【FC徹底比較!】人気のフランチャイズ募集(ジム・マッサージ・整体・整骨院)!おすすめランキングでご紹介します!

「パートナー募集」と「フランチャイズ加盟店募集」は何が違うのか

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/04

パートナー募集とフランチャイズ加盟店募集という案内にはどのような差があるのかご存知でしょうか。一見同じような内容の募集のように感じてしまいますが、実はその内容はかなり違いがあると言われています。

自分が望むものであるかしっかり確認した上で応募する必要があり、間違ってしまうと後で後悔することになるかもしれません。

パートナーとはビジネス上の協同関係者のこと

パートナー募集とは、簡単に言うと同じ目的を元に一緒に協同して働いてくれる人を求めていますという意味です。ビジネスでの目的や目標を一緒に行っていく為のビジネスパートナーのことであり、それに対して取り組んでいく企業や人材を探しているのが「パートナー募集」です。

パートナーは、ある程度のルールもしくは決定事項に基づいてそれに従うことを求められていますが意見や企画を出すことが可能です。中には信頼関係だけでパートナーとして成立し、様々なことを任されることもあるでしょう。契約している人がいる以上、ルールは遵守しなければならないものの、パートナーという立場には自由な部分も多いのが特徴です。

共に目的を果たす為、研磨していくことができる関係性であることからビジネスの上でのパートナーとなっているのです。ここがフランチャイズ加盟店とは異なっている部分とも言えるでしょう。パートナーはそのビジネスが成功していけるように共に考え支え合う関係となります。

フランチャイズはオーナーが自分のテナントを守る為に頑張ることが一番の目的となりますが、パートナーに関しては企業全体にとって大切な部分を補う関係なのです。お互いを敬いながら、相手が求めていることを知り、一緒に成功へと導く関係がパートナーのメリットとなります。目的が個ではなく全体であることがフランチャイズとの違いなのです。

フランチャイズ加盟店とは権利のレンタル

フランチャイズとはフランチャイズ本部からお店の看板やサービス、商品などを使う権利を譲渡してもらい経営していくことを言います。簡単に言えば、名前やサービス内容は借りるものの経営者はオーナーである個人なのです。

権利をレンタルさせてもらう代わりにフランチャイズ本部に対してロイヤリティを支払う仕組みとなっています。元々ノウハウない人材であってもフランチャイズ加盟店になることで技術や専門的な知識を得ることができる上に、経営に対してのレクチャーなどもしてくれるので、将来お店を持ちたいと考えている人にとってはメリットが大きい方法なのです。

本部にとっては新しいオーナーを入れ替え、短期間で成果がでるような店づくりを目的としていますし、加盟店側としては知らないことを教えてもらいながら行っていくことができるので双方にとって利害が一致した状態と言えるでしょう。

もちろん、本部にとってノウハウを無料で教えるわけにはいきませんので、その部分をロイヤリティという形で受け取っています。これは売上に対して何割など決められているケースや、月額固定での支払いなど本部側によって異なりますので、自分の支払いやすい方法を選ぶことも大切になってきます。

また、開業資金が低価格で抑えることができるとも言われています。未経験から参入することができるのがフランチャイズの魅力です。

未経験から始めるならフランチャイズ加盟店一択

お店を持ちたいけれどノウハウも経験もないという場合はフランチャイズ加盟店を選ぶ方が良いとされています。パートナー募集では、それなりのスキルや経験がある人材を求めている傾向が強く、未経験では採用されることが難しいのです。

パートナーという位置はある程度ルールは決められているものの立場が低いわけではありません。あくまでも同等という扱いになります。その点、フランチャイズ加盟店は本部が求めているものを提供する以外の選択肢はありません。ルールが厳しく縛られることも多いのですが、その反面サポート率が高いのが特徴です。

未経験で何のノウハウもない人材であっても、オーナーとして自分の店を持つことができます。ロイヤリティといったそれに対しての対価は支払わなくてはいけませんが、自分の経営次第では利益に繋がるでしょう。

開業する際の資金に関して安く済む傾向があります。未経験から始めるのであれば、フランチャイズ加盟店になるのが守られているものが多いと言えるのです。

自由度はありませんし、場合によっては融通が利かないという部分もあるでしょう。しかし経営に対してのアドバイスが貰えるなどのサポート体制が抜群な部分は魅力と言わざるをえません。起業したいという時であっても、自分で一から始めるよりも楽に起業することができると言われていますので、しっかり考えて選びましょう。

 

今回は募集内容にどのような違いがあるのかを解説してきました。どちらを選ぶことが自分にとってプラスになるかしっかり考えて選択してください。ロイヤリティに関しては、本部によってかなり違いますので確認しておくことが大切です。

サイト内検索
記事一覧