではどれぐらいの期間までのお金を余分に用意したらよいかといえば、少なくとも最初の1年間は赤字になるつもりで1年分の生活費はしっかりと準備しておくことが必要です。

もちろん最初から黒字になればよいですが、いくらフランチャイジーになったとしても最初から黒字に成功するほど甘くありません。

一般的には、最初の1年間は赤字の傾向が強く、2年目から黒字化する可能性があります。

 

リピーターを育てておくことが必要になる

クリーニング店を開く場合には、安定した収入が重要になります。

このためには、一見さんではなく安定した収入を得るためにリピーターを増やしておくことが大事です。

リピーターとは、同じお店に何度も来てくれるお客さんで、実はリピーターの数が多ければ多いほどそのお店は繁盛するといわれています。

人気のあるお店は、8割以上がリピーターで占められており残りの2割ぐらいがはじめてくるお客さんになります。

8割もリピーターができれば素晴らしいですが、そこまで行かなくても 5割から6割ぐらいのお客さんがリピーターになってくれるような仕組みを作り上げなければなりません。

具体的にどのような仕組み作りをしたらいいかといえば、お客さんがそのお店に来た時に何か驚きを感じるような仕組みにしておくことです。

普通のお店ならば特にお客さんが足を止めるようなことはありませんが、何か面白い特徴があればそのお店にとどまりお店のファンになってしまうかもしれません。

一番取り組みやすいのがお客さんにプレゼントを渡すことです。

とはいえ、やみくもにプレゼントを渡していても経費がかさむだけになります。

そこで、そのお店が誕生して100人目のお客さんに何らかのプレゼントをすることでお客さんはその店のことを好きになっていくでしょう。

それだけでなく、誕生日に何かをプレゼントしたりすることで、そのお店を好きになることがあります。

このように、何か驚きを与えることに成功すれば、いくら制限が多いフランチャイズのお店といえどもリピーターを増やすことができ、利益を増やすことが可能になります。

 

ライバル店などが周りにないかをよく確認しておく

クリーニング店は、非常にライバル店ができやすいのが特徴になります。

比較的安い料金でお店を開くことができることや、特別な資格などを必要としていないためです。

そのため、すでにたくさんのお店があり競争の激しい地域が存在しています。

その中に参入することで、うまくいくこともありますが普通に経営してみてもなかなか難しいと言わざるをえません。

そこで、お店を構える場合には半径1キロ以内に同業者がいないことを確認することが重要です。

そもそもなぜ半径1kmなのかといえば、クリーニング店に来るお客さんのエリアがそれぐらいのエリアになるからです。

3キロ以上離れた所からわざわざお店に来るような人は少ない傾向があります。

そうだとすれば、お客さんが来る範囲はあらかじめ絞り込みその範囲の中で同業者がないかを確認しておけば十分です。

では、もしお店を開いた後に同業者がお店を開いたとすればどうでしょうか。

じゃんけんでいえば、あとだしじゃんけんのような形になりますがこのような場合でも全く対処できないわけではありません。

具体的にどのようなことをしたらよいかといえば、ほかのお店にない個性的な一面を出すことが必要です。

もちろんフランチャイジーの場合にはフランチャイザーから様々な制約を受けることがありますが、だからと言ってすべてにおいて制限されるわけではありません。

例えば、ほかの店では絶対に行わないようなサービスなどを行い、お客さんを取り込む作戦が考えられます。

その一つが宅配サービスなどになりますがそれ以外でも家にまで洋服などを取りに行くサービスなどをしてみると差別化を図ることができるでしょう。

 

フランチャイズでクリーニング店を開く場合には、まず資金をしっかりためておくことが必要になります。

最低1年間ぐらいは赤字の状態でも大丈夫なようにしておくことです。

二つ目は、リピーターを育てることが大事になります。

三つ目は、ライバル店が近くにないかを確認しもしあった場合には差別化することで対応できるでしょう。

サイト内検索
記事一覧